現在位置: > > > > > ホンダN-BOX N-BOX+ 日産ディズルークス スズキス...

『ホンダN-BOX N-BOX+ 日産ディズルークス スズキス...』:ホンダ N BOX+

解決済みホンダN-BOX N-BOX+ 日産ディズルークス スズキスペーシア ダイハツタント ウェイクの中で乗るとしたらどの車を選びますか?理由もお願いします。

ホンダN-BOX N-BOX+ 日産ディズルークス スズキスペーシア ダイハツタント ウェイクの中で乗るとしたらどの車を選びますか?理由もお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

僕がこの中で、1車種だけ選ぶのであればウェイクですが、
全車種でランク付けするのであれば、この通りですね。

01位:ダイハツ ウェイク
02位:三菱 eKスペース(日産名:デイズルークス)
03位:ダイハツ タント
04位:Honda N-BOX+
05位:Honda N-BOX
06位:スズキ スペーシア(マツダ名:フレアワゴン)


01位にウェイクを選んだ最大の理由は、もちろん広さと使い勝手です。
2WD車での「大容量ラゲージアンダートランク」を用いることで、
ゴルフバッグ3本を縦に積むことが出来る、広大な荷室が出来上がります。
しかも、上下2段調節式デッキボードと、
ディーラーオプションのラゲージボードを使えば、
三段積みの荷室を作ることだって可能です。
更に、FF駆動軽自動車の中でも特に高い、全高1,835㎜の巨体を活かし、
助手席と後部左側席を倒すことで、自転車2台が積載可能になる等、
様々な荷室アレンジの楽しみが、レジャースピリットを刺激しますね。
公式ホームページでの活用術での、4人でスノーボードという例、
2列目席を倒さずに、4人分のスキーアイテムが積載できるのは凄いです。


eKスペースは、後部座席に人を乗せる機会が多い程、
便利になる装備が多数用意されていますね。
例えば、助手席シートアンダートレイ(前後引き出し)や
助手席シートバックテーブル(コンビニフック付)、他にも、
後席に風を送るリヤサーキュレーターもありますね。
上級車での「マルチアラウンドモニター バードアイビュー機能付」
で、上から見下ろす感覚で、楽に車庫入れが出来ます。
(周囲の安全確認はご自身で直接行ってください)
ヘッドライトオートカットで、消灯し忘れの心配が無くなります。
又、eKスペースでは、最長10年10万km特別保証延長が受けられます。


タントは、助手席側にある「ミラクルオープンドア」で、
前後ドアを全開にすると、ピラーが現れないので、
荷物の出し入れがしやすくなる他、傘を差したまま車内にも入れます。
「カスタム RS“トップエディション SA”」では、
プレミアムシャインブラックセンタークラスター(シャドウフロー柄)、
専用ファブリック×ソフトレザーシート(シルバーステッチ)等を
装備し、上級感を演出しています。
同じダイハツのウェイクと異なり、SRSカーテンシールドエアバッグが
設定される安心感もありますが、ただ、やっぱり、
ムーヴとウェイクの中間に位置して中途半端感がありますね・・・


N-BOXは、フィット等に採用されている特許技術である、
センタータンクレイアウトを用いて、
乗員スペースが広がり、荷室の低床化が可能になりました。
このおかげで、「はね上げられるリアシート」と、
スライドドアを使った、より便利な荷室が出来上がります。
プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンが用意される他、
あんしんパッケージでは、側面衝突からの保護を支援する
「サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)」がありますね。
N-BOX+では、ディーラーオプションのアルミスロープを用いて、
地面から荷室に、そのまま荷物を積み込める
「ユニバーサルブリッジ」を完成させることが出来る他、
エンドボード(アルミスロープ装着時は使用不可)と、
マルチボード2枚を用いて、フラットモードやベッドモードなど、
様々なアレンジが可能になります。
ただ、ロールサンシェードやリヤシートスライド、
ボタン式のスライドドア、誤発進抑制機能は無いです。


スペーシアは、クラストップの低燃費で、JC08モード燃費 27.8㎞/ℓ
(X 2WD 後席右側ワンアクションパワースライドドア装着車)です。
停車時にエアコンが送風に変わる際、蓄冷材を介して
エアコン再始動のためのエンジン再始動を遅らせ、
燃費向上に貢献する、「エコクール」のおかげでもあると思います。
ティッシュの入るフロントオーバーヘッドコンソールの他、
グローブボックスのティッシュを使えるインパネトレー(助手席)、
インパネアッパーボックス(助手席)など、
実用的で便利な収納が充実していて、物を入れるのが楽しそうです。
ただ、サイドエアバッグが設定されないのはキツいですね・・・

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

マイカー登録はこちら

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

中古車ホンダ N BOX+アクセスランキング
  1. 1位 660 カスタムG Lパッケージ 4WD
    660 カスタムG Lパッケージ 4WD
    948,000円(広島)
  2. 2位
    660 G
    297,000円(和歌山)
  3. 3位
    660 G ターボパッケージ 4WD
    980,000円(千葉)
  4. 4位
    ホワイトハウス キャンパーNEO
    1,890,000円(茨城)
  5. 5位
    660 G SSパッケージ
    730,000円(群馬)

※2020年3月31日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)