現在位置: > > > > > ライトウェイトスポーツの真髄

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『ライトウェイトスポーツの真髄』の口コミ

  • ライトウェイトスポーツの真髄

    総合評価:10点満点中8点

    投稿日:2019年11月3日

    投稿者:新参のエイトさん さん

    乗車形式:試乗

    メーカー・モデル:ロータス エリーゼ
    グレード:エリーゼ スポーツ I_RHD(MT_1.6) (2017年式)

    総評
    加速時に少し非力さを感じますが、それを忘れさせるくらいに俊敏な動きをするクルマです。
    対抗馬として718ケイマンやアルピーヌA110を出す人がいますが、あれらとは比較できないような動きをします。
    この速度域で曲がるか!?って領域で曲がっていくのとギャップで跳ねるので非常に刺激な走りをします。
    ステアリングの遊びが無いのでちょっとした操作でも敏感に反応しますが、ステアリングが重くセンターがズレ難いので意外と違和感がないです。

    ペダル配置はヒール&トゥがし易く違和感がない良い配置です。
    ただ、車内にサイドシルが飛び出ている関係上アクセルとブレーキがセンターに寄っているのでそこは注意が必要です。
    シフトの感触も良くカッチリ入りますが、ショートストロークの影響でどのギアに入っているかが少し分かり辛いです。
    特に3速から2速に落とす際は力むと変速が上手く行かなかったりするので少し慣れが必要。
    クラッチも少し重めなのでそこも好き嫌いが出そう。

    好き嫌いで言うと、タイヤサイズによるクルマの挙動でも出ると思います。
    今回は175幅と195幅のエリーゼを乗り比べたりしたんですけど、175幅はコーナーでの切り込みが鋭い代わりに直進での安定性とギャップで跳ねた際に少し不安定に感じる場面がありますが、195幅は少し動きが鈍くなる代わりに直進安定性が増しギャップでの跳ねも多少気にならなくなります。
    跳ねたところで狙ったラインから外れるようなことは無いんですが、少し不安定さが目立つのでそれを少しでも誤魔化したいのならタイヤの幅を広げるのもアリだと思いますね。

    少しタイヤに依存するような走りをするクルマのような気はしますが、完全に手の内に入れてしまえればかなりポテンシャルの高いクルマだと感じました。
    当たり前の操作を当たり前にやる。
    そういうことを普通に出来る人にはオススメです。
    逆に荒い操作をする人にはオススメしませんね。
    手荒な操作をしてると大きなしっぺ返しをしてくるようなクルマなので・・・。
    個人的な感想としては、少しじゃじゃ馬感はあるけども走る楽しさを教えてくれる良いクルマだと思いました。
    ※ただし、非常に疲れるので長時間の運転には向いてないですw
    満足している点
    ・軽く高剛性な車体
    ・非常に低いドラポジ
    ・レスポンスのいいエンジン
    ・空力特性に優れたエクステリア
    ・ショートストロークなシフトにヒール&トゥし易いペダル配置
    不満な点
    ・路面によっては跳ねが気になる
    ・旋回性能を追い求めて安定性に欠ける
    ・車内の横幅が狭い

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)