現在位置: > > > > > 貨物車のなかのベストチョイス車 貨物車...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『貨物車のなかのベストチョイス車 貨物車として評価すると、燃費がよく、特に中低速がパワフルで、第5速走行時に室内が静かである。  積荷スペースもバンとし』の口コミ

  • 貨物車のなかのベストチョイス車 貨物車として評価すると、燃費がよく、特に中低速がパワフルで、第5速走行時に室内が静かである。  積荷スペースもバンとし

    総合評価:10点満点中8点

    投稿日:2009年12月10日

    投稿者:-

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:ホンダ パートナー
    グレード:1.5 GL 4WD(AT) (2006年式)

    総評
    貨物車のなかのベストチョイス車
    貨物車として評価すると、燃費がよく、特に中低速がパワフルで、第5速走行時に室内が静かである。
     積荷スペースもバンとしては適当であり、装備品・内装品は貨物車としては十分過ぎる内容である。そして以下の長所を味わえる貨物車は少ないであろう。
    満足している点
    1、輸出車(ヨーロッパ仕様)スポーツセダン・スポーツステイションワゴンの様にの足回りが硬い、これにより走行路面の状態が解り、路面状況に応じた運転が出来るとともに、貨物の状態により速度を適切な状況に保つことが出来る。(足回りの硬さは高速走行に対応する性能であり、乗り心地が悪いのは硬さではなく、日本の道路管理に問題があるのである。)
    2、5速ATにより走行時のエンジン騒音が低くなり室内が静かである。
    3、変速ショックについては問題が無いくらいに制御されている。速度増減によりエンジン回転が変化し、明らかにエンジン回転音の増減からギヤがアップ・ダウンしているのが感じられ、このメカニカルなのが良い。(好みにより短所となる。)
    4、ホンダのエンジンらしさ、1500CCの高回転馬力エンジンの良さを感じられる。
    5、2イグニッションプラグ、2バルブSOHCエンジンの車などなかなか乗れないでしょう。
    このエンジンのおかげで中低速が力強く、4WDでも燃費が良い。
    6、タイミングベルトがゴックドベルト(走行10万キロで交換)ではなくチェン駆動のため耐久性があり、バンとしてチェン駆動はベストチョイスである。
    不満な点
    1、貨物車ということで、バンパーは黒ウレタンで、灯火類は全てバルブ(電球)を使い安く造っている。(商用車に求められる低価格維持のためか?)
    2、電動パワーステアリングのためか、走行時のハンドルが軽すぎる感じがする。(これにより燃費が向上。)
    3、テールゲイトのガラスが小さいため貨物を積載しないときの後方視界が狭い。
    4、後方の直角いすを、もう少し後方へ寝かせたほうが良いが、貨物スペースと貨物車の構造基準のためこうせざるを得ない面があるのか、ここが欠点であろう。(貨物車として、あきらめる事である。)

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)