『過去最高に荷物の入らなかったスポーツカー..』 ホンダ S660 の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > ホンダ > S660 > 口コミ・評価一覧 > 過去最高に荷物の入らなかったスポーツカー..

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『過去最高に荷物の入らなかったスポーツカー..』の口コミ

  • 過去最高に荷物の入らなかったスポーツカー..

    総合評価: 5.0

    投稿日:2019年9月11日

    投稿者:light-S6 さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:ホンダ S660
    グレード:アルファー (2016年式)

    総評
    自分専用車として割り切る必要のある軽の高級オープンスポーツカーとなります。
    NSXミニっぽい印象ですが、その中身はN-BOXと同じエンジンとなります。
    同じなのかよと思いがちですが、それと重たいミニバンターボ+足回りなどからしても完全に異なります。
    S660はMTで6速仕様で車重は830kg、CVTは7速(MT)仕様で850kgとなります。
    軽のミニバンと比べると約100~200kg程も軽いわけですから想像つくと思います。
    そのまま64馬力で加速し続けることの出来るスポーツカーの軽自動車となるわけです。
    S660の場合はオープンカーなこともあってシャッター付きガレージや最低でもカーポートは、あったほうが良いです。
    エンジンフードスリットやエンジンへ大量の水雨やホコリ、枯れ葉など入ってきます。
    これから、ご購入検討されてる方は車の保管場所など良く検討なされたほうが良いかと思います。
    他は人気のホワイトパール色は有償色なので注意です。
    車両価格は更に上がります。
    事故ると高くなりますがサイドエアバックなども標準装備されてます。
    この価格帯は普通車が買えるレベル
    なぜ高いのに軽なのかは維持費の安さとなります。
    税金、保険。高速代など..
    一般的にスポーツカーは事故が多いから保険が高くなりやすいです。
    その普通車との違いは軽の場合は料率クラスといったものが存在しません。
    2020年/1月 追記
    (軽自動車も料率クラス導入となったようです。)
    新車のニオイ(革系のニオイ)は約5000kmまでぐらいまで続き徐々に減って行きます。
    満足している点
    維持費の安い軽のミッドシップオープンカーとなります。
    燃費計がメータ内へあります。
    最近の車はコンピュター制御です。
    CVT車はスポーツモードボタンを押すとアイドリングストップは解除され変速制御が変更されて速くなります。
    山道の下り坂ではアイドリングストップモード時よりもエンブレが、より多くかかります。
    パドルシフトレバーを倒すとM1~7速のパドル仕様のMTとなります。
    アクセルとブレーキの踏み間違え
    トヨタ、日産などは割と多くあり、その違いは何なのでしょうか?
    ホンダ車は余り聞いたことないような気がします。
    S660の場合はシフトレバーPとDはオレンジ色です。
    RとDは白だったかと思います。
    色ワケされてます。
    Dから下はないので構造的、発信時はPからDへ一気に入られるので楽です。
    パドルでNへ間違えるなんてことも、ありないと思いまう。
    ブレーキとアクセル配置から見ためかしても踏み間違えは起きにくい車だと想像つきます。
    わかりやすい単純構造やメーターの視認性など良いのかもしれません。
    他はリアパワーウィンドウが開きます。
    外気温が10℃下回らなければ内規循環のままガラスが曇らないで行けそう感じありです。
    寒さに関してはエンジンスリットの放熱により冷気が入って寒いとか感じられないようです。
    エアコンの使用頻度が少ないのであれば曇りガラスでのエアコンオフにを使用しないことによる燃費やエアコンそのもの寿命が延びる期待も出てくるかもしれません。
    カラーはホワイトだと目立つ感じありですが、実際のホワイトパールカラーは汚れが目立たないのも気づきました。
    不満な点
    ミッドシップのせいか冬場の暖気運転は長くなります。
    53℃で水温灯が消えます。
    (夏場の暖気は早いです。)
    収納スペースはドアサイドポケットもないような車です。
    最小半径は4.8m 
    タイヤが太いので一般的な軽クラスの小回りが出来きない。
    普通車のコンパクトカークラスと同じレベルぐらいの小回りとなります。
    電動格納ミラーなし
    ネオバは超ハイグリップタイヤで価格が高いです。
    ドライ、ウエット向けで騒音レベルも少し高めです。
    ミッドシップという万一の安全性を考慮したものだと思われます。
    静粛性や乗り心地は慣れていくと思います。
    タイヤや足回りが馴染んでない車は非常に疲れるかもしれません。
    車高が低い為、右折左折時にガートレールや壁等で左右が来る車が全く見えないことが場所に寄って起きるようです。
    他は駐車場で背が高くて長いようなロングワゴン、トラックなどが隣へ止まると出る時に全く左右が見えなくなったりすることが起きるようです。
    夜間の信号待ち時は後続車のライトが眩しく天井まで照らされます。
    ルームミラーやサイドミラーなど半端なく、ほとんどの車やバイクは信号待ちで消さない車が多いです。
    最低地上向に関してはフェラリスパイダーと同程度です。
    軽で小型と言えど車高が低いので段差や輪留めなども注意が必要です。
    車高を落としたい人に取っては最初から、そういった仕様なので工賃やアライメントなどの改造費など保証付きのまま、かからなく済みます。
    パドルシフトレバーシフトアップ使用時は1~2速までは、かなり回して速度を上げてやらないなとキャンセルされてしまって1速のまま回りすぎたりとかのギクシャク感あり。
    1~2速のシフトダウンでも自動でも壊れるんじゃないと思うほどでシフトダウンダウンのショックはシートへ感じらるらほどの勢いありです。
    但し山道の常用で1~2速は入ってるのは発進時のみですから、ほとんど少ないかと思います。
    スポーツモードの出だしは自動変速、コンピュタへ任せてしまったほうが速い気がします。(1~2速)
    手動だと変則の切り替えタイミング1~2速は難しい。
    3~5速までの回した加速感というは十分速っ!と感じ取られます。
    ほとんど回さないような方やパドルシフトも使わないような方だったら、それほど速くないと感じ取られるかと思います。
    一般道の街中だと2000~3000回転が常用回転域
    登り坂で3500回転代程度ですから、だから使うことは、ほぼないかとも思われます。
    燃費は良いけど燃料タンクが小さいの欠点です。
    その為、燃料計は減るのが早く感じ取られてしまうかもしれません。
    雨や洗車で幌が濡れると張りが落ちたるんで乾くまで何となく気になります。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする