現在位置: > > > > > 車の購入について

『車の購入について』:ホンダ フリードハイブリッド

解決済み車の購入について

車の購入について車を買い換えることにしたのですが、車に詳しくなくてよくわからないので質問させていただきます。
家の車はずっとホンダなのでホンダのディーラーに行って話したり色々見てフィット、シャトル、フリード、ヴェゼルのハイブリッドのどれかにしようかなと思っていたのですが、ネットで調べているとハイブリッドの燃費は走り方で差が出るらしくハイブリッドではないものとほとんど変わらない場合もあると書いてあったので何にすればいいか分からなくなりました。
ホンダの人にはハイブリッドを勧められたのですがハイブリッドの方が得なのでしょうか?
またネットで調べているうちに他のメーカーの車も気になってきたので、ホンダではなくてもいいのでおすすめの車を教えてください。
予算は250万円くらいです。
よろしくお願いします。

補足
たくさんの回答ありがとうございます。
ホンダの評判はあまり良くないみたいですね。
気になったことがあってフィットとヴェゼルはリコールされてますけどシャトルとフリードはリコールされてないですよね。この4車種の中ならシャトルかフリードがいいのでしょうか?
発進不能も気になっていてこれはよく起こることなのですが? 1度フィットハイブリッドに試乗したことがあってその時は特に何もありませんでした。 1~2kmくらいしか走ってないのでそれだけで判断はできませんが。
ホンダ以外だとマツダ、スバル、日産のどれかがいいかなと思っています。
ハイブリッドにはこだわらないのでおすすめの車があれば教えてください。
予算は変わらず250万円くらいです。
よろしくお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

候補の車はどれも、ハイブリッドとそれ以外のエンジンを選べます。

まずは使い方や好みで何を選ぶかが先です。
コンパクトなフィット、荷物スペースを増やしてレジャーなどにも使えるシャトル。

高さを生かして有効なスペースがありスライドドアも便利な3列シートのフリードと更にその2列シートタイプのフリードスパイク。

フィットを一回り大きくしsuv的なモデルのヴェゼルになると思いますが、ヴェゼルは少し上クラスですから、250万円でハイブリッドは難しいと思います。

他の車種はどれもハイブリッドで総額が250万円以内で買えそうです。

フィットなら210万円程度で可能です。

ただフリードは今年の8月頃モデルチェンジが予定されて、その時点で最新のハイブリッドになりますから、新発売まで待つ事をお勧めします。

となるとフィットかシャトルですが、予算さえ許せばハイブリッドをお勧めします。

私も乗って3万㎞程度走っていますが、家内の燃費なんて気にしない運転で近距離ばかりの街のりで、最悪でも20㎞を割る事は無いので燃費は良いと思います。

それ以前の家内の運転では10㎞余りでしたから、ガソリン代は約半分になりました。

それでも、距離はそれほど走りませんから、最初から元を取るなんて机上の計算はしませんでした。

両車を試乗して比べれば分かりますが、モーター始動による静かでスムーズな走りとDCTと呼ばれる変速機の素晴らしさで腕の有る人のMTよりも軽快にパワフルに走れる楽しさと、そのような走りでも驚く程の静かさと燃費が悪化しないのも驚きです。

乗って居ない人ほど○㎞走らないと元が取れないなんて言いますが、静かさや走りの楽しみはお金に換算出来ませんから、そんなの関係ありません。

実際に所有し乗っている人は距離を走らなくても満足し、人にもお勧めすると思いますし、販売店でも勧めるのは当然の事です。

回答一覧

15件中1~10件を表示

2ページ [先頭前へ12次へ最後]

  • こう言ってはなんですが、その程度の知識であれば、ハイブリッド車を買ってもメリットを生かすことは難しいと思います。
    ディーラーは高い車の方が儲かりますから勧めますけどね。ほとんどの人は無駄に高い車を買わされているといえます。

  • まずはメーカーや車種は考えず、車を買うならどんな車が欲しいか考えてみてはどうでしょうか?
    例えば何色の車が良いとか、外装・内装はこんな風な車が良いとか、燃費が良い車が良いとか……。
    上記で上がっている車種を見ると普通車で考えていらっしゃるようですので、この時点で軽自動車は候補から外れますよね?
    予算は250万円と決まっているようですし、その予算内で収まる普通車で質問者さんが欲しいと思える要素を持っている車が候補になるのではないでしょうか?

    また250万円だとフィットでは上位グレードも購入できますが、ヴェルゼだと下位グレードしか購入できないと思います。
    試乗車は良いグレードのものが多いので、下位グレードを見ると「え…?」と思ってしまうかもしれません。

    どんなオプションを選ぶかによりますが、本体価格(カタログで値段が表記されているもの)+オプション(マットやカーナビなど)+諸経費(登録料など)すべて合わせて予算の250万円に納めないと買えませんので、本体価格が230万円以下にしないと予算オーバーになると思います。
    オプションは購入後にも後付できますので、お金が貯まったら少しずつ追加していくということであれば問題ないと思います。


    まずはネットで各メーカーの車種を見てみると良いと思います。
    私も去年質問者さんと同じぐらいの予算で新車を購入しましたが、それまでメーカーと車種が何となく分かるぐらいで全く詳しくありませんでした。
    自分で各メーカーのホームページを見たり、価格.comで色々調べたりして少しずつ詳しくなりました。
    個人的には候補の車が決まったら中古車販売のホームページがオススメです。
    各メーカーのホームページよりも写真が多く載ってますし色味などは実物に近いです。

  • まずホンダのハイブリッドは選択肢から外しましょう。

    現行フィットハイブリッドは欠陥を改修することをあきらめ、万が一事故が発生した場合にはユーザーに責任転嫁しようとしています。

    踏切や大きな交差点で進めなくなったとき、冷静に下記対応ができますか?
    http://customer.honda.co.jp/faq2/userqa.do?user=customer&faq=faq_auto&id=65219&parent=60071
    i-DCDの車で、発進時にアクセルを踏んでも車が一瞬進まないことがあったのですが。

    i-DCDの特性として、
    ケース1:ギヤの入れ直し
    基本はマニュアルトランスミッションなので、自動変速でも手動変速と同じように、ごくまれにギヤがかみ合わず入らない場合があります。その時は車が一瞬前に進まなくなりますが、ギヤチェンジを自動でやり直します。
    ケース2:不意なエンジンの始動
    ハイブリッドシステム用バッテリーの残量がきわめて少ない時、それまでタイヤを回すために使っていたモーターの力をエンジン始動に使うため、タイヤを回す駆動力が一瞬途切れます。
    その時は、エンジンが始動し駆動力がタイヤに伝わるまで、ひと呼吸待つようにしてください。
    いずれも一旦アクセルを戻し、ゆっくり踏み直して発進してください。

    一連のリコールの後も、問い合わせやクレームが絶えないので、掲載しています。
    現在も早わかりガイドなる小冊子に同内容を記載して店頭配布し、購入検討者や使用者に注意を呼び掛けています。レンタカー貸出時にも重要事項説明として同内容の説明を行っています。
    http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000569254/SortID=18880766/ImageID=2248433/
    稀に一瞬発進できなくなるケースが多発しているのは、レンタカー業者からも聞いてます。一所有者の個体で発生してなくても、市場で多発しているのは事実です。
    ミッションの保証修理(交換)件数も半端じゃありませんが、2回目の車検の後には恐怖の高額修理が待ってます。

    ホンダの品質は最悪ですよ。
    ガソリン車は火を吹いたりハンドルが効かなくなったりします。

    トヨタや日産などを視野に入れて検討することをお勧めします。

  • 自分はフィットハイブリッドと同じ予算でフィットRSを買いました

    『車は乗って楽しくなければ寂しい』が自分の基準です

    損得をメインに車を選ぶのも間違えではないとは思う

    でも
    乗り物好きとしては非常に寂しい判断基準ですね

  • 経済的理由でハイブリッドを選択すると言う馬鹿な考えは捨てた方が良い。ハイブリッドは省エネ技術であり
    省エネ技術はコストは掛かる。このガソリン価格で、元を取るのはタクシーや働く車ぐらいであり元は取れない。
    ホンダと言う会社を良く調べた方が良い。ネットが使えるのだから直ぐに調べられる。日本の自動車メーカーは円安の
    恩恵を受けて各社 記録的な黒字を出している。ホンダも80%は海外に販売しているのでその恩恵は他社より大きい。
    しかし、国内がひどい状況なので 黒字が出ない。クレームの処理と販売不振のダブルパンチで、唯一黒字が出ない会社。
    社長は首になり、役員の報酬カットなど 国交省からおしかりを受けた成れの果てである。品質管理は怪しいと
    社員自ら言う会社だがそれでも良ければホンダの車を買えばよい。

  • 年間1万㎞も走らないのであれば、HVなど要らないでしょうね。
    コストパフォーマンスが悪いですからね。

    フィットHVで乗り心地は良いのかも知れないが、フィットですからね。
    所詮知れています。

    シャトルは使い勝手が良いなあと感じます。

  • 試乗はされましたか?

