ランドローバー レンジローバーイヴォーク 「Evoque」のレビュー

Dimzdil Dimzdilさん

ランドローバー レンジローバーイヴォーク

グレード:オートバイオグラフィ_RHD_4WD(AT_2.0) 2014年式

乗車形式:家族所有

評価

4

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

Evoque

2016.7.9

総評
文句なしでお勧め。通常の人類の生活圏内でこの車以上の性能が求められることは無く、この車以上に素晴らしいデザインの車もそうそう無い。2016年からのマイナーチェンジでさらに顔もりりしくなり、ますます良い車だと思います。
満足している点
デザインは文句なし。住んでいるスイスではゴロゴロ走ってますが、それでも飽きません。
パノラミックルーフは、はめ殺しとはいえ、開放感は随一。初めて乗った人はみな口を揃えて「おー」と言います。
イタリアやドイツの高速からアルプスまで、どこでも走れるユーティリティ。
不満な点
トランクのサイズ、サラウンドカメラの使いづらさ(ぱっと出てこず、複数回ボタンを押さないといけない。BMWのように自動で切り替わるのが理想。。。)
デザイン

-

走行性能

-

※欧州在住のため欧州仕様です

欧州ではAutobiographyでもDieselが選べたりするのだが、日本仕様と同じく240psエコターボエンジン。
4気筒エンジンとはいえ、低ブーストターボの恩恵もあり素晴らしい出足。2000回転あたりからタービンの音も軽やかに鳴り出しフルトルクで加速、170−180km/hまでは軽やかに加速していきます。SUVとはいえ空気抵抗にも優れた外観の恩恵もあるかと思います。
峠を走る車ではありませんが、一般のSUVのようにロールが発生することもなく、あくまで通常の車のように運転できます。
もちろんRR譲りのAWDは必要十分。スイスやフランスのアルプスの雪道を走っても恐怖心を感じることは一切無く、雪道モードにして車に全てを任せて運転すれば良し。本格オフロードは走ったことありませんが、ショートボディもありおそらく非常に楽かと思われます。
乗り心地

-

SUVとしては堅め、あくまで通常の乗用車とSUVの中間。駐車場にある速度制限用の段差はストロークを活かして吸収するので突き上げは弱い。
Discoと比べてハンドルも堅めで、普通の車から乗り換えても違和感は感じないかと。
静粛性という意味では、どちらかというとスポーツカーに近い音の設定。加速時のターボの音やマフラーから出るAudiライクな音など、運転して楽しいというレベルは担保している一方で、適度な高級感もあるかと。
積載性

-

トランクサイズは小さい。大きいスーツケースなら2つが限界(それも蓋をとっぱらって)
Q3なんかよりは高さを稼げる分ましだが、家族4人でVacationに行くには役不足。大人数で泊まりの旅行をするならDisco-Sportsの方が無難でしょう
燃費

-

欧州の渋滞が少ない道の前提で10L/100km程度。
高速は得意だが120km/hを超えるとぐんぐん燃費が悪くなる。空気抵抗の理由もあるかと。
価格

-

故障経験
25000km走りましたが故障は一切無し。イギリスの技術も向上したものです(インドの資本を借りてますけど)

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

ランドローバー レンジローバーイヴォーク レビュー・評価一覧

マイカー登録
ランドローバー レンジローバーイヴォーク 新型・現行モデル