現在位置: > > > > > ジウジアーロボディの進化形

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『ジウジアーロボディの進化形』の口コミ

  • ジウジアーロボディの進化形

    総合評価:10点満点中8点

    投稿日:2015年4月11日

    投稿者:esprits1 さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:ロータス エスプリ
    グレード:ターボ (1980年式)

    総評
    エスプリは、長く生産されたモデルのため、年式によって設計方針に違いがあります。
    本当に乗る場合は、スタイリングや価格で選ぶのではなく、その方針の差で選ぶべきですが、
    選ぶほど市場の個体数が多くないのが、ゲンジツです。
    S1は、他の年式との共通点が最も少なく、S1専用パーツが多いです。
    個々のパーツもコストも高いパーツが使われていて、もっともレースマシンに近い設計です。
    そのため、ロードカーとして使いまわすのには、不向きな部分が多いです。
    ドライバーの操作には、最も機敏に応えてくれますが、あまりに敏感すぎて、技術の足りない人には、危険かも知れません。
    シンプルで美しいボディと相まって、コレクションとして持つならば、適した1台と言えます。
    S3は、完成度の高い車体です。
    エンジン周辺のエア導入システムももっとも進化したものが採用されています。
    乗りやすく、S1に比べるとマイルドになっています。
    排気量拡大のおかげで、トルクもあります。少しでも多く乗りたいのであれば、このタイプでしょう。
    ターボは、もっともパワーがあり、空力パーツも装備されています。
    リアウインドも、ルーバーになっていて、視界も悪くありません。
    エアの導入口などは、ちゃんとした機能パーツになっています。
    カッコいいので、スタイリングで選んでも良い選択と言えるでしょう。
    満足している点
    純正でデザインされたエアロパーツは、車体にマッチしていて、カッコよいです。
    初期型でみられた神経質な部分が無くなり、乗りやすくトルクフルになりました。
    総じて扱いやすい車になったと言えます。
    FRPボディゆえ、さびが出ませんので、長期の維持にも向いています。
    不満な点
    初期型の、危険とも思えるような切れ味の良さは、なくなりました。
    その代わり、全体に扱いやすくなっているので、両立しない要素と言えます。
    各部のパーツは、初期モデルに比べると、技術的にはあがっていますが、
    安くなっているパーツも多いです。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)