現在位置: > > > > > ホンダのフリードスパイク(FF)に乗ってますが、...

『ホンダのフリードスパイク(FF)に乗ってますが、...』:ホンダ フリードハイブリッド

解決済みホンダのフリードスパイク(FF)に乗ってますが、四駆に買い替えを検討しています。 候補は、フォレスター、エクストレイル、CX-5、アウトランダーです。

ホンダのフリードスパイク(FF)に乗ってますが、四駆に買い替えを検討しています。
候補は、フォレスター、エクストレイル、CX-5、アウトランダーです。いま現在、ホンダのフリードスパイク(FF)に乗ってます。
用途としては、年間を通して登山、クライミング、冬にスノーボードです。若干、街乗りもあります。
フリードスパイクを買った理由は、ラゲッジルームから後部座席までがフルフラットになり、内装もアウトドア使用になっていたからです。このクラスでは車内空間の広さは上位じゃないかと思っています。

が、やはりこの季節は四駆にしとけばよかったと思うこと多々です。
車検の時期も重なり、四駆に買い替えを検討しています。

候補は、フォレスター、エクストレイル、CX-5、アウトランダーです。
FJクルーザーも候補に挙がったのですが、車内空間の狭さがネックになり取り下げました。
上記の車種は、自分の希望を組み込んで試算したところ、ほぼほぼ同一金額だったので、なおさら決めかねています。

正直、車の知識は皆無です。
フリードまでいかなくても、車内空間が広く、車中泊が苦にならない縦幅が叶うのはどの車種ですかね?
スノボなどはできたら、車内に収めておきたいです。外付けは考えていないです。
苦肉の策ですが、購入の際は全車ともサンルーフをオプションで付けて開放感を演出しようと思っています。
あと、偽善的ですが環境に配慮もしたいので、クリーンディーゼルなどハイブリッドカーもいいなぁと考えていますが、これはそこまで重要視していません。
まずは用途に見合うか、走りの安定感、安心感を優先したいです。

できましたら、それぞれの車種のオーナーのご意見をお伺いしたいです。

よろしくお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

使用目的を考慮すると、防水内装で水洗いが出来て、シートヒーターもあるエクストレイルがいいと思います。
アウトドアが好きな人にはエクストレイルは高い評価を受けています。
●4WDの性能では常に4輪駆動で走破性を高めるXモードを持つフォレスターがこの4台では別格です。
●アウトランダーのPHEVは値段が高過ぎるから辞めておいた方が無難です。
・クリーンディーゼルも長時間(車泊等)のアイドリングをすると煤が溜まって故障する場合があるそうです。
設計の新しい新世代ディーゼルのSKYACTIV-D(CX-5のエンジン)はかなり改善してると思いますけど、設計が古いエクストレイルのディーゼルは故障する場合があるみたいです。
●故障しなくても手動でDPF再生(普段は自動)を行う必要がある為、燃費が大きく悪化します。
・手動DPF再生は大渋滞に巻き込まれたり、長時間アイドリングをすると発生します。
私も詳細なことは知らないので、ディーラーで確認して下さい。低速走行や長時間アイドリングがクリーンディーゼルに良くないのは確実です。
●使用目的を考えるとエクストレイルが第一候補。
・舗装路での走行性能を優先するならSKYACTIVテクノロジーでシャシ性能やボディ剛性が高いCX-5(2500CCガソリン)がいいと思います。2000CCだと多少パワー不足です。
・パワーはあまり要らないならフォレスターのアイサイト(衝突防止装置)付きもオススメです。過信すると事故るから注意ですけど。
CX-5にもアイサイトの様な衝突防止装置がありますけど、性能はかなり劣ります。
●最後に雑誌記載の室内長を記載します。
エクストレイル 2555mm
フォレスター 2095mm
CX-5 1910mm
アウトランダー 1900mm

回答一覧

5件中1~5件を表示

  • リアシートを倒した場合の長さで一番余裕のある車はフォレスターですが新型は段差が付いてしまいました。
    平らで長さが確保さえているのはエクストレイルです。フリードスパイクとほぼ一緒です。
    アウトランダーのプラグインハイブリッドもいいけど高いよね。

