現在位置: > > > > > 自動車浦島太郎にはこれでもかなりの「...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『自動車浦島太郎にはこれでもかなりの「文明の利器」』の口コミ

  • 自動車浦島太郎にはこれでもかなりの「文明の利器」

    総合評価:10点満点中6点

    投稿日:2018年8月18日

    投稿者:しましまやまこ さん

    乗車形式:その他

    メーカー・モデル:ホンダ ライフ
    グレード:不明。ノンターボのAT (2004年式)

    総評
    見た目や日常的な走りなど、クルマとしての入口部分の出来がかなりいいだけに、乗ってくうちに露呈する粗(あら)にどれだけ耐えられるかが肝。

    女性が近距離のお買物や送迎、パートに出勤などに使う分には文句なしでしょうが、おっさんがそれなりの距離を乗るには少々我慢が必要。

    車検の代車で乗ってますが「23万で販売も出来るので気が変わったら連絡ください」と言われたものの、コレでは気は変わらないなー。ごめりんこ。同じ代車使用で同じホンダでも、トゥデイに感じた良さがこのクルマにはないのです。
    満足している点
    何言ってんだ、と思われるでしょうが「静か」普段が運転席の真下にエンジンがあるローギアードの20世紀エブリイバンなので、とても静かに感じる。そう、頑張ってる感はスゴく感じるけど、静か。

    見た目、かわいい。この頃のホンダデザインのいいとこ取りだと思う。4代目なんてN-WGNに強制連行するための意図した劣化かと思うくらいデザイン的には失敗してるのに。それとベージュのボディの甲斐あってか、車間距離を詰められる(笑)。

    質感もエブリイさんとの比較だと雲泥の差。小型車と変わんない。相方様のデミオ(DY)と遜色なし。ん、どんぐりの背比べですか??
    不満な点
    ノンターボ・ATの軽なのだから仕方ないだろうけど、こんだけ上手くまとまってるクルマだからこそ、アクセル踏みこんだ時の無理の利かなさ、言う事聞いてくれなさがストレス。通勤で普通に乗っていればそれなりにスイスイ走って快適なのに、いざって時のモタつき感が酷い。裏を返せば「コイツは言っても軽なんだ」ということを忘れさせるパッケージなんだと。

    車両感覚が取りづらい(特にフロント)。同じジャンルのワゴンR(しかも初代/CT系)に比べシート位置が低く、左側なんてアンテナ付けないと全く見えない。狭い道あまり走りたくない。

    ホンダデザインの頑張りの悪いとこもあるわけで、ドアノブはいかん。普通のでいい。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)