現在位置: > > > > > 黒い 猛牛 ブラックの6MTのムルシーで...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『黒い 猛牛 ブラックの6MTのムルシーです。猛牛と言う表現がピッタリのスーパーカー、エンジン音もフェラと違い重低音ですが、カウンタック、ディアブロの音』の口コミ

  • 黒い 猛牛 ブラックの6MTのムルシーです。猛牛と言う表現がピッタリのスーパーカー、エンジン音もフェラと違い重低音ですが、カウンタック、ディアブロの音

    総合評価:10点満点中10点

    投稿日:2013年2月4日

    投稿者:-

    乗車形式:その他

    メーカー・モデル:ランボルギーニ ムルシエラゴ
    グレード:6.2 4WD(MT) (2001年式)

    総評
    黒い 猛牛
    ブラックの6MTのムルシーです。猛牛と言う表現がピッタリのスーパーカー、エンジン音もフェラと違い重低音ですが、カウンタック、ディアブロの音より抜けの良い音になってます。やはり6.2Lの排気量は半端じゃなくどの回転域からも猛然と加速します。NA大排気量の見本の様なエンジンです。現代のスーパーカーは操作系が軽くスムーズに動かせる様になりました。昔のスーパーカー、カウンタックに乗る機会がありましたが、この時代の操作系の重さ、渋さ(ABCペダル、シフトレバー、ステアリング等)半端な重さじゃないです。1日乗るとぐったりします。でも簡単に動かせない所(それもスムーズに)にスーパーカーらしさがあるとおもうのですが?動かすだけなら誰にでも出来てしまう、ムルシーにはチョット寂しい心も
    満足している点
    跳ね上げ式ドア、他を圧倒するエクステリアデザイン
    NA大排気量の醍醐味、やはりターボとは違う。2速全開6000回転時の爽快感
    12気筒の雄叫び、良いマフラーならなおベスト
    Cピラー付近のダンボの耳、カッコよい
    スーパーカーらしからぬ軽いシフトレバー
    不満な点
    アウディー譲りのチープなSW類。
    エンジンの熱、半端ない
    アイドリング時のエンジンのハンチング。この車だけだと思うが?

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)