  • 比較されている4車種は、広さという観点でいうと大差ないですね
    シートをリクライニングさせて寝る以外の方法で寝るならば、ミニバンか3ナンバーのワゴン位でないと厳しいですね
    AWDに特化するなら、フォレスターはこの中で一番オススメですね
    例え3輪にトラクションがかからなくても、1輪だけでもしっかりトラクションがかかればなんとか乗り切れますよΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
    最近はパートタイムAWD(僕は四駆もどきと読んでますが)が増えてきています。街乗りならそれで十分ですが、悪路や雪道だと話は別です。
    過去にスバルの四駆に乗っていましたが、10年使ったスタッドレスで一つも滑らずに雪の山道を登って行きましたよ 笑

  • 私も質問者さんと同じような使い方をしています。

    所有している車はデリカD:5とFJクルーザーです。

    FJはオフロードを走りに行く為の趣味車で、メインはデリカD:5です。

    デリカにはディーゼル車もあり、アウトランダー譲りの4駆性能で、ミニバンの中でもピカイチだと思います。

    私の場合、元々8人乗りなのですが、3列目シートを取り外して、自作のベッドを作っています。
    普段は5人乗り仕様です。

    車中泊はもちろん、キャンプや登山、スノボ用品など、積載能力も優れていますよ。

    もしアウトランダーを見に行かれる機会があれば、ついでにデリカも見てきてはいかがですか?

    ちなみに私もオプションでサンルーフ付けてますが、デリカのサンルーフは1列目、2列目、3列目、各シートの頭上に計3つ付いてるので開放感抜群です。
    特に3列目のサンルーフは車中泊時にちょっと空気を入れたい時に非常に重宝しています。

  • ご使用の条件で、やはり後ろに沢山の荷物を積んだり車中泊を出来る車はサイズが大きくなっても難しいようですし、四駆になればその分は重くなりますので走りも落ちますし、燃費も極端に悪くなります。

    現在ヴェゼルにハイブリッドの四駆タイプがあり良く売れているようですが、やはりフラット部の長さ不足で斜めに窮屈な姿勢で無いと車中泊は出来ないようです、しかも室内高がないと寝ていて起きる事も着替えも出来ません。

    フリードスパイクも来年あたりにモデルチェンジが予想されますから、おそらくその時はハイブリッドで4駆のタイプも用意されそうですから、この冬は何とか乗り切って、一年くらいは様子を見られるのも良いかもしれません。

    ハイブリッドはパワーも追加されますから、4駆で重くなってもそれなりに走り、更に低燃費でガソリン代も気にせず走り回れるかもしれません。

  • 私も質問者様と同じような用途で、現在カローラルミオンに乗っています。
    車内の広さはフォレスター、エクストレイル、CX-5、
    アウトランダーと大差ありません。
    エクストレイルはラゲッジ下の引き出しが無くなって、
    室内高さが低く改悪されましたし、
    フォレスターは後部座席を倒してもフラットにすら
    ならないように改悪されました。
    どの車種もとくに室内高さの面で、フリードスパイクには程遠く、
    かなり工夫しないと快適な車中泊は出来ません。

    次回私が狙っている車種はミニバンです。
    3列目シートを取って、ベッドキットを乗せ、
    下段から2列目座席足元にかけてスノーボードを積載し、
    上段に他荷物を置きつつ快適に車中泊をと考えています。
    候補はモデルチェンジするノア・ヴォクシーかデリカD5です。
    まだ妄想の段階ですが、ハイエースは考えてません。

5件中1~5件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

マイカー登録はこちら

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

中古車ホンダ フリードハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 1.5 ジャストセレクション
    1.5 ジャストセレクション
    587,000円(福岡)
  2. 2位
    1.5 ジャストセレクション
    630,000円(埼玉)
  3. 3位
    1.5 ジャストセレクション
    437,000円(静岡)
  4. 4位
    G ホンダセンシング 7人乗り
    2,760,000円(香川)
  5. 5位
    ハイブリッドGホンダセンシング
    2,399,000円(岡山)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)