現在位置: carview! > カタログ > レクサス > RXハイブリッド > レビュー・評価一覧 > 1000キロ走って これまで1.5Lの(ドイ...

レクサス RXハイブリッド 「1000キロ走って これまで1.5Lの(ドイツ車)、2Lのセダン(国産)、3Lのミニバン(国産)をそれぞれ10万キロ程度乗ってきました。本レビューは、」のレビュー

ニックネーム非公開さん

レクサス RXハイブリッド

グレード:450h バージョンL エアサスペンション 4WD(AT) 2009年式

乗車形式:マイカー

評価

5

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

1000キロ走って これまで1.5Lの(ドイツ車)、2Lのセダン(国産)、3Lのミニバン(国産)をそれぞれ10万キロ程度乗ってきました。本レビューは、

2009.7.3

総評
1000キロ走って
これまで1.5Lの(ドイツ車)、2Lのセダン(国産)、3Lのミニバン(国産)をそれぞれ10万キロ程度乗ってきました。本レビューは、全体として直前のミニバンとの比較の記載が多くなっています。
子供の成長で、ボディースタイルとして、SUVをメインに車選びをしました。車選びのポイントとして長距離を安全、快適、疲れないことを重視。充分な居住性、しっかりとした走り、そのクラスとしての燃費の良さ、できれば若干のプレミアム性があることで選択しました。
ミニバンを卒業して、家族で安全に快適に移動する車としてはこれ以上のものは無いのではないかと思えます。
満足している点
燃費 平均で13キロ(高速5、一般道5)。前車の3Lミニバンが同様の走行パターンで7キロ台であったころから考えると3.5Lとしては驚異的。
特に渋滞になっての落込みが少ないと感じられます。
走行 加速はかなり良い。実際にはそれ程飛ばすほうではありませんが、いざというときの大きな安心感になります。特にエコ運転を心かけようとしていなかったのですが、メータでエコエリアが長く続くような運転をしようという気持ちになるのが不思議です。
少し強めに踏んで定速に達したら、一度アクセルを離して、少しづつ踏んでいくと、好燃費が出るような気がします。エンジンがかかるショックも、停止時に気をつけていないとわかりません。
サスペンション エアサス仕様ですが、ふわふわするなどとのレポートもありますが、自分にはそんな感じは全くしません。首都高速の継ぎ目のショックも感覚を疑うほど伝わってきません。
また山道でそこそこ早いスピードでも不安感はありません。ロールも比較的よくコントロールされています。同乗の家内(いつも後ろ席)も前車のミニバンよりかなり乗り心地がよく、長時間でも疲れないとの評です。
静粛性 圧倒的に静かです。速度100キロでの高速走行で小さな声でも後ろ席との会話ができます。
昔乗っていたセダンからミニバンになり、目線が高いことの安心感、疲れないことはすてがたい魅力になっています。
装備 同じようなタイプの輸入車からみると、比較にならないほど良いです。
慣れてしまえば、不要かもしれないが、四隅のクリアランスソナーはかなり便利。
念のため切替しを一回分しなくてもすむ感じです。
ヘッドアップディスプレイ、プリックラッシュセーフティーなど申し分ありません。
ナビの目的地設定も、オーナーズデスクに連絡して自動設定してもらえるのはかなり便利。
いつも、出発してからの設定依頼をするで設定時間にかかる1~2分早く目的地に着くような気がします。
インテリア 上質で特に気になるところはありません。
オーディオ 購入時にオプションのマークレビンソンも少し考えましたが、標準装備のものでもなかなかのものです。低音がしっかりして、全体としてヌケの良い音です。
色 ハイブリッドの専用色クオーツホワイトは、駐車場にとめておいても「きれいな色!」との声があがりました。
不満な点
気に入って購入しているので、短所はあまり気がつきません。
ただしハリアーと全く別の車に仕上げられているので少しデザインを変えて欲しかったです。
シートヒータは、家族で乗るので後ろ席にもオプションで良いので選択できるとさらに良かったです。
デザイン

-

走行性能

-

乗り心地

-

積載性

-

燃費

-

価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

レクサス RXハイブリッドレビュー・評価一覧

マイカー登録
レクサス RXハイブリッド 新型・現行モデル