現在位置: > > > > > レクサスLSハイブリッドは、現行よりもっと燃費の...

『レクサスLSハイブリッドは、現行よりもっと燃費の...』:レクサス LSハイブリッド

解決済みレクサスLSハイブリッドは、現行よりもっと燃費の良い、 V6+モーターのようなモデルを出すのでしょうか?どこかのクルマ雑誌に出ていました。

レクサスLSハイブリッドは、現行よりもっと燃費の良い、 V6+モーターのようなモデルを出すのでしょうか?どこかのクルマ雑誌に出ていました。フーガ・ハイブリッドが燃費19キロで、価格は600万円程度なので、対抗馬で出すにしても、フーガを大きく上回る燃費25キロとか、LSでなければクラウン・ハイブリッドで燃費をよくするとか、いろいろ手はあると思いますが、情報もっておられる方、お願いします。トヨタは2.5L+モーターのFRハイブリッドを開発しているというようなことも聞きかじりましたが、世に出るまでに、時間がかかるような気もします。

ベストアンサーに選ばれた回答

まず、2.5LのV6+ハイブリッドのモデルは、2012年の春頃に登場すると見られている次期スープラのレクサスVerに搭載されると見られています。これは、現GSハイブリッドの3.5Lが重すぎるためにサイズダウンした物です。

ただ、次期スープラも販売がメインの北米市場の景気回復が遅れていますので、どうなりますか…!?

このシステムがLSに乗るのかどうかは、現時点では?です。

しかしながら、ライバルとしているベンツSクラスが次期モデルで1.8L直4+電気モーターのハイブリッドを計画していると言われていますので、エンジン排気量のダウンサイジングは高級車といえども世界的な流れにあるようです。
すでに試作車両の完成度は高くスグにでも商品化が可能なようで、報道陣に実験車を試乗させており直4とは思えない静かさとなめらかさを実現しているようで好評です。

今回、Sクラスに追加された直4のS250は、高級車にも直4を積むんだよというイメージを付けるための前座じゃないかな、と思うのですが…(ベンツの上級モデルに直4を積むのは歴史始まって以来初です)

バカでかいエンジンを積むという高級車像が、このベンツのディゾット・エンジンにより劇的に覆されれば、LSもダウンサイジングしてくる可能性は大いにあるとは思います。
おそらく10年後くらいには、でかいエンジンは恥ずかしい…という流れができているかと思いますヨ。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

オールシーズンタイヤ3選を試してみた

みんカラ サーキット チャレンジ #9 アップダウンが楽しい岡山国際

新型タント 快適な走りと運転支援に妥協なし

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

pitte

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

みんカラユーザーが酔いしれた 最新のアルファ ロメオの世界とは?

マイカー登録はこちら

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

中古車レクサス LSハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 600h バージョンC Iパッケージ 4WD
    600h バージョンC Iパッケージ 4WD
    4,280,000円(東京)
  2. 2位
    600h バージョンL 4WD
    4,980,000円(北海道)
  3. 3位
    600hL エグゼクティブパッケージ 4WD
    6,790,000円(茨城)
  4. 4位
    600h Iパッケージ 4WD
    1,049,000円(千葉)
  5. 5位
    600h バージョンC Iパッケージ 4WD
    3,289,000円(千葉)

※2019年12月8日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)