現在位置: carview! > カタログ > レクサス > LSハイブリッド > みんなの質問 > 商用車として主にダイハツタントを約5年間、自...

『商用車として主にダイハツタントを約5年間、自...』:レクサス LSハイブリッド

解決済み商用車として主にダイハツタントを約5年間、自家用車として主にレクサスLSを同様約5年間使用しています。

商用車として主にダイハツタントを約5年間、自家用車として主にレクサスLSを同様約5年間使用しています。その間にタントは都合3回バッテリーを交換しました。(新車当時がパナソニック製20D、2個目、3個目も同じメーカーのものを使用)
一方レクサスは新車当時(ハイブリッド車専用GS YUASA ENJ-400LN5)から一回も交換することなく
現在に至っています。
使い方としてはタントはほぼ毎日数km〜数十kmを走行し、屋根付きシャッター付きの車庫で管理。
一方レクサスはロングボディーのため車庫に入らず、1ヶ月以上も野ざらし雨晒しの状態で放置、って時も少なくありません。
なのにこの有様です。
そもそもバッテリー容量が違うから、ハイブリッド車だから、当たり前だろ?とかそういう話しなのでしょうか?
それともPanasonicとYUASAというメーカーの違いからくるのでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

バッテリーの使用目的が違いますので。

ハイブリッドの場合、補機バッテリーと言う名前の通り、バックアップがメインです。

ですので、バッテリーには優しく、長持ちすると思われます。

回答一覧

2件中 1~2件
  • 比べ方が意味不明ですが
    バッテリー性能はユアサが一番です。
    あとLSに入っているバッテリーは巨大で余裕
    のあるものですし、まだ余力があるんです。

  • タントのように充電制御とアイドリングストップ車のバッテリーは酷使されるため、寿命が短いのはしかたありません。
    それを犠牲に燃費を稼いでいるようなものですから。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。