現在位置: > > > > > 軽自動車での雪道走行

『軽自動車での雪道走行』:ホンダ N BOX+

解決済み軽自動車での雪道走行

軽自動車での雪道走行今年普通車(トヨタ・ラッシュ 4WD)から軽自動車(ホンダ・N-BOXカスタム 4WD)に乗り換えました。
自分は毎年長野(主に白馬方面)へスノーボードをやりに行っているのですが、軽自動車での雪道走行で気をつけるところや、普通車と軽自動車ではこんなところが違うってところを教えて頂けたらと思います。軽自動車は初めてです。

ちなみに普通車時代から必ずスタッドレス装着、低速走行で走っています。

ベストアンサーに選ばれた回答

軽自動車だからと言って
特別に気をつけるところもなくいつも通りで問題ないですよ。


でもこんな話もあるんだと思って読んでください。

4WDという駆動方式については
上り坂などでの停止状態からの発進時に
もっとも威力を発揮しますが

曲がるときはどうかというと
4WDに大きな安心を寄せるのは危険で
ホンダではVSA、トヨタではVSC、
といった名前の横滑り防止装置、または姿勢挙動安定化装置
がとっても有効です。

NBOXは軽自動車で初めて全車に
VSA(http://www.honda.co.jp/tech/auto/safety/vsa/#/closeup3)
が標準装備となっています。



NBOXでいろいろ実験してる動画もいろいろありますからとりあえず見てください。

http://www.youtube.com/watch?v=YK6-ipoToGI&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=LFH5kmWWXhM

運転者が気付かない内に
自動でアクセルを弱めたり、
必要に応じて一輪だけにブレーキをかけたりして
車が滑って横向きになったりするのを回避するものです。

ちなみに
このシステムはまもなく法令によって全メーカーに装着義務化されます。

回答一覧

4件中1~4件を表示

  • ホンダN-BOXの4WDですが、普段はFFで、車がスリップした時に4WDに切り替わると、購入する時に、車屋さんから説明をうけました。フルタイムの4WDではないので、感覚的な慣れ(少々滑ってもあわてないetc)が必要では?

    轍の件ですが、ある程度通行量のある道路なら、広い轍となっていますので、そんなに気にする事は無いと思います。それより、路肩に駐車している車が有り、その車をよける時に、その轍から滑って抜けられずになる事のほうが心配では?(まぁ、こんな事も、めったにはありませんが・・・)

  • 既に回答にも有りますが、普通車の作った轍が合わないという事。

    他には、車重が軽いので、滑るまでの限界値が普通車より低いです。
    その代り軽い分、ブレーキも効きやすく、取り回しも楽。

    ただ、これは凍結路面でそれなりの速度を出したときに
    実感できるものだと思うので、安全運転しているなら問題なしかと。


    あと、NBOXという車体の高さとホイールベースから考えると、
    滑った時に逆ハンを切ってブレーキを踏まずにアクセルを踏んで
    上手く滑らせながらスリップを回避するとう事は
    重心の低い車よりはしづらいかとは思います。

    まぁ一番大事なのは4WDだから安心という考えを無くすことです。
    北海道ですが、事故を起こすのは多くが4WDを過信した4駆車です。

  • 北海道からです。
    北海道の軽自動車の雪道での常識はわだちが合わないと言う事です。
    その為わだちにはじかれてスピンする軽自動車がよくいますよ。
    自分はたまに軽自動車を運転しなきゃならないときはわだちとわだちの間に
    乗りあげて走行するようにしています。

  • 普通車だろうが軽だろうが同じですよ。「急」というものをやらないことです。

    ただ、ホンダの4WDはトヨタと方式が違いませんでしたっけ。「ビスカス方式では?」

4件中1~4件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

マイカー登録はこちら

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

中古車ホンダ N BOX+アクセスランキング
  1. 1位 660 G SSパッケージ
    660 G SSパッケージ
    680,000円(群馬)
  2. 2位
    660 G SSパッケージ
    478,000円(千葉)
  3. 3位
    660 G Lパッケージ
    495,000円(埼玉)
  4. 4位
    660 カスタムG ターボSSパッケージ
    500,000円(埼玉)
  5. 5位
    660 カスタムG ターボLパッケージ
    1,385,000円(千葉)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)