    ホンダのハイブリッドは乗り心地はかなり良いです。これは試乗しなければ分からないと思います。

    同じ排気量のトヨタのハイブリッドと比べると、加速がかなり良いです。
    これは、変速機やエンジンのシステムの違いです。

    僕の母は、フィットに乗っているのですが、燃費は大体19.5km/lくらいです。

    なので、他メーカーのハイブリッドよりもホンダをおすすめします。

    あと、車種ですが、これは用途や家族構成や使う頻度によって変わるので、これはディーラーで相談した方がよいと思います。

    長文失礼しました。

  • ストップ・アンド・ゴーを繰り返すような、
    日本の街中を走るのが中心なら、
    HVの燃費の恩恵を受けることができます。

    ですが、高速道路を長距離走ることが多いと、
    モーターなんか使いませんから、HV車は
    重くて燃費の悪い車に成り下がります。


    走り方によって燃費はぜんぜん違います。


    それにプラスして。。。

    リッター36km走るHV車が10万キロ走るために
    消費するガソリンは2,777リッター

    リッター20km走る車が10万キロ走るために
    消費するガソリンは5,000リッター

    その差、2,223リッターとなります。

    リッター120円で計算すると、266,760円。

    燃費は16kmも違っても、燃料の価格差はこんなもんです。

    燃費だけがHVの魅力ではないとは思いますが、
    燃費の差で本体価格の差を埋めるのは困難に近いですね。

  • 同じ排気量で同じ重量であればハイブリッドにすればガソリン車より燃費は向上します。
    ただしおよそ13万キロ以上乗らないとほとんどの車はガソリン車と比べて元をとることができないと言われています。

    しかしどちらが得かと言われれば、それは人それぞれ価値観が違うのでなんとも言えません。
    EV走行中や停車中の静粛性が好きで購入するユーザーもたくさんいます。

    自分のこだわりはどこなのかによって選択する車種は大きく異なります。

    ちなみに私はシャトルハイブリッド所有者ですが、デザイン、静粛性、燃費、ラゲッジ容量が気に入り購入しました。今のところ不具合もなくとても気に入っています。

    250万ならシャトルや、アウトランダーphev中古(三菱は色々ありましたが)、アクセラディーゼルなどをおすすめします。

    参考になれば幸いです。

  • ヴェゼルHVのAWDに乗っています。
    フィット、シャトル、ヴェゼルのハイブリッドは全てi-DCDです。
    ホンダのハイブリッドは昔懐かしいMTスタイルの走りが魅力。
    ただ熟成されているはずが今も走行不能になるケースもあったり....
    http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n333593
    非常に難しい車ですが走行距離が少なければ黙認できるかな?

    ハイブリッドで元を取るには最低年2万km走らないと難しいです。
    ただしハイブリッドは静粛性やパワフルな走りも魅力!!
    走行距離とハイブリッドの魅力を合わせてご検討ください。

    ちなみにハイブリッドで迷う知人にはトヨタしか勧めません。
    トヨタのハイブリッドは滑らかでアクセル直のモーター加速が魅力。
    前はプリウスに乗っていたのでよく分かります。
    また完成度はホンダとは雲泥の差で極めて高く品質管理も徹底してます。
    アクア、オーリス、シエンタ、フィールダーなど
    予算は少しオーバーしますがハリアー、プリウスも
    車種も豊富でライフスタイルに応じて様々な車が選べますよ。

15件中1~10件を表示

2ページ [先頭前へ12次へ最後]

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

マイカー登録はこちら

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車ホンダ フリードハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 1.5 ジャストセレクション
    1.5 ジャストセレクション
    587,000円(福岡)
  2. 2位
    1.5 ジャストセレクション
    630,000円(埼玉)
  3. 3位
    1.5 ジャストセレクション
    437,000円(静岡)
  4. 4位
    G ホンダセンシング 7人乗り
    2,760,000円(香川)
  5. 5位
    ハイブリッドGホンダセンシング
    2,399,000円(岡山)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)