現在位置: > > > > > この整備処置は一般的? ホンダのモビリオスパイ...

『この整備処置は一般的? ホンダのモビリオスパイ...』:ホンダ モビリオスパイク

解決済みこの整備処置は一般的? ホンダのモビリオスパイク(CVT車、現在約7万5千キロ)に乗っています。 このたびゼロ発進から時速30キロの間でカクンと息つきが発生するので、ディーラーに見てもらいました。

この整備処置は一般的?
ホンダのモビリオスパイク(CVT車、現在約7万5千キロ)に乗っています。
このたびゼロ発進から時速30キロの間でカクンと息つきが発生するので、ディーラーに見てもらいました。結果はイグニッションコイルと点火プラグそれぞれ4つの交換でした。値段は合計約4万円(工賃含)でした。
実際に交換してもらう日は1週間以内です。

ベストアンサーに選ばれた回答

EGRバルブが悪い場合は発進時では無く低速一定走行で
車体がシャクルという症状が出ます。
CVTが原因の場合は発進時などに、すごい振動がでます。
今回は息つきということなのでイグニッションコイルの失火で
間違いないと思います。
FITなどでも多いです。

回答一覧

1件中1件を表示

  • フィットはEGRバルブとCVTオイル交換で直りましたよ

    モビリオも
    サービスキャンペーンやってます
    http://www.honda.co.jp/recall/campaign/070608.html
    先にこっちを点検して貰ってください

1件中1件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

pitte

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

マイカー登録はこちら

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

中古車ホンダ モビリオスパイクアクセスランキング
  1. 1位 1.5 Wタイプ
    1.5 Wタイプ
    205,000円(大阪)
  2. 2位
    1.5 Wタイプ アクティブエディション
    150,000円(大阪)
  3. 3位
    1.5 Wタイプ
    390,000円(岡山)
  4. 4位
    1.5 AUタイプ
    190,000円(神奈川)
  5. 5位
    1.5 Wタイプ アクティブエディション
    49,000円(神奈川)

※2020年2月23日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)