現在位置: carview! > カタログ > レクサス > IS > みんなの質問 > レクサスIS GSE20でサーキット走行をす...

『レクサスIS GSE20でサーキット走行をす...』:レクサス IS

回答受付終了レクサスIS GSE20でサーキット走行をするのですが、ボンネットを開けると、エンジンカバーや、左右にカバーが付いています。

レクサスIS GSE20でサーキット走行をするのですが、ボンネットを開けると、エンジンカバーや、左右にカバーが付いています。サーキット走行時は外した方がエンジンに良いのでしょうか?
外して走行した場合、ボンネットが傷んだりしないか心配です。

回答一覧

2件中 1~2件
  • エンジンのカバーなどは付けていることを前提にエンジンベイ内の空気の流れを設計していると思われ、外したからといって温度が下がるとは限りません。
    想定していない水や異物が入り込むことも考えられますので、チューニングなどの結果として外さざるをえないような事情がない限りは付けたままにしておいたほうが良いと思います。
    カバーがついたままで水温や油温が上がってしまう場合はアタックをやめてクーリングをするなど別の対策をすべきですし、温度を下げる対策をする前にまず水温計を付けるほうが先かと思います。(お乗りの車の水温系がどのようなものか存じませんが、一般的な車の場合、初めから付いている水温系は危険域にならないと上がり始めないためほとんど役に立ちません)

  • エンジンの熱でボンネットが傷むくらい、エンジンは アッチッチにならないよ。
    そうなるくらいなら、エンジンのハーネスやら、あっちこっちのセンサーがダメになるよ。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。