現在位置: > > > > > ホンダのシャトルハイブリッドとかフリードのデザ...

『ホンダのシャトルハイブリッドとかフリードのデザ...』:ホンダ フリードハイブリッド

解決済みホンダのシャトルハイブリッドとかフリードのデザインって上品っていうか…なんか好き… 共感してくれる方いますか…?

ホンダのシャトルハイブリッドとかフリードのデザインって上品っていうか…なんか好き… 共感してくれる方いますか…?

ベストアンサーに選ばれた回答

同感ですね。(^^)/
シャトルのコンセプトが
「ホテルに乗り付けても恥ずかしくない車。」とのこと。
あえて、フィットの名前を外した理由も伺えます。
作りのいい車ですね。
フリードもグリルデザインが良くなりました。

回答一覧

1件中1件を表示

  • 本来車のデザインはイラストや絵などとは違い、実用性を優先した、必要から来るデザインが必要と思います。

    例えば3ナンバーサイズの幅広い車はそれだけでカッコ良く見えます。

    5ナンバー枠の小さな車ほどカッコ良く見せるのは難しく、一般的にはどうしても実用性を犠牲にしますが、ホンダは妥協せず、限られたサイズの中でも両立させる見事なデザインです。

    それを理解出来る人にはカッコ良く見えますし、一見の良さに拘る人にはださいデザインとしか見えません。


    ホンダ車の多くは外寸の中で室内空間の確保をした上でエンジンルームのスペースや外のデザインを決めますから、カッコ良さは言わば二の次です。

    コンパクトカーなのに実用性を無視して見た目のカッコ良さや可愛さに媚びるデザインの車も多いですが、仮にスポーツカーでもMM思想(マンマキシム・メカミニマム)を継承するホンダのデザインは見事です。

    シャトルはグレースと共にフィットの兄弟車ですが、デザイン当初から並行して開発はされていたようで、夫々が必要なパネルなどを共有しながらも、ワゴンの、セダンの味をシッカリと踏まえたデザインは素晴らしです。

    フィットで見れば全長が短い分は少し寸詰まり感があるのを後部を伸ばすだけで、見事にシャープでスマートな形にしています。

    シエンタのように前モデルとは似ても似つかないデザインではなく、
    フィットもフリードも当初はパッと見ると新型と区別つが分からないと言う人が居るほど元の形状を生かし、良く見ると全てにわたり工夫と進化をした新しいで残と気付く発展的な良いデザインです。

    ぱっと見の可愛さが無くても乗れば乗るほど、時が経てば経つほど味の分かるデザインは上品で格式もあると思います。

    娘夫婦がシャトルの赤色をに乗って大満足をしています。

    私のフリードスパイクハイブリッドはまだ前モデルです。

    黄色のフィットハイブリッドは家内がお気に入りで乗っています。

    もう一台私の趣味で買った平成3年製の黄色のビート君もお家の中で仲良く一緒に暮らしています。

    息子は嫁の趣味でシエンタですが・・(笑)

1件中1件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

マイカー登録はこちら

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

中古車ホンダ フリードハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 1.5 ジャストセレクション
    1.5 ジャストセレクション
    587,000円(福岡)
  2. 2位
    1.5 ジャストセレクション
    630,000円(埼玉)
  3. 3位
    1.5 ジャストセレクション
    437,000円(静岡)
  4. 4位
    G ホンダセンシング 7人乗り
    2,760,000円(香川)
  5. 5位
    ハイブリッドGホンダセンシング
    2,399,000円(岡山)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)