『ホンダ インサイトEX 感想文』 ホンダ インサイト の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > ホンダ > インサイト > 口コミ・評価一覧 > ホンダ インサイトEX 感想文

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『ホンダ インサイトEX 感想文』の口コミ

  • ホンダ インサイトEX 感想文

    総合評価: 3.0

    投稿日:2019年1月20日

    投稿者:ノイマイヤー さん

    乗車形式:試乗

    メーカー・モデル:ホンダ インサイト
    グレード:EX(CVT_1.5) (2018年式)

    総評
    2018年12月に3代目インサイトがデビューした。初代は燃費世界No.1、2代目は189万円で買えるHVというコンセプトだったが今回は「シンプルで時代に流されない、本質的な魅力を備えたクルマ」という堅実な路線を選択した。

    ボディサイズは4675mm×1820mm×1410mm、ホイールベースは2700mmとP/Fを共有するシビックよりも155mm長く、20mm幅広く、25mm低く、ホイールベースは同一だ。

    シビックをベースに上質な内外装を持ったセダンとして見れば、現代のコンチェルト、ドマーニ、インテグラSJとでも思っていけば良いだろう。ホンダは中国ではクライダーという1.8L級の中級セダンを持っており、シビック+αのセダンを作りたくなるのだろうか。

    いずれにしても5枠フルサイズのグレイス、明らかな北米サイズのアコードの中間に位置するちょうど良いサイズのセダンがインサイトである。

    他社に目を向けると、トヨタのプリウスよりも上級を狙いつつカムリより小さい。近いポジションのSAIは生産中止になったため、セダンとしては競合車が不在の良いポジションを見つけたらしい。

    簡易見積もりを取ってみてもプリウスの中では上級のAグレードにナビ、ETC、ナビレディPKG、マット、マッドガードをつけた総額で比較すると、LXグレードでも価格差が15万円安いだけ。プリウスと較べればインサイトの方がセダン的で静粛性も高く心が揺れ動く人も居るかもしれない。一方、カムリGと比較しても総額400万円を超えてくる。

    インサイトはトヨタハイブリッドの隙間を付く商品企画でもある。

    グレードは下からLX、EX、EXブラックスタイルの3グレード展開。
    LX(税抜302万円/税込326.1万円)でもホンダセンシングや16インチアルミ、8インチインターナビ、ETC2.0やシートヒーターが備わる。

    EX(税抜324万円/税込349.9万円)ではブラインドスポットインフォメーション、、合皮シート、前席パワーシート、オートワイパー、Rrスポイラー、17インチアルミが備わる。

    EXブラックスタイル(税抜336万円/税込362.8万円)では専用の黒メッキ外装、アルミ色換え、黒内装(本革/スエード調)が備わりクールなイメージが強化される。

    インサイトのコンセプト的にはEX程度の装備は求めたいと感じた。
    EX(349.9万円)にカーペット(4.7万円)、マッドガード(1.9万円)、ドラレコ(2.1万円)、ナンバーフレーム(0.9万円)合計11.5万円と諸費用10.3万円となり、あわせて361.5万円となった。

    ボディカラーは黒がカッコ良いなと思いつつ、厳つくなりすぎるので少し外してコズミックブルーを推す。

    営業マン曰く、「インサイトを見に来るのは独身の車好きの男性で家族連れは見向きもしませんよ」との事だが、燃費命で実用性度外視の初代、価格命で我慢が強いられた2代目と較べると3代目は買っても後悔しなさそうな所まで仕上がった印象だ。

    問題はこの金額の車を狙う人は輸入車も競合するかもしれないと言う点だ。その意味では独自のi-MMDハイブリッドの走りが刺さるかどうかで決まるだろう。個人的にはこのハイブリッドのよさは感じつつもシビック全部乗せ+60万強という価格は
    シビックの走りも小気味良いだけにちょっとハードルが高いようにも感じる。プリウスはちょっと、という感じで上級ハイブリッド車をターゲットにする人にとってはインサイトがちょうど良いところに位置していると感じる。

    CR-Vもそうだが、近年のホンダは価格が高めで販売目標が少ない。N BOX独走の裏で収益が確保できる高価格車のラインナップが充実しているが市場で受け入れられるかを見守りたい。
    満足している点
    1.ちょうど良い動力性能
    2.ライバルの隙を付いたポジショニング
    3.セダンらしい上質な乗り心地・静粛性

    常々過剰と感じていた2.0L×i-MMDの組合せではなく、1.5Lエンジンが組み合わせられて必要充分な動力性能と電動走行、低燃費がバランスしている。

    インサイトは各車のHV車の隙間を埋める絶妙なポジショニングを選んだ。2代目で競合に真っ向勝負を挑んで大敗したため今回は競合しないいいポジショニングを選んだ。

    ハッチバックでは得られない静粛性、ミニバンでは味わえないしっかりした走りが楽しめる。セダンの良さが広く伝わると良いのだが。
    不満な点
    1.漂うコンチェルト・ドマーニ感と価格のバランス
    2.トランクリッド開口部の狭さ
    3.Rrドアのオープニング由来の後席乗降性

    価格帯としてはシビック+60万なのだが、HVのアドバンテージを除けばシビックでも大丈夫なのではないかと思えてしまう点も気になる。

    流麗なセミファストバックゆえトランクリッドの長さが短く開口部が小さいこととRrドア乗降性が少々気になる。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする