ホンダ フリード 専門家レビュー・評価一覧

マイカー登録
ホンダ フリード 新型・現行モデル
4 件中 1~4件を表示

※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 塩見 智
    塩見 智(著者の記事一覧
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    3
    走行性能
    5
    乗り心地
    3
    積載性
    4
    燃費
    4
    価格
    3

    e:HEVの採用でこの価格では最高の走りと燃費のバランスを獲得

    2024.6.24

    年式
    2024年6月〜モデル
    総評
    キャリーオーバーの車台に、先代よりも攻めたデザインとはっきり異なる2つの仕様を用意した。動力性能が大幅に進化し、パッケージ、使い勝手のいずれもブラッシュアップされている。手堅く売れそう。
    満足している点
    現状、最も洗練されたハイブリッドシステムといえるe:HEVがついに採用された点。先代よりも静かで力強い。
    不満な点
    エアーで2列シート5人乗りを選べない点は不満。早期の追加設定を希望。
    デザイン
    エアーはすっきりあっさりとしたデザインで万人受けを狙い、クロスターではクセ強デザインを採用し、両面で幅広い層の獲得を狙っている。

    続きを見る

  • まるも 亜希子
    まるも 亜希子(著者の記事一覧
    自動車ジャーナリスト
    評価

    5

    デザイン
    4
    走行性能
    5
    乗り心地
    4
    積載性
    5
    燃費
    4
    価格
    5

    小さくてもしっかりミニバンでコスパ最強

    2023.6.19

    年式
    2016年9月〜モデル
    総評
    全幅を1695mmに抑えた取り回しの良いボディサイズに、低床技術の広い室内、低いステップの両側スライドドア、多彩なシートアレンジがギュッと凝縮。5人乗りから7人乗りまであり、クロスオーバーSUVテイストのデザインを纏った「CROSSTAR」も選べて選択肢が豊富です。1.5Lのガソリンモデルは軽快でパワーも十分、コスパに優れるのが魅力的。コンパクトカーに3列シートを押し込んだのではなく、あくまで“小さなミニバン”として細部までこだわって造られているため、ファミリーユースでの満足度が高い1台です。
    満足している点
    2016年の登場から年数が経過しているとはいえ、今乗ってもしっかりと「ミニバン」の風格と、運転しやすさを両立している走行性能。コンパクトカーの延長として考えられているライバルとは違うキャラクターで、段差を乗り越える際などのボディのカタマリ感や、高速道路での安定感が優秀です。加えて、市街地での扱いやすさ、キビキビとした挙動も両立しているのがすごいところです。また、先進安全運転支援装備の「Honda SENSING」では、ACC作動中の加減速フィールを向上させ、追従走行からドライバーによる加速への移行時間が短縮し、より思い通りで気持ちのいい運転ができるようになっているので、ロングドライブ中のストレスも軽減されています。
    不満な点
    頭上も足元も大柄な人だとややタイトながら、それでもエマージェンシー用と割り切らずに普通に使える3列目シートは、ライバルに対してフリードの強みではありますが、サイドに跳ね上げて格納する操作がやや重くてアクションが多いことと、荷室の左右に出っ張りができ、上方向の空間が狭くなるのが残念。頻繁にシートアレンジをする人は事前に操作チェックすることをオススメします。
    デザイン
    ほかのミニバンが怖い顔か癒し系かに二極化している流れの中、ややどっちつかずの顔になっている印象はありますが、ホンダらしさでもあるフレンドリーさと、ゴテゴテしていないシンプルさは場所を選ばず、老若男女に好まれるデザインだと感じます。ハイブリッドとのデザインの差もほとんど見当たりません。ルーフレールやスキッドプレートなどでアウトドアテイストを纏ったCROSSTARは、もう少し振り切ってもよかったかもしれませんが、たとえば樹脂製のホイールアーチをつけると車幅が広がってしまい、取り回し性能に影響してしまうため、控えめになっているとのこと。あくまで実用性は犠牲にせず、あとはアフターパーツでユーザーが自分らしいフリードを作り上げる感覚にしていると感じます。

    続きを見る

  • 伊藤 梓
    伊藤 梓(著者の記事一覧
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    4
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    5
    燃費
    4
    価格
    4

    家族の「欲しい!」が詰まったクルマ

    2021.3.25

    年式
    2016年9月〜モデル
    総評
    特にファミリーユースを考えていて、クルマ用のスペースが限られているような所に住んでいる方にとっては、コンパクトミニバンのフリードは大活躍すると思う。積載性や利便性に関しては文句なし。愛車として愛着が湧くかどうかは少し疑問が残るが、デザインや走行性能も平均的にできているので、誰にでもおすすめしやすいモデルだということは間違いない。
    満足している点
    誰もが使いやすいパッケージングと利便性、さらにきちんとした走行性能と、すべてが上手くバランスされていると感じた。家族の日々の送り迎えや通勤、買い物に使うのも便利だし、アウトドアをするためにキャンプ道具を積み込むこともできるし、車中泊前提でクルマをカスタマイズしたりもできる。フリード一台で、できることがたくさん増えるような気がする。
    不満な点
    フリード以外にもフリード+があったり、2列があったり3列があったりと、自分の好きなように選べる選択肢の多さはいいのだが、明確な用途がない限りは、どれをどう選ぶか延々と悩みそう。それぞれの使い勝手のお手本などがもっとホームページなどで分かりやすく説明されていると選びやすいのかもしれない。
    デザイン
    近年のホンダ車のデザインコンセプトにならって、柔らかい表情になっているホンダ・フリード。お父さんやお母さんなど、家族が入れ替わりで運転するようなコンパクトミニバンなので、家族ユースをメインに考えると、誰にでも似合うフラットなデザインは好印象だ。

    続きを見る

  • 伊達 軍曹
    伊達 軍曹(著者の記事一覧
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    4
    走行性能
    4
    乗り心地
    3
    積載性
    4
    燃費
    4
    価格
    4

    相変わらず「ちょうどいい」ファミリーカー

    2021.2.22

    年式
    2016年9月〜モデル
    総評
    ACCが全車速対応ではない点については改善を求めたいですが、それ以外はサイズ感もデザインも走りも、そして燃費性能も、本当に「ちょうどいい」としか言いようのない車です。大きすぎないファミリーカーを比較的手頃な予算で探したい場合には、必ずチェックしてみるべき一台だと言えます。
    満足している点
    初代は「ちょうどいいホンダ」というキャッチフレーズを伴って登場したホンダ フリードは、2代目となった現行モデルもまさに「ちょうどよさ」が魅力となる車です。大家族や大荷物を載せる予定が特にないのであれば、この「ちょうどいいサイズとパワー」そして「ちょうどいい感じのシンプル系デザイン」は魅力的です。
    不満な点
    Honda Sensingが全車標準装備で、そこにACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)も含まれているのはいいのですが、全車速対応型ではなく「下限速度30km/L」という設定になっています。これだと高速道路の渋滞時には使えませんので、そこには不満を感じます。
    デザイン
    「ゆとりある車内空間とコンパクトさ」という相反する要素を上手にまとめたフォルムとデザインは、嫌味のない万人受けするもの。2019年10月のマイナーチェンジでフロントマスクはより洗練されたイメージに変わり、SUVスタイルの「CROSSTAR(クロスター)」も新設定。クロスターは外観がSUV風味になっているだけでなく、シートのステッチがオレンジの差し色になるなど、インテリアも標準モデルとはひと味違う仕立てになっています。

    続きを見る

1

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ユーザーレビューを投稿する

ユーザーレビューを投稿する

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示
10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!