現在位置: carview! > カタログ > ランドローバー > フリーランダー > レビュー・評価一覧 > 壊れちゃったけど 2002年フリーランダーE...

ランドローバー フリーランダー 「壊れちゃったけど 2002年フリーランダーESに乗っていましたがタイミングベルト切れで残念ながらさよならしました。 2.5L V6は非常に気持ちの良い」のレビュー

ニックネーム非公開さん

ランドローバー フリーランダー

グレード:ES 4WD(AT) 2002年式

乗車形式:マイカー

評価

3

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

壊れちゃったけど 2002年フリーランダーESに乗っていましたがタイミングベルト切れで残念ながらさよならしました。 2.5L V6は非常に気持ちの良い

2011.9.1

総評
壊れちゃったけど
2002年フリーランダーESに乗っていましたがタイミングベルト切れで残念ながらさよならしました。
2.5L V6は非常に気持ちの良いエンジンでした。5ATとの相性も良く走りは最高に楽しい車です。
このV6は可変吸気インテークマニホールドを採用しており高い確率で壊れます(ガラガラという異音が出るようになる)5ATも2速から3速の変速時にドンっとショックを発生するようになります。これは速度40km/h前後でアクセルを緩めないようにして解消していました(笑) 不具合は上げたらキリがありませんが自分で治せるところは自分で直したり知り合いの工場で直してもらったりしてそこそこ楽しい車生活を送らせてもらいました。最後は高速走行中のタイミングベルト切れでバルブとピストンの干渉により修理代が40万以上になりそうとの事だったのであきらめました。購入を検討されている方は購入後タイミングベルトを点検しておいた方がいいです。日本車とは比べモノにならないくらいそのあたりは非精密にできています(笑) 同じ車に出会うとなぜかお互いに良い意味で気になります(って勝手に思い込んでました)またいつかはランドローバーに乗りたいと今でも思っています。
満足している点
気品とオフロード性能を感じさせるエクステリアのバランス
簡素だが使いやすく道具感溢れるインテリアデザイン
独特だが慣れると最適に感じれるシートポジション
気持良いエンジンフィール
高速安定性能(煽られても安全な距離に突き離せして譲れる)
最適なサイズ
大きくて疲れないシート
ヒートシーターやクルーズコントロール等の快適装備
ステアリングフィール(重め)
不満な点
壊れると修理代(特に部品が高額、中古部品で対応できるがそれでも安くはない)
時代が変わってLRが高級車ブランドになってしまった事による初代FLの存在意義
壊れた個所
・インマニ
・左リアアブソーバー(伸びきっていた)
・両サイドミラー格納
・サンルーフ(閉めっぱなし)
デザイン

-

走行性能

-

乗り心地

-

積載性

-

燃費

-

価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

ランドローバー フリーランダー レビュー・評価一覧

マイカー登録
ランドローバー フリーランダー 新型・現行モデル