現在位置: > > > > > ヴェラールを通じてランドローバー社の...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『ヴェラールを通じてランドローバー社のプロダクトを知る。』の口コミ

  • ヴェラールを通じてランドローバー社のプロダクトを知る。

    総合評価:10点満点中8点

    投稿日:2019年7月13日

    投稿者:よし丸 さん

    乗車形式:レンタカー

    メーカー・モデル:ランドローバー レンジローバーヴェラール
    グレード:ヴェラール(ガソリン・250PS)_RHD_4WD(AT_2.0) (2017年式)

    総評
    車両概要
    ・レンジローバーヴェラールP250プラス(装備内容からプラスと判断した)
    ・全長4820mm 全幅1930mm 全高1680mm(車検証記載値)
    ・車重1980kg(前1020kg, 後960kg、車検証記載値)
    ・パーフォレイテッド・グレインレザー製の電動シート(メモリー付き10ウェイ)、追従型クルーズコントロール(ACC)が装備。
    ・ボディカラー:フジホワイト(ソリッドカラー)
    満足している点
    250PS仕様で十分。乗る前は「車重2トンに250PSってどうなん?」って思ってましたが、想像以上に軽快に走りました。ドライブトレインは結構スポーティな性格にも変貌してくれる印象です。
    クルマの性格的に、コスパ重視で購入される方がどれほどいらっしゃるのか分かりませんが、(装備面を除けば)廉価グレードを選択するのは有りだと思います。



    ・スピードメーターの小さい数字と大きい数字で照明に明暗が付けてある。これは見易いと思った。ちなみに常時発光タイプ。

    ・こういう作り方は、ランドローバー社の面目躍如といったところでしょうか(サイドシル丸ごとドアで覆うので、サイドシルが汚れにくくなって、乗り降りする際にパンツの裾が汚れにくくなる)。

    不満な点
    ・カタログに載ってるような仕様(内装やホイール、ボディカラー等)を求めると、どんどん膨らむ購入金額。こういうクルマを買う人には関係ないんでしょうけど。
    特に、内装のパネル類はお金積まないと残念な感じ。とくに、前席背面のむき出し樹脂ときたら!


    ・やっぱりタッチパネル、使いにくいです。エアコンと走行モードの調整が同じパネルってのは・・・ステアリングスイッチで全部が調整できる訳じゃないし、最終的に目視でないと分からない。何より電源オフ時にモニターがブラックアウトして指紋が目立つのが嫌。耐えられない。


    ・うーーん、無彩色は似合わないかな・・・。


    ・トンネルに入ると、天井からの音の侵入が目立った。サンルーフでもあったっけ?と思ったくらい(もちろん試乗車にはありません)。かといって、土砂降りの雨でうるさいかと言われると、そうではない。ガラスの遮音がしっかりしているので、相対的に天井からの音の侵入が目立つような気がした。

    ・ドアのヒンジ、ドイツ車と比べると貧相だな・・・。それは別に良いのだが、錆びてる箇所有り。保管状況は知る由もないですが、さすがに登録5か月でこれはどうなの?

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)