『V8スーパーチャージド クラシックと貴賓を兼ね備えた名車です。もうフォードにはこの空気感は出せないでしょう。乗車前、あなたは誰かの視線を感じずには乗車』 ランドローバー レンジローバースポーツ の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > ランドローバー > レンジローバースポーツ > 口コミ・評価一覧 > V8スーパーチャージド クラシックと貴賓を兼...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『V8スーパーチャージド クラシックと貴賓を兼ね備えた名車です。もうフォードにはこの空気感は出せないでしょう。乗車前、あなたは誰かの視線を感じずには乗車』の口コミ

  • V8スーパーチャージド クラシックと貴賓を兼ね備えた名車です。もうフォードにはこの空気感は出せないでしょう。乗車前、あなたは誰かの視線を感じずには乗車

    総合評価: 5.0

    投稿日:2012年9月3日

    投稿者:- さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:ランドローバー レンジローバースポーツ
    グレード:4.2 V8 スーパーチャージド 4WD(AT) (2008年式)

    総評
    V8スーパーチャージド
    クラシックと貴賓を兼ね備えた名車です。もうフォードにはこの空気感は出せないでしょう。乗車前、あなたは誰かの視線を感じずには乗車できないでしょう。エンジンに火をいれた瞬間、全ての制御が行き渡りドライバーを安心につつんでくれます。動き始めた瞬間、あなたは日常を忘れ賓客と躍動に苛まれ、SUVに乗車したことを忘れてしまいます。最後に、底までアクセルを踏んだ瞬間、SPORTSを所有する満足感にひたることでしょう。
    満足している点
    ①賓客。レンジローバーだと大きすぎて何となく嫌みだがスポーツは30代ヤングエグゼキュティブがターゲットだけにかっこいい。②白シートが断然おすすめ。正直乗った時の王室仕立ての気品すら感じます。③ハンドリング。SUVとはおもえない切れのあるハンドリング。山道でもハンドルを持ち替える事無くスポーツカーの様な切れのあるハンドリングをします。④ブレーキ。100KMから急制動、ブレンボの効きは圧倒的です。⑤トランスミッション。特にスポーツモードでのシフト感覚はかなりダイレクト。また、100kmからブレーキングで減速時にエンジンブレーキを意識したシフトダウンとエンジンの煽りがやる気にさせます。⑥サーキットでの最高速度は230KMでした。
    不満な点
    ①サイドスカートがよく取れる。粘着テープ止めなのですぐに剥がれてきます。②ボディ。塗装が結構荒いです。波打ってたり、パールがまだらだったり、傷に弱かったりします。手作りなのでしようがありません。③エンジン。結構スポーツエンジンなので繊細です。オイルが合わないとオイル上がりをおこし白煙が出る場合も有ります。④燃費。平均5.2kmです。高速だと6.5kmまで伸びます。市街地だけだと4km台です。⑤20インチアロイホイール。一本20万円以上する高価なホイールですが、ガリ傷には十分ご注意を。車の構造を知らない人が運転すると直ぐにやっちゃうでしょう。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする