現在位置: > > > > > 車を買い買えようと思ってます

『車を買い買えようと思ってます』:ホンダ N BOX

解決済み車を買い買えようと思ってます

車を買い買えようと思ってます軽自動車は確定してますが、

スズキ ワゴンR
ダイハツ タント
ホンダ N-BOX
スズキ スペーシア

この4台で迷ってます!
燃費・乗りやすさ・デザイン・価格・収納
それぞれメリットとデメリットがあると思います
メリットが1番あり、デメリットが少ない車はどれですか?
その他にオススメの軽自動車があれば教えて下さい

ベストアンサーに選ばれた回答

ここでよくある「メリット・デメリット」なんてもんは、乗り手の主観でいくらでも変わる。

その主観の中身が何一つ提示されてない投稿に、的確な回答を求めるどっかの誰かさんの思考を疑う。

回答一覧

9件中1~9件を表示

  • 軽自動車で重要なのは安全性能です。
    特に後方や側方は、軽自動車にとって一番安全性能が問われる部分です。
    新型N-BOXは、サイド&カーテンエアバッグが全てのグレードで格安でオプション設定されています。
    つまり、安全性能を安く買えるのもN-BOXが随一です。

    私が購入するなら、N-BOX一択です。

    ちなみに、ワゴンRとタントはセンターメーターを採用している時点でボツです。
    なぜなら、センターメーター自体が貧乏臭さの象徴だからです。
    スペーシアは、人気実力ともに買う理由が見当たりません。

  • デザインも重視するなら一番売れてる車にしましょう。似たり寄ったりで作ってるので装備も似たり寄ったりです。

  • 今販売中の新車前提でご回答致します。
    そしてそれぞれカスタム等上級グレード車がありますが
    今回は標準ノーマル車で回答致します。

    この4台中他も考えますが

    1番お勧めはホンダ N-BOXです。
    1番売れてるとか関係なく
    この9月から新発売ホヤホヤの新N-BOXですが
    やはり1番優れている点は自動ブレーキ性能が優れています!
    やはりクルマは高い買い物ですし購入すれば
    これから5年~7年は最低お乗りになると思います。
    私ももし大切な家族や友人などには今現在はこのN-BOXを勧めます!

    是非安心のセンシング機能搭載を選んで頂きたいですね。
    多少価格はアップしますが今日本一安全な軽四です。
    自動ブレーキ性能も各社レベルがまちまちで軽四では
    このホンダ センシングがズバ抜けてます。
    そして抜群の明るさLEDヘッドライトやオートエアコンも装備し
    運転が疲れたり一定の高速走行などアクセルを踏まず前の車を自動で追尾し
    速度が落ちればこちらも勝手に速度が落ち追尾機能の
    ACC(アダプティブ・クルーズ・ コントロール)これがセンシング機能の
    1部でこんな機能まで軽四に装備されているのは今N-BOXだけなのです!

    ただ今N-BOXが受注バカ売れ状態で通常3月と9月は決算の為
    営業マンは1番売りたい時期で部品サービスや値引き等も1番がんばれる時期なんですが黙っていても買いに来る車なので値引きも渋いかもしれませんし
    納期の時間もかかるかもしれないのでこれはご確認ください。
    10年以上乗り潰すつもりならお好きな色で結構ですが
    もし数年後乗換え予定であれば黒かパールホワイトの人気色を
    選び大切に乗っていれば中古車でも人気車種の為高値の買取金額でしょう。



    2番手はスペーシアですね。私も現在スペーシアを検討中でそれはもう年の父親の為もう車を乗るなとも言えないし年なので夜や高速道路は運転しませんが週数回の病院や近所のホームセンター買物などやはりなにか軽四は必要でもちろん私も利用したいのでその為どうしても自動ブレーキシステムの性能優先になりかなり調べたのですがスズキは2年前の2015年からスバルのアイサイト譲りの日立製デュアルカメラ方式を採用したのが軽ではスペーシアとハスラーの2車種のみなんです。この自動ブレーキがN-BOXセンシングが発売されるまで軽ではズバ抜けて評価点が高くこの時点でハスラーは可愛すぎるかな~と好みもありかと言って当初ワゴンRやムーヴクラスで検討中で背高スライドドア軽四まで必要なかったが今回自動ブレーキ性能優先の為スペーシアになり新車までも必要なくスペーシアカスタムの新古車で私は現在探しております。

    スペーシアは各社背高スライドクラスでは圧倒的な軽量車重850㎏と今回新N-BOXで80㎏の軽量化!と言ってもN-BOXは890㎏でまだ重いこの背高では軽量を利用しSエネチャージ発進時はモーターのみで発進し燃費に貢献するなど背高スライドドアクラスでの燃費はスペーシアが1番です!
    ただスペーシアはもうそろそろ早くて今年年末か来年当初フルモデルチェンジが予定されておりこの点でこの9月決算の新車値引きもスズキはかなり期待できるんじゃないでしょうか!金額でそのまま値引きとなると営業マンも辛いので用品サービスも期待大です。それに新ワゴンRから自動ブレーキ会社が変更され少し簡易的になったので安心な日立製デュアルカメラ搭載はスペーシアしかないのです!
    しかしこのSエネチャージ作動のお弁当くらいの黒箱リチウムイオンバッテリー10万km前後で寿命スズキで10万円ほど支払い交換必要です。



    3番手が新ワゴンRです。スズキがトヨタと握手後コストダウンかトヨタとの大人の事情か自動ブレーキシステムが以前の日立製からアクアやカローラに搭載中の少し簡易的な単眼カメラ+赤外線レーダー方式に変更されこれはドイツのコンチネンタル社製でこれからの新スズキ車新ジムニーや新スペーシア等この方式になると思います。簡易的と言っても今ダイハツ最新のスマアシⅢと比べれば数倍こちらのドイツ製が安心で優れています。対停止車両へ時速50kmでもピタッ~と手前で止まってくれます!これがいまだにダイハツは出来ない!
    ここまでドイツ製が優秀なら今でもワゴンRも正直迷ってますよ!

    この新ワゴンRはかなり燃費がいいでしょうね!
    同クラスのムーヴに比べれば格段に新ワゴンRのほうが燃費は優秀。
    これはハイブリッド機能無の格安FAモデルでも
    カタログ燃費数値上ではFAは26.8kmでムーヴは31kmと負けてますが
    そんなカタログ燃費普段使いで出るわけないですし全く関係ありません!
    新ワゴンRは非常に軽いのです!アルトからの新軽量プラットホーム(車の土台)を採用し車重はたった750㎏!これは今から24年前の旧ボディ規格電子デバイス装備も何もない初期型ワゴンRと同じ重量なんです!
    アルトはまだ100㎏軽い650㎏で当時ダイハツがひっくり返りなぜそこまで軽く出来るんだ?と衝撃で新ミライースでダイエット作戦をしましたがアルトのカタログ燃費は37kmです!新ワゴンRも別にハイブリッド要らずでも十分燃費は勝負できますね。



    そして最後にタントです。別にダイハツが嫌いじゃなくて本当は私自信もムーヴが丁度いいわな~と思っていたのですがこの映像を見て
    ああ~今はまだダイハツの軽四は買えないな~スズキにしよ~と思いました。
    https://www.youtube.com/watch?v=yKsripmYoE0

    http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/list_all.html
    この自動ブレーキテストはJNCAP独立機構が行なっているテストで
    ダイハツ最新のスマアシⅢは今年1月タントから新ミライースそして今CM中のムーヴへとスマアシⅡから変更や新モデルへ搭載中で後にキャストやキャンバス、ウェイクにもⅡからⅢへなるでしょう。このⅢはスバルアイサイトのようにデュアルカメラ式の日立に比べ世界最小!とカメラはリコー製回路はソニー製そして製造元はデンソーと気合が入った自動ブレーキでもうタントやムーヴはスマアシ初期、Ⅱそして2017年のⅢと実はもう3回目の進化でいまだに対停止車両50kmで止まれずぶつかってしまうとスズキはもう2年前に止まれるだかね~と思い

    結構この50km停止ハードルが高く日産デイズやルークスはセンサーが古いので
    全くこの速度領域では全く止まれない状態です。
    しかしそんな自動ブレーキ性能のみで年寄りに乗せる以外は選びませんし
    そこまでブレーキ性能の比較もしませんでしょう。
    タントは車重920㎏と1番重く比例して燃費もさほどよくありません。
    そんなのどうの関係なくタントは人気がありよく売れてます。
    中古市場も人気で乗換え時の買取価格もいいでしょう。
    そしてダイハツ車は丈夫でちょこちょこ車両リコールや
    改善キャンペーン作業もありますがディーラー対応も長く乗る場合は
    最後まで面倒みてくれますねこれはホンダもです。

    新車はどれも保証期間がありますが保証が切れた年数を乗ってる場合で
    安い修理費用等はもちろん実費ですがええ~こんな箇所!
    と例えばエアコンコンプレッサーやエンジンコンピューター類
    CVTミッション等のかなり痛い高額修理の場合
    な~んかスズキの場合これはリコールやせめてキャンペーンで
    対応されてないの?(いや~対象じゃなく実費ですね~)と
    そんなスズキには色があるように思いますね。
    特にスズキさん大丈夫?とハイブリッドの電気利用が多い
    部品が多いのでこの点だけスズキには対応と部品品質には
    私もちょっと覚悟が必要なんです。

    さっそく友人のスペーシアは納車1年後
    エアコンが全く効かずガスが抜けてる!
    これはコンプレッサーがカルソニック製とデンソー製が
    ありデンソーの方はハズレしかもあまり知られてませんが
    エバポレーターもガスが漏れ出す症状。
    まあ保証期間なので無料だが実費なら即10万円コースだ!

  • メリットとデメリットは使用目的で変わります
    参考になりますかねこれ↓クチコミ、満足度レビューが書いてます
    http://kakaku.com/kuruma/ranking/bodytype=kei-car/

  • スズキ ワゴンR
    ダイハツ タント
    ホンダ N-BOX
    スズキ スペーシア

    この4台で迷ってます!

    7月販売台数

  • Q=*この4台で迷ってます!
    燃費・乗りやすさ・デザイン・価格・収納
    それぞれメリットとデメリットがあると思います
    メリットが1番あり、デメリットが少ない車はどれですか?
    その他にオススメの軽自動車があれば教えて下さい
    ==========================Q=*?=

    スズキ ワゴンR★★★★☆・・A
    ダイハツ タント★★★★☆・・A
    ホンダ N-BOX★☆☆☆☆・・C
    スズキ スペーシア★★★☆☆・・B
    --------------------------------------
    星マークとA~Cの評価していました。

    Hondaに関しては、
    品質的な問題が・・未だに改善されていない事が、
    <<たびたび未だに露呈している事>>に、""信頼回復には、程遠い""。

    車選びって、
    燃費優先で選択してしまうと、
    3年後~5年後に、後悔する事が多くなりますよ。

    基本性能と耐久性能を、優先されるのが賢明ですよ。

    ****************************************************

  • ワゴンR以外はスライドドア。もう、好みの問題としか言えないのでは。

  • あなたの情報が少なすぎる為に分かりませんので、実際に車を見てみるのをオススメします。

  • スライドドアが必要?
    ターボは必要?
    運転は上手?
    主に使う用途は?
    年間どの位走る?
    メインかサブか?
    雪が降る地域?
    何人乗る事が多い?
    キャンプなどよく行く?
    子供は何歳?
    あなたは何歳?
    何年乗るつもり?
    今まで何乗っていたの?
    等々・・・

    情報が足りなすぎて
    おすすめができません

9件中1~9件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

強力洗浄&撥水効果 クリーン&リペル

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

マイカー登録はこちら

中古車ホンダ N BOXアクセスランキング
  1. 1位 660 G Lパッケージ
    660 G Lパッケージ
    200,000円(福岡)
  2. 2位
    660 G
    497,000円(埼玉)
  3. 3位
    660 G Lパッケージ
    248,000円(栃木)
  4. 4位
    カスタム 660 G L ホンダセンシング
    1,579,000円(福岡)
  5. 5位
    660 カスタムG
    675,000円(千葉)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)