『非日常への誘い』 ホンダ S2000 の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『非日常への誘い』の口コミ

  • 非日常への誘い

    総合評価: 5.0

    投稿日:2017年11月14日

    投稿者:脳筋モーニング さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:ホンダ S2000
    グレード:S2000_type_V(MT_2.0) (2003年式)

    総評
    S2000の代わりはS2000しかいない。
    この車に乗ると、911でさえも普通の車に思えてくる。

    それぐらい特殊で振り切れた車なんだなって。

    S2000の次はS2000しかないって言う人が多いけど、全くもってその通りだと思った。

    こんな魅力的な車のオーナーであることに誇りを感じます!
    満足している点
    「この車でしか味わえない味がある」

    S2000はそんな車だと思う。

    同じ2LでNAのS15に6年10万キロ乗っていたからそう感じるのかもしれない。


    「いいからもっと回せ」

    S2000に乗っていると、そう語りかけてくるような気がする。

    彼はいつも挑戦的だ。
    それと同時にとても素直である。

    ドライバーの操作に極めて忠実だから、
    ゴキゲンに走らせるには鍛錬が必要になる。

    「ドライバー vs S2000」

    面白い構図だけど、
    ドライバーを育てる車なんだろうな。



    挑戦的な面もあるが、別の一面も持っている。
    オープンドライブである。

    オープンでかっ飛ばすのは最高に楽しいし、気持ちいいし、面白い。
    でも、ゆっくりと景色を楽しむのも良い。

    隣に相方を乗せて走る海岸線なんて最高!
    紅葉や桜、花火、イルミネーション。
    どんなシチュエーションも様になる懐の深さは流石だと思う。

    ピュアスポーツでありながら、デートにも大活躍なんて車、他にないよね。


    日本車離れしたそのスタイリングは眺めてるだけで悦に浸れる。
    不満な点
    そんなS2000だけど、いくつか不満はある。

    それは、走る、曲がるは一級品なのに、止まるがイマイチな点である。

    踏力に応じてリニアに立ち上がらないブレーキは、
    ストレスに感じる。
    やたら初期制動が強くて、踏み込んでも変わらない制動力。

    前のオーナーが付けたスプーンキャリパーが原因なのかな?

    それと、助手席側の冷暖房が極端に省かれてるところ。
    S2000はとことん運転する人のために作られてるんだなと実感。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする