現在位置: > > > > > 今から1~2年後に車中泊がとてもしやすい車(シ...

『今から1~2年後に車中泊がとてもしやすい車(シ...』:ホンダ フリードスパイク

解決済み今から1~2年後に車中泊がとてもしやすい車(シートアレンジにより完全なフルフラット=平坦になり寝やすい車)は出ますでしょうか?出来れば200cm位の長さが欲しいです。

今から1~2年後に車中泊がとてもしやすい車(シートアレンジにより完全なフルフラット=平坦になり寝やすい車)は出ますでしょうか?出来れば200cm位の長さが欲しいです。現在ホンダのフリードスパイクが車中泊に適している車の代表ですが、今後ハイブリッド車でそういった車は出てきますか?
プリウスワゴン(プリウスα)やフィットベースのワゴンというのは雑誌で見たことがありますが、具体的な車内寸法サイズがわかりません。

詳しい方がいらっしゃれば色んな情報お待ちしています。よろしくお願いします。

補足
立体駐車場に入るサイズであれば嬉しいです!

個人的にはオデッセイハイブリッドやレガシィツーリングワゴンで今よりシートアレンジが進化し、よりフラットに近づいてくれればと期待しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

<安くミニバンをほぼ完全なフルフラットにするやり方>

私は年に数度の車中泊が目的でミニバンを2年前に買いました。

値段で旧型セレナ後期型にしました。後ろ2列をフラットにして、敷布団の下に引くマットを、シートのへこんだところに合うように折りたたんでひいて高さ調整します。
マットは私は1枚でやってますが2枚使ったほうがよりフラットになります。

この上に布団しいてもでこぼこするので、コンパネを長さをあわせてカットし(3列目の座面まで)、運びやすいように縦に三分割してひいて、その上に敷布団を引きます。力があれば三分割しない方がよりフラットに成ります。幅はコンパネ1枚と三分の一ぐらい。
一番高い3列目の背もたれの所に高さをあわせます。3列目の背もたれにはマットもコンパネもしきません。

完全なフルフラットといっていいほどにります。この方法はセレナと似たようなシートアレンジであればどの車でも使えます。

大事なのはシートの下の荷物隠すスペースです。
質問の趣旨から外れますが参考になれば幸いです。

回答一覧

7件中1~7件を表示

  • ホンダのフィットワゴン(仮の名前)が来年2月か3月にハイブリッドとして発表予定です。1500cc+ハイブリッドだったかな?
    フルフラットになるか、200cmの長さあるかどうかは現在の所わかりませんが、エアウェイブの後継車種となるとかなり希望が持てます。気にされている立体駐車場に入る可能性も大だと思いますよ。
    ちなみにフリード、フリードスパイクのハイブリッドもそんなに遠くない(2011年)話だそうです。
    ホンダ営業マンからの話だそうです。

  • シートのでこぼこよりも布団を敷いて寝たほうがいいので
    バンタイプが狙い目です

  • 車中泊を考慮して車を選ぶ人は稀な人です。1%にはとても届かないでしょう。そんな開発をするとは思えません。
    犠牲も多くなります。貴兄も書かれているフリードスパイクですが、乗り心地の悪いホンダの中でも
    更に乗り心地の悪い車だと思います。

  • 完全に、フルフラットに成らない車でも、オプションでスリーピングマットが有ればフルフラットに成ります。
    もう生産終了したイプサムには、オプションでシート背面のギャップを埋めるスリーピングマットが有りました。
    イプサム自体は長さ200cmは、確保出来なかったと思いますが、現在発売されている車でオプションも確認された方が良いと思います。
    イプサムのスリーピングマット自体は折りたためない欠点が有りました。
    シートを倒して引いたら、そのまま引きっぱなし。それを聞いて私は引きました。

  • 一般的にシートのフルフラットが多いですが、これは凸凹が大きすぎて、つめ物をしても寝心地が悪いです。

    後席部の荷室がフルフラットになって2メートルの長さが確保されるのはフリードスパイクのみです。

    初期のフリードの2列シートタイプは後席を持ち上げて畳む形式で1.4mの奥行きで寝ることが出来ませんでした。
    その不満を私もですが、多くのユーザーからの希望の声を聞いて急遽後ろで寝ることが出来るフリードスパイクを追加発売しました。

    どのメーカーもそんな遊び心を理解した車創りをしません。

    特にトヨタではそんな考えも無いようですから、プリウスワゴンあたりではとても望めそうにありません。

    立体駐車場に入るワゴンタイプをお望みのようですが、実際にはフリードスパイクのように室内高がないと、起き上がったり座ったりする旅に頭を打ちそうですし、寝ていても圧迫感の問題もありそうです。

    更に車中泊でも荷物を脇に寄せたりするにも、高さは有効ですからワゴンタイプのいくら大きな車でも快適な車中泊は難しいかもしれません。

    車中泊はかなりブームで、そんな雑誌も出ていますが、まだまだマニアの範囲ですから、メーカーも本気にはならないと思います。

  • それこそ『フリードスパイクハイブリット』が計画されている模様。

    ただ、ほぼフルフラットになるだけならスズキの軽自動車パレットやワゴンR、究極ではアルトワークスに分割で簀の子と低反発マットを敷いても寝れます。2mは困難ですが、身長185cm位なら大丈夫です。

  • 誰もわからないんじゃないかな?発売予定が延期なったり中止なったり・・・このご時世は先がわかりません。

    希望のタイプですがいずれは出るでしょう。

7件中1~7件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

マイカー登録はこちら

中古車ホンダ フリードスパイクアクセスランキング
  1. 1位 1.5 G エアロ
    1.5 G エアロ
    378,000円(茨城)
  2. 2位
    1.5 G ジャストセレクション
    499,000円(大阪)
  3. 3位
    1.5 G エアロ
    198,000円(愛知)
  4. 4位
    1.5 C
    150,000円(岐阜)
  5. 5位
    1.5 G ジャストセレクション
    258,000円(愛知)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)