現在位置: carview! > カタログ > ヒュンダイ > ソナタ > 口コミ・評価一覧 > 意外と良いかも ヒュンダイと言えば自分が高校...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『意外と良いかも ヒュンダイと言えば自分が高校時代にアメリカで見た型遅れのなぁ~んちゃってミラージュで三菱の技術の提供で作ってたイメージだったのですが、』の口コミ

  • 意外と良いかも ヒュンダイと言えば自分が高校時代にアメリカで見た型遅れのなぁ~んちゃってミラージュで三菱の技術の提供で作ってたイメージだったのですが、

    総合評価: 5.0

    投稿日:2009年3月6日

    投稿者:- さん

    乗車形式:その他

    メーカー・モデル:ヒュンダイ ソナタ
    グレード:2.4GLS Lパッケージ(AT) (2005年式)

    総評
    意外と良いかも
    ヒュンダイと言えば自分が高校時代にアメリカで見た型遅れのなぁ~んちゃってミラージュで三菱の技術の提供で作ってたイメージだったのですが、あれから17年近く経ち現代のヒュンダイは(笑)
    ここに来て代車で三日間乗れる機会に恵まれ乗った感想は日本車っぽくて、日本車ではない味が確かに存在しているのが薄味ながら判る!のは確かです!
    結構軽く見てる人も多いですが、2.4リッタークラスの左右独立のエアコンなど付いたセダンが200万から乗れるのであれば、プラスレザーシートやシートヒーターで一番たかいので260万だと なかなかだと思います。
    日本車ではオプッション付けるとかなりの値段いってしまうと思います。
    軽でもオップション付けると200万のもあるぐらいと考えると・・・レザー無いし
    エンジンなどは メルセデスとヒュンダイと三菱で共同開発したエンジンで実用トルクに優れていて扱い安かったですが、アクセルレスポンスが敏感すぎるかと思いました、
    静かさは下手な国産車よりもロードノイズが少ないです、きっとアメリカなど舗装の荒い所での研究もしているのかなぁと思えましたし、最近の国産の車はハンドルのゲインが強すぎてレスポンスが良すぎな傾向が多かったり、やたら足が硬かったりしますが、きったらきったなり、乗り心地もいい意味で重厚感があると思いました。
    ただ、これだ!!と 言う程でも無いのも確かであって、趣味的に積極的に買いたいとも思わない車かもしれません。
    満足している点
    意外と静かで快適です
    エンジンも悪く無いです
    高速燃費が良さそうな設定のギヤの設定
    敏感すぎないハンドリング
    乗り味はチープではない
    不満な点
    とにかくアクセルレスポンスが敏感すぎる
    プラスチックの質感が残念
    シートヒーターの温度設定が一つしかない
    国産車並みに個性が薄い外車

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする