現在位置: > > > > > まぁ~ホンダは、

『まぁ~ホンダは、』:ホンダ N BOX

解決済みまぁ~ホンダは、

まぁ~ホンダは、2015年度の品質問題が、表面化・同一車種/同内容で、
連続6回リコールを達成!!・国交省からの”行政処分”そして、
当時代表<伊東氏>の引責辞任・・それ以降は、
国内販売は、急降下!売れてるのは、N-シリーズ軽自動車だけ。
工場の稼働率は、危険水域をとっくに超えている水準。

グローバルでの工場の生産能力に対しての、
稼働率は60%を切ってる状態。

今・”業界裏側”で、囁かれているのは、
<<ホンダを日産グループ>>に、吸収させて、
<非トヨタ連合を結成する>と、云う計画も出てきてる。

日産など3社+ホンダで「非トヨタ連合」結成? 自動車業界再編か
https://dot.asahi.com/wa/2019022800015.html

記事抜粋
今のホンダの悩みは、主力の四輪事業の低収益性。
世間から見ると意外かもしれないが、
役員経験のある有力OBは
「経営危機寸前の崖っぷちに立っている」と指摘する。

その苦境は決算データが如実に物語る。主力の四輪事業は、
二輪事業や金融サービス事業よりも利益率が大幅に低い。
18年10~12月期だけでみると、
四輪の営業利益率はさらに悪化してわずか1.4%。
ホンダの四輪事業の利益率は、トヨタや日産と比べても低い。

ホンダのある役員は「四輪は大胆な構造改革を進めないと、
いずれ赤字に陥る」とみる。
今のホンダは、主力の四輪が、
二輪や金融の利益で食わしてもらっている状況なのだ。

日産自動車、三菱自動車、ホンダが
--2019年06月10日 -------------『非トヨタ連合』を結成する可能性
https://news.nifty.com/article/item/neta/12113-215843/
記事まとめ
日産自動車はカルロス・ゴーン被告の逮捕で話題となったが、
本業は低迷しているという

最近のホンダは『N-BOX』シリーズ以外の
ヒット車がなく衰退が著しいらしい

そのため、日産、三菱自動車、ホンダが
『非トヨタ連合』を結成する可能性もあるという

source : 文藝春秋 2019年4月号:genre : ニュース, 経済, 国際, 企業
◆:日産、三菱、ホンダ 「非トヨタ連合」は絵空事ではない
-----------------日産「ゴーン退場」とホンダの凋落がもたらすもの
https://bunshun.jp/articles/-/11020

衰退が著しいホンダの「課題」とは~~~抜粋~~~⇩

自動車産業がこうした現状にある中、
日本の自動車メーカーは「元気」がない。
なかでも、創業者である本田宗一郎氏のイメージから、
斬新なアイデアと常識にとらわれない商品戦略によって、
新機軸を打ち出す会社と見られてきたホンダの衰退が著しい。

直近の決算である2018年4~12月期の
四輪事業の売上高は8兆3749億円、営業利益は2627億円で、
営業利益率は3.1%と、日産(3.7%)よりも低い。
さらに同10~12月期の3カ月だけでみると
営業利益率はわずか1.4%なのだ。

最近のホンダは、
国内専用の軽自動車「N-BOX」シリーズ
以外のヒット車がないのが実情。
その軽自動車事業も
「儲かっておらず赤字に近い状況」(ホンダ関係者)という。

また、ホンダは北米市場で稼いできたが、
北米での売れ筋が「セダン」から、
「ライトトラック」と呼ばれる大型のSUVや
ピックアップトラックに移ったことで、収益性に陰りがみられる。


ホンダの低収益性の主な要因は、
過剰設備と開発コストの高さだ。

ホンダの八郷隆弘社長は今年2月、
英国工場の閉鎖を発表したが、
これは「ブレグジット(英国のEUからの離脱)」が直接の原因ではなく、
グローバル展開で過剰設備と過剰人員に悩むホンダが、
生産能力の最適化を計画する中で出てきた計画で、
「ブレグジット」が背中を押したに過ぎない。

ただ、
ホンダには営業利益率15.3%を誇る稼ぎ頭の二輪事業がある。
この二輪が四輪を食わせてあげる形になっているので、
何とか救われているのだ。ホンダOBや現役社員からは
「四輪は抜本的な構造改革をしなければいずれ赤字に陥る」
との声が出始めている。

ホンダの四輪事業の
不振で窮地に陥りそうなのが系列部品メーカーだ。
「今のままでは下請け部品メーカーの経営が行き詰まる」と
ホンダ関係者は言う。

ホンダ大丈夫ですかねえ?

補足
まあ~車音痴じゃない
私は北海道でデミオ ディーゼルFF乗りだが

◎:エンジン最大トルク ::(N・m<kgf・m>/rpm)
:250〈25.5〉/1,500-2,500
◎:使用燃料::軽油

低回転域からの高トルクは、
一度体験すると・・元には戻れない!

燃費も25km/L

ホンダも脱帽だねえ

ベストアンサーに選ばれた回答

長々文章を書いているけど
日産は、ルノーの子会社で、三菱自動車は、
日産に三分の1株式を持たれている。
独自にホンダと提携は無理
ルノーとの関係で精一杯だよ
ルノーグループは、フィアットとの統合失敗
当分、グループ内統合でしょう
それが終わらないと難しい

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

マイカー登録はこちら

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車ホンダ N BOXアクセスランキング
  1. 1位 660 G Lパッケージ
    660 G Lパッケージ
    200,000円(福岡)
  2. 2位
    660 G
    497,000円(埼玉)
  3. 3位
    660 G Lパッケージ
    248,000円(栃木)
  4. 4位
    660 カスタムG
    675,000円(千葉)
  5. 5位
    カスタム 660 G L ホンダセンシング
    1,579,000円(福岡)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)