現在位置: > > > > > ホンダのフリードスパイクに夏頃、ハイブリッドが...

『ホンダのフリードスパイクに夏頃、ハイブリッドが...』:ホンダ フリードスパイク

解決済みホンダのフリードスパイクに夏頃、ハイブリッドが追加されるらしいですが、燃費は30km以上になりますでしょうか?また、フルフラットゾーンは現行ガソリン車同様に荷室長は2mを確保できるでしょうか?

ホンダのフリードスパイクに夏頃、ハイブリッドが追加されるらしいですが、燃費は30km以上になりますでしょうか?また、フルフラットゾーンは現行ガソリン車同様に荷室長は2mを確保できるでしょうか?あと、ボディーカラーですが、ブラックがないみたいですが、ハイブリッド車にはブラックカラーの登場はありますでしょうか?

もし、どうしてもブラックが良いとなれば別注で塗装(コーティング?)が可能なのでしょうか?
また、黒の塗装にしたとき、最近の技術では汚れが目立たないというか汚れがつきにくい塗装になっているのでしょうか?

知り合いがトヨタの黒いヴァンガードに乗ってますが、特別な塗装なのか屋根もない駐車場に置いてるにもかかわらず洗車等せずとも綺麗なまま乗れているそうです。 ホンダにもそのようなコーティング仕様はあるのでしょうか?

車に詳しくないため、わかりやすく教えていただけましたら嬉しいです。よろしくお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

30は厳しいと思いますよ。
フィットはガソリン車とハイブリット車の両方販売されていますが、燃費と車体価格差を考えるとどちらがお得とは言えない微妙な関係です。
それにホンダのハイブリットはどの車種でも簡単にハイブリット化できるかわりにプリウスには遠く及ばない簡易ハイブリットです。
正直ホンダのハイブリットにはあまり期待しないほうが良いかと思います。

ボディカラーは欲しい色がなければ全塗装することは可能です。品質重視で完全総剥離でやってもらえば100万前後で出来ると思います。塗装のムラやひび割れを気にしないなら10万円台でもできますよ。

洗車せずに綺麗というのは無理だと思います。家の中だって掃除しなければほこりだらけで汚れるでしょう?そとに放置して汚れない物なんて存在しないかと。
どんなに良いコーティングをしても最低水洗いくらい必要ですし、コーティングすると大抵メンテナンスキットが付いてきて定期的にメンテナンスしてやる必要があります。

回答一覧

5件中1~5件を表示

  • 燃費に関しては、ホンダはHV車#1の車を作る技術はあります(インサイト初代のように)。
    フリードのスタイルにした場合、燃費はやや落ちるでしょうけど、走行場面と運転者の能力で30K以上を楽しめることは多くあるでしょう(トリップメーターは一つリセットして下さい)。
    例えば、なだらか下りが続く道で40-50km/hのモーター走行。
    これなら比較的簡単にモーター走行を楽しめます。
    ポイントはアクセルをほんの少しだけ踏むこと。
    これは試乗程度ではまず無理でしょうね。
    習得には半年から1年は必要でしょう。

  • カタログ上では30越えますが、実走行では20程度でしょう。

    コーティングはガラス系やシリコン系がありますがディーラーで施工するよりは専門でやってる物のが質も値段もいいです。

    が何にせよ経年劣化するものですからオクでキットを安くかって1~2年に一度ご自身でやるのが効果もいいし値段も安いです。

    IMAが簡易ハイブリットという表現は理解しかねますが、プリウスのそれと比べれば構造が全く違いますから何ともいいかねます。

    IMAは独特な運転の慣れがありますからそれ覚えれば楽ですよ。

    当然ハイブリット性能だけ突き詰めたらプリウスに搭載のシステムのがいいですが事故して載せ換えなら大分値段が違いますよ。

  • 元々フリードスパイクの燃費はそれほど悪くありませんから、実用燃費の差と価格差を考えて選べばよいと思います。
    このサイズの車の全塗装は20万円から30万円くらいはかかるのでないでしようか、色は好みによりますが、フリードスパイクに黒は似合わないと思いますから、標準の中から選ぶ方が良いですし、何万円ものコーティングなどはせずに、たまにはワックスくらいを掛けて節約してお金を残しておく方が良いと思います。
    車は乗っているうちに当てたり当てられたりしますから、その都度ではなく何年かしてまとめて板金塗装で修理をすれば新車のようになります、いっそその時に好きな色に塗り替えるのも手かもしれません。

    高いコーティングでも板金塗装をすればやりなおしです。

  • ホンダのIMAというハイブリッドは簡易型ハイブリッドでトヨタのとは全く違います。エアコンも切れちゃいます。
    それに、びっくりするような、ましてや30も走るわけないハイブリッドカーですから、普通のがよいと思います。
    モーター乗せた分だけ重たくなるだけです。フィットも買うなら1.3の普通のがいいですからね。

    色がないのは残念ですが、もしもアウトドアで使うのでしたら、車は違いますがエクストレイルはどうでしょうか?
    スクラッチシールドといって、傷が日にあてると消えます。4WDで手頃な価格で買えますよ!

    また、トヨタに限らず、グラスコーティングというボディコーティングがあって、5万円くらい出せばできます。
    特に黒い車はした方がいいというか、しなきゃ駄目ですw

    ちなみに、洗車傷が消えるエクストレイルに使われているスクラッチシールドは日産車だけで標準です。

  • 車重にもよりますが30kmは狙ってくると思います。フィットベースならセンタータンクレイアウトでフィットでも荷室がフラットになったので、たぶん大丈夫でしょう。
    塗装色については、NISSANがスクラッチシールドという、携帯電話にも応用されているものがありますが、他で塗装できるかはわかりませんし、ホンダのは5年対応のウルトラコーティングをしましたが、スタンドでやっているグラスコーティングの方がいいかなと思います。塗装ムラや保証がどうなるかですね。しばらくぶりのホンダ車に乗っていますが、ハイブリッドでなくとも燃費いいですね。

5件中1~5件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

マイカー登録はこちら

中古車ホンダ フリードスパイクアクセスランキング
  1. 1位 1.5 G エアロ
    1.5 G エアロ
    378,000円(茨城)
  2. 2位
    1.5 G ジャストセレクション
    499,000円(大阪)
  3. 3位
    1.5 G エアロ
    198,000円(愛知)
  4. 4位
    1.5 C
    150,000円(岐阜)
  5. 5位
    1.5 G ジャストセレクション
    258,000円(愛知)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)