現在位置: carview! > 新車カタログ > ホンダ(HONDA) > トゥデイ > ユーザーレビュー・評価一覧 > 独特の、機能性から生まれたスタイル。燃費良し...

ホンダ トゥデイ 「独特の、機能性から生まれたスタイル。燃費良し、加速そこそこ良し、低重心で軽快さが楽しい。」のユーザーレビュー

ビーム8000 ビーム8000さん

ホンダ トゥデイ

グレード:XTi 1992年式

乗車形式:マイカー

評価

3

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

独特の、機能性から生まれたスタイル。燃費良し、加速そこそこ良し、低重心で軽快さが楽しい。

2016.6.26

総評
燃費良し、加速そこそこ良し、低重心で軽快さが楽しい。
でもさすがに今から乗るのは、古すぎるかも
4ナンバー4MT車にJB1のライフやザッツのターボエンジン乗せると楽しいかも?(そのままライフかザッツに乗れよ・・・)
XTi5MTのカタログ重量690kgは、現行アルトと同じ。
安全、環境面の規制対応、パワステやパワーウウィンドなど快適装備を備えた上でなので、いかに現行アルトが軽いかがわかります。
この時代の軽自動車に安全性という概念はないので、好きな人以外には勧めません。
満足している点
燃費良し、加速そこそこ良し、軽快さが楽しい。独特の、機能性から生まれたスタイリング。
クーラー壊れなかった。
パワステ、パワーウィンド、ABSなど電装品がないのも、重量や消費電力、壊れなさに効いてきてる。
ホンダの純正ドラシャブーツはかなり頑丈に思います。ハンドル切れなく、パワー、車重がないのもあるかもですが。
不満な点
ライトが702Kと特殊なバルブで、暗い。明るく改造するのも難しい。
全体的に整備性が悪く、プロに頼んでも整備費が高くつく。特にタイベルなど。
シリーズ通して生産台数が多かった割に、後続モデルがなく結構手に入らない部品も。
デスピーの寿命がある。(内部が錆びる)
内外装の仕上げのしょぼさ。味と言えば味だが。
ハザードスイッチがハンドルコラムの上にあり操作しにくい。
ラジオアンテナが外部に露出していて洗車しにくい。ドアポケットがない。ドアスピーカーが小さい10cmしかつかない。給油口のノズルが入れづらくコツがいる。
デザイン

-

走行性能

-

軽量、空力が良いので回せば加速もまあまあ。軽のノンターボとしては比較的パワーある方。
エンジンはメカノイズうるさいですが構わず回しましょう。
全開にすればわりと簡単にリミッターがかかるが、リミッターがフューエルカットなのかガツンと失速して、軽量かつ極端なフロントヘビー故にバランスを崩し結構危険な動きに思う。
低重心、超フロントヘビー、ロングホイールベースで、エンジンにタイヤがついた物に引っ張られているような、独特のドライブフィール。
乗り心地

-

軽量なのでぴょんぴょん跳ねて全くダメ。エンジン音がうるさいのもあり、長距離は疲れます。
助手席は運転席よりちょっと狭い。特にインジェクション車は足元にコンピューターがありこの厚み分前後方向に狭い。
後席は、広さは660cc旧規格このタイプとしては広い方。車両後端になることと、リヤサスが3リンクリジッドのため、上下動でラテラルリンクにより左右に振られ、普段乗り物酔いしない私でもかなり気持ち悪くなる。機械式振り子電車といい勝負に思う。4WDはリアストラットなので多少マシでしょう。
積載性

-

リアシートを倒せるので、ハッチバックから入るものならそこそこ積める。
さすがにコンパネ(90x180cm)は無理。自転車はマウンテンバイクなどフェンダーなければ前後タイヤ外せば積める。
燃費

-

かなり良い。普通に走って16〜18km/L。
価格

-

故障経験
ライト消し忘れでバッテリー上がり(消し忘れブザーがない)
メインリレーのはんだ割れ(偶にエンジン全くかからなくなる)
リアハブベアリングのガタ
クラッチワイヤーが切れる。当然クラッチが切れなくなる。赤信号でエンジン停止→1速に入れセルスタートで発信→ノークラッチで変速で帰ってきた・・・

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

ホンダ トゥデイ 新型・現行モデル