現在位置: > > > > > (ホンダ)フリードですが、年間7,000-10,000キロ...

『(ホンダ)フリードですが、年間7,000-10,000キロ...』:ホンダ フリードハイブリッド

解決済み(ホンダ)フリードですが、年間7,000-10,000キロの走行では、普通のエンジンとハイブリッドではどちらがお勧めでしょう?

(ホンダ)フリードですが、年間7,000-10,000キロの走行では、普通のエンジンとハイブリッドではどちらがお勧めでしょう?

補足

それと、街乗り-高速を半々とすると、ハイブリッドと普通エンジンの燃費差はどのくらいありますか?

ベストアンサーに選ばれた回答

フリードスパイクの方ですがハイブリッドの方を買いました。
試乗してその静かさやパワフルでスムースな走りが気に入ったからです。

燃費の差は多分5K以内程度でハイブリッドでも17K程度走れば良いと思っていますが、

まだメーター上ですが、ガソリンタンク42リットルで、既に600K走っても残りの走行可能距離は150Kくらいを示しています。

価格差も40万円位あるように誤解しがちですが、ハイブリッド専用のメーター、遮音ガラス、エアロパーツやタイヤなどハイブリッドにすると自動的にグレードが上がりますから、ハイブリッド装置の実質の価格差は20万円程度のようです。

今なら補助金で10万円を貰えば僅か10万円の差と考えれば、ほんの数年で元が取れる可能性はあるかもしれません。

ハイブリッド無しでもエアロパーツやナビやスマートキーなどとオプションや装備で良い物を増やして行けば

かわらぬ値段になりそうですから、装備は最低限にしてもハイブリッドにする価値は十分ありそうです。

このクラスで1500ccではパワー不足と思われがちですが、実際に乗ってみてメーター上の表示切り替えて見ていると常にモーターとエンジンが微妙に入れ替わり見事にパワーアシストをしています。

高速になると殆どエンジンだけの走行にはなりますが、高回転ではフル荷重でも元々パワーに不足はありません。

上り坂で急加速をしたい時もSモードボタンを(知らない人も多いですが)利用すれば意外と走ります。

先日もスポーツカーと連なって走った時は流石について行けませんでしたが、おとなしく普通に走る限りはハイブリッドなら中高速も低速もパワーは十分だと思います。

高速では元々燃費の良いホンダのエンジンですから、半々の割合でも総合でもそれなりによい燃費は期待できるかもしれません。

ハイブリッドでもアイドリングストップでもスカイアクティブでも、燃費は少しは良くなってもいわゆる元を取るとの考えでは車は選べません。
その走りや静かさに・・・と総合的に考えると良いと思います。

フリードのハイブリッドはそれなりの価格はしますが、装備やシステムに遮音性能等仕上げなどの違いが有り、車の価値は大きさだけでは決まりません。

大きくてもセレナにすれば、それなりに燃費は落ちるし税金等の維持費も上がります。

回答一覧

8件中1~8件を表示

  • 何キロ走ってもガソリンが有利です。
    将来的な故障、パーツ交換のリスクを考えれば一生逆転しません。

    うちはガソリンですが、今トリップメータ2000キロちょいですが、メーター表示17.2kmです。
    最高で21km(180km走行)でたことあります。

    HVに乗るよりも、運転の仕方を変えた方がいいと思いますよ。

  • みんカラの投稿燃費でフリードの場合ガソリン車が平均でリッター12.55キロ

    ハイブリッドがリッター15.9キロです

    という事は10,000キロでガソリン代が23,498円の差です(140円/ℓで計算)

    10万キロで23万4980円のガソリン代の違いです

    「元を取り戻す」から考えると中々取れないようですが地球環境の為なら投資を惜しまないという心掛けが大事です

    私はそんな余裕ないですが・・・

  • ホンダのハイブリッドはその恩恵を受けられるのは低速だけです。急発進は得意ですが、加速が伸びません。
    燃費性能も元を取るまでには相当かかりますので、ハイブリッドを選択する意味がありません。
    ハイブリッドの値段で上のクラスのセレナが余裕で買えます。

  • ハイブリッド229.5万円 JC08モード21.6km/L
    GH 190万円 JC08モード16.6km/L
    この2グレード各6人乗りで比較した場合。
    車両価格差39.5万円÷レギュラーガソリン140円/L=2821.43L
    ハイブリッドで車両価格差をガソリンでペイするには、2821.43L以上のガソリンを消費した時からハイブリッドが得になります。
    358.56km走行すると、ハイブリッドが16.6L、GHが21.6Lのガソリンを消費します。
    358.56km走行で消費差は5Lですので、
    2821.43L÷5L×358.56km=202330.39km
    202330.39km以上走行すればよい事になります。
    年10000キロとすれば、20年後です。

  • ホンダのハイブリッドは街中で威力発揮ですが、高速はほとんど役立たずです。出だしをアシストするので、渋滞とかにはいいでしょう。でも買うならノーマルにしますね。ハイブリッドの恩恵が少なそうだからです。

  • フリードではありませんが、フィットハイブリッドに1年少し乗っています。

    私も年間7000kmくらいしか走らない方で、去年1年間も約7000kmしか走行しませんでしたが、トータルの燃費は21km/Lでした。

    この前に乗っていたフォレスターが燃費7km/Lと悪い車でしたので、3倍伸びた事になり経済的に助かっています。

    街乗りでは、概ね悪くて19~良くて23km/Lの燃費が出ます。

    高速では、概ね25~30km/Lの数値が出ます。

    少し前に150km走行して燃費計の数値が31km/L出ていました。

    フィットハイブリッドの10・15モード燃費が30km/Lで、通常この数値の65~70%位しか出ませんので、70%出たとして
    30×0.7=21km/L
    となりますので、ちょうど去年私が出した燃費と同じ数値になります。

    フリードハイブリッドの場合では、モード燃費が24km/Lですので、70%出たとして
    24×0.7=16.8km/L
    の燃費が上手く乗りこなせれば出ると期待できます。

    また、フリードのモード燃費は17km/Lですので、これも70%出たとして
    17×0.7=11.9km/L
    の燃費となります。

    フリードハイブリッドとフリードを比べてみても、トータルの燃費になりますが、5km/L違う事になります。

    たかが5km/Lと言えども、ちりも積もればで積み重なると大きな経済効果はあると思います。

    ハイブリッドで元を取る事は出来ないでしょうが、初めに初期投資した分、あとでガソリン代が少なく済むので、非常に楽です。

    私の場合、フォレスターの時には、月に2回計100リッター給油していたのが、今現在は、多くて月に1回30リッター、通常で2カ月に1回30リッター程度なので、いかに経済的なのか分かると思います。

    今年になってメーターもリセットしましたが、街乗り中心で1200km走行で現在の燃費は23.5km/L程です。

    初期投資の高さに目をつむれるのであれば、ハイブリッドの方がお勧めですね。

    いい車だと思います。

    長文失礼しました。

    ご参考に・・・

  • フリードはエンジンの設定に多少無理を感じます。ホンダのエンジンは良く回ります、高回転で出力を出すため
    特に低回転のトルクが少なめ、フリードはボディーサイズの問題もあり特に非力に感じます。
    ハイブリッドにして標準的・・・・フリードならハイブリッドを選ぶべきだと思います。
    損得で選べばハイブリッドで得する車は無いと思いますよ・・・タクシーなら別ですが。
    ホンダのシステムは、高速ではハイブリットの恩恵が極端に少なくなります。ホンダのハイブリットのモーターでは車は
    走りませんので、スタートや加速時にエンジンをサポートするシステムです。トヨタはモーターで走行できますので
    高速など巡航時にはモーターだけで走行することも有り高速でもハイブリットの恩恵を受けられます。
    ホンダのシステムは街乗りに合ったシステムですし、小型車の補助する大きさのモーターです。搭載車種も街乗りを
    前提とした車に限られており、高速が多いユーザーでは効果が少なくなってしまいます。
    でも、燃費が落ちるわけでは無いので フリードを選ぶなら最低ハイブリッド・・・これが良いと思います。
    (フリードは結構高額で・・・・2Lのミニバンとあまり変わらなくなるけどね・・・)

  • 損得勘定で判断するならば、ガソリンの小売価格によっても変わりますが年に1万5千km以上乗らないと元は取れないでしょう。
    モーターがアシストする事で上のクラスの動力性能が得られると思えば
    試算も変わりますので排気量だけでの比較って難しいですね。

8件中1~8件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

マイカー登録はこちら

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

中古車ホンダ フリードハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 1.5 ジャストセレクション
    1.5 ジャストセレクション
    1,590,000円(東京)
  2. 2位
    1.5 ジャストセレクション
    295,000円(埼玉)
  3. 3位
    1.5 ジャストセレクション
    797,000円(埼玉)
  4. 4位
    1.5 プレミアムエディション
    1,390,000円(石川)
  5. 5位
    1.5 ジャストセレクション
    680,000円(埼玉)

※2020年3月31日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)