ホンダ フリードスパイクハイブリッド 「ヨメの車を勝手にレビュー」のユーザーレビュー

バクー バクーさん

ホンダ フリードスパイクハイブリッド

グレード:スパイクハイブリッド ジャストセレクション(CVT_1.5) 2012年式

乗車形式:家族所有

評価

4

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

ヨメの車を勝手にレビュー

2016.4.13

総評
販売台数的には非スパイクなフリードの方が多いんだろうけど、日常生活で使いやすいのはむしろスパイクなんじゃないかと思ってます。
3列目シートを使う頻度を考えれば、5人乗り+広々としたトランクの方が便利なのでは? このクラスの3列目はだいぶ狭いし。
ということで、3列シートのフリードを買おうと思っている人は一度スパイクも選択肢に入れてみてもいいんじゃないかと愚考。

結論としては、ヨメの車なのでヨメが満足してる時点でいい買い物だったと思ってます。
運転の楽しさとかを求める車じゃないし、実際そんなもん感じないんですが、それ以外の楽しさに溢れてる。秘密基地感というか、冒険感というか。
ドライブそのもが楽しいというよりは、目的地でのアクティビティ(キャンプだったり買い物だったりピクニックだったり)の楽しさを底上げしてくれる感じかな。
満足している点
・積載性
これ以上の積載性を求めると家庭のセカンドカーとしては厳しくなってしまう。
車中泊するときには、完全に近いくらいフラットになる床が非常にありがたい。この床面は荷物を積むにも非常に積みやすい。2列目をたたまなくても、十分な広さ。

・日常の使い勝手
主に使うのはヨメなので、使いやすいようです。
(乗り換えを考え始めた頃、車どんなのにしたいのって聞いたら、おっきいのって言ってたんです。ヨメの中ではフリードはおっきいらしいです。)
不満な点
・燃費
ハイブリッドじゃない同一グレードと比べて、40万円高いことを考えると、実燃費で20km/Lは上回っててほしいなぁ。。プリウスなんかと比べると簡易的なハイブリッドだし、車両の形を見てもそんなに燃費に有利ではないんだろうけど、心情的にね。

・助手席の狭さ
これは荷室を広くした反動じゃないかと思ってるんだけど、助手席が前後方向に狭い。他の車では足が組めるのに、この車では組めない。ダッシュボードが手前に出っ張った形をしていることも理由だと思われる。

・アイドリングストップはオフにできない&再始動時のもたつき
渋滞がちなときなんかはアイドリングストップしないで欲しいときがある。エンジン停止後5秒とかで再始動しても、燃費良くならないだろうし。
で、ブレーキを離すとエンジンがかかるわけですが、ブレーキを離してからすぐにアクセルを踏むとすごくギクシャクした発進になる。いやプリウスみたいにモーターだけで発進できる力はないのでしょうがないのかもしれないけど、すげー気になる。
初めてのアイドリングストップなんで他は知らないけど、普通のセルモーターを使ってエンジン再始動するタイプの車はもっと気になるんじゃないのかなぁ。

デザイン

-

走行性能

-

経済的で積載性能が高いことに魅力を感じて(+外観のヨメの好みで)購入。
ヨメの前車はパッソ1.3L。
動力性能的にはパッソと変わらないくらい。フリードの方が大きくて重いし、動力性能に重きを置いた車ではないので、可もなく不可もなくという感想。

走行性能についても、特に大きな不満はない。スポーティーさのかけらも感じないが、そこを求めて買ったわけでもないし。

ただ、斜め後方の視界が悪いので合流時にはとっても気を使う。通常モデルのフリードと違って、リアクォーターの部分がボディパネルなので。サイドミラーが小さく感じるせいもあって、斜め後ろが確認しにくい。

それ以外はおおむね扱いやすいクルマ。(ヨメも同じ感想)
乗り心地

-

なんというか、フツー。

とゆーか、私の中に乗り心地の良し悪しを判断するほどのデータベースがなく(高級車に乗りなれていないともいう)、重要度もさほど高くないので、乗り心地の機微を判別できない。

だから無理矢理レビューするなら「可もなく不可もなく」となってしまいますすいません。

自分の愛車エスクードと比べるなら、静粛性は普段そんなに変わらないが、回したときの音はフリードが断然ノイジー。乗り心地も街乗りなどの近距離移動では変わらなく感じるが、長距離移動の疲労の少なさはエスクードが上かな。乗り降りのしやすさやスライドドアの使い勝手で、実家のお年寄りには断然フリードが高評価。
積載性

-

このクラスの乗用車で望みうる最良の積載性。

2列目をたためばほぼ完全なフラットになり、180cmくらいまでの身長の大人が2人まっすぐに眠れるレベル。
自分の愛車エスクードよりも荷物が積めるので、雪などがない時期はキャンプにもフリードで行く。
燃費

-

街乗り(ヨメは郊外片道30kmの距離を通勤で使用)では18〜19km/Lくらい。エアコンを使う時期はここから−0.5〜1.0km/Lくらい落ちる。

高速では街乗りから−0.5〜1.0km/L程度落ちることが多い。

経験的に、ガソリンエンジン車ではエコランを心がければカタログ燃費を上回ることは十分に可能だが、この車でカタログ燃費(21.6km)を超えるのは私には至難。
片道150kmくらいの距離(地方の郊外)を一般道で往復した時に記録したのが約20km/Lで、これが最高だったと覚えている。高速でも80km以下の速度で淡々と走ればカタログ燃費を超えられそう。

もしフリードを買い換えるチャンスがあったらハイブリッドじゃないフリードスパイクを買うと思われる。燃費最優先で買った車じゃないけど、ハイブリッドだと気になるんですよね。燃費が命のハイブリッドで、燃費計の数字が悪化するのって精神衛生上良くないんですよ。
価格

-

故障経験
幸い、特に故障はありません。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

ホンダ フリードスパイクハイブリッド 新型・現行モデル