現在位置: > > > > > ホンダのAセグメントコンパクトカーを、日本でも販...

『ホンダのAセグメントコンパクトカーを、日本でも販...』:ホンダ N BOX

解決済みホンダのAセグメントコンパクトカーを、日本でも販売して欲しいですよね。 N-BOXの普通車版みたいな感じの。 ソリオやルーミーがライバルになり、スライドドアも搭載。

ホンダのAセグメントコンパクトカーを、日本でも販売して欲しいですよね。
N-BOXの普通車版みたいな感じの。

ソリオやルーミーがライバルになり、スライドドアも搭載。フィットじゃ大きすぎるけど、軽はイヤという人にお勧めです。

こんな感じの車が発売されないでしょうか。

ベストアンサーに選ばれた回答

後席スライドドアのハイトワゴンは、日本でしか売れないのがネックなのでは。

そのタイプの普通車(登録車)は、すでにダイハツトール四兄弟(ダイハツトール、トヨタタンク/ルーミー、スバルジャスティ)と、スズキソリオの合計でN-BOXに迫る販売台数を記録しています。

タンク、ルーミー、トール、ソリオの年間販売台数の合計が230,930台(自販連 新車販売データ 2018年1月~12月累計)
N-BOXの年間販売台数が241,870台(全軽自協 新車販売確報データ 2018年1月~12月累計)

ホンダが今さらN-BOXの普通車版を発売したところで日本の市場は飽和しており、タンク、ルーミー、トール、ソリオとの熾烈な値引き合戦に陥ることは明らかです。かといって後席スライドドアのハイトワゴンでは、北米や欧州などの主力海外市場ではウケません。N-BOXで軽自動車市場のトップを確保しているホンダには、わざわざ利益を削ってまで普通車市場に斬り込む動機は無いものと思われます。

回答一覧

2件中1~2件を表示

  • 車体が少し大きいが既にフリードが存在しているのだが・・・。

  • 発売はしないでしょうね。
    市場では、既に飽和状態です。
    購入層は、軽には乗りたくない団塊世代の爺どもが大半です。
    あと何年乗れるかも、先が見えてしまう世代です。
    プリウスやアクア、カローラ、クラウン等からの乗り換え組です。

2件中1~2件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

マイカー登録はこちら

中古車ホンダ N BOXアクセスランキング
  1. 1位 660 G Lパッケージ
    660 G Lパッケージ
    200,000円(福岡)
  2. 2位
    660 G
    497,000円(埼玉)
  3. 3位
    660 G Lパッケージ
    248,000円(栃木)
  4. 4位
    カスタム 660 G L ホンダセンシング
    1,579,000円(福岡)
  5. 5位
    660 カスタムG
    675,000円(千葉)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)