現在位置: > > > > > ホンダのハイブリッド車とトヨタのハイブリッド車...

『ホンダのハイブリッド車とトヨタのハイブリッド車...』:ホンダ フィットシャトル

解決済みホンダのハイブリッド車とトヨタのハイブリッド車はどちらが財布にエコ(燃費の事)だと思いますか??車種はプリウスとフィットシャトルでお願いします。

ホンダのハイブリッド車とトヨタのハイブリッド車はどちらが財布にエコ(燃費の事)だと思いますか??車種はプリウスとフィットシャトルでお願いします。ホンダとトヨタではハイブリッドの構造が違うみたいでモーターが主のトヨタの方が長く車を乗るのであれば得ですかねー?今はガソリン高いですからね。

補足
トヨタのハイブリッド車はホンダに比べて維持費は掛かりますか?

ベストアンサーに選ばれた回答

トヨタプリウスは、モーターで発進します、その後アクセルの踏み具合によってエンジンが始動します。
市街地の渋滞時は20km/h程度の時は、モーターが作動しますので、エンジンを使うことなく走る事が可能です。
ホンダフィットシャトルは、IMAエンジンで発進します、アクセルの踏み具合によってモーターがアシストします。
市街地の渋滞時は20km/h程度の時は、エンジンで走ります。
IMAエンジンは、停車時4気筒のうち1気筒だけが動いています。
燃費については、プリウスの方がモーターのアシストがあるので、燃費が良いと思います。

回答一覧

7件中1~7件を表示

  • 燃費はプリウスのほうが若干良いです。
    だけど車両本体価格はプリウスのほうが高いです。
    車両の価格差をガソリンを燃費の差で取り返すのはちょっと「長く」乗った程度では難しいですよ。
    じゃあフィットシャトルHVなら徳かというと…
    トータルで財布にエコ(この際ガソリンは二の次)を重視するならば、非ハイブリッドのフィットシャトルやカローラフィールダーの安いモデルのほうが大分お得です。

  • 燃費ということであればプリウスが一番省燃費です。
    購入の費用等全て含めると同じ位では無いでしょうか。
    でも、長距離乗るのであればプリウスがお得です。

    しかし、燃費だけで車を選ぶのでしょうか?

  • フィットシャトルのほうが安いのではないでしょうか?

    プリウスとフィットシャトルでは安全や快適装備、エンジン出力など大きな差があります。
    その辺への価値観を見出だせないならプリウスは高いと思います。

  • 結論から言うと、フィットシャトルハイブリッドとプリウスの維持費は対してかわりません。長距離を走って維持費にこだわるなら、今後発売されるカタログ燃費リッター44、実燃費でリッター30を目指し、1.5リッターエンジンで税金も安いプリウスcを待つべきです。

    E-燃費によるプリウスの実燃費統計はリッター21.66
    同じくフィットハイブリッドの実燃費統計は20.13です。
    フィットシャトルハイブリッドはカタログ値がフィットシャトルと同じなので、
    同じ燃費として、ガソリンを1リットル150円で計算すると

    プリウス
    ガソリン1リットル150÷21.66=1キロ走行のコスト6.925円
    フィット(シャトル)ハイブリッド
    ガソリン1リットル150÷20.13=1キロ走行のコスト7.451円

    1キロあたりのコスト差=7.451-6.925=0.526円
    1年1万キロ走るとして、差額は0.526×10000=5260円
    自動車税の差額(フィット34500円 プリウス39500円)を差し引きすると、
    5260-5000=260円

    年間1万キロ走行だと、ほとんど差がありません。それよりも走行が伸びる場合はプリウスが、短い場合はフィットハイブリッドが有利ですが、いずれも大した差にはなりません。

    ハイブリッドシステムは、トヨタ・ホンダ共5年間は保証があります。それ以降にHVバッテリーが寿命を迎えた場合、プリウスが15万前後、フィットと同じIMAシステムの初代インサイトやシビックハイブリッドは25~30万円を要求されます。個人的な見解では、初代初期型プリウスで問題点を出しつくし、初代後期プリウスから3代目プリウスまで製品改良しを世に送り続けHVバッテリーの長寿命を証明し続けてきたプリウスに対し、シビックシャトルハイブリッドに搭載されるIMAシステムのバッテリー寿命は平均して短く、修理費も高価な印象があります。

  • 維持費なんかより、目の前で払う新車の代金をよく考えなよ。
    ハイブリッドは財布にエコじゃないよ。

  • ホンダのIMAではトヨタのTHSには燃費ではまず勝てないです。アルミフレーム2シーターで極限まで軽量化し、特異な形状をした先代インサイトでやっと勝負できるレベルです。先代インサイトの車体にTHS積んだら40km/Lはあたりまえで50km/Lを狙えるでしょうね。

    ホンダは消耗品は普通のクルマといっしょです。普通のクルマ+モーター&バッテリーなので。
    プリウスはベルトレス、変速機無し、エンジン回転少ないので、通常のクルマとはメンテもちがいます。

    軽自動車はぶん回すから燃費は良くないしオイルは頻繁に換えないとダメ、車体は安いのかと言えばリッターカーと変わらない。せまいしパワーもないし航続距離も短い。狭いところに入れるのと高速代と税金が安いだけがメリットです。電気自動車が安くなったら消える運命でしょう。

  • 維持費気にするなら軽自動車で十分。

    ハイブリッドでもガソリン代が安くなるだけで消耗品は普通乗用車と変わらない。

7件中1~7件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

マイカー登録はこちら

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車ホンダ フィットシャトルアクセスランキング
  1. 1位 1.5 15C 4WD
    1.5 15C 4WD
    799,000円(三重)
  2. 2位
    1.5 15X Sパッケージ
    350,000円(千葉)
  3. 3位
    1.5 15C
    448,000円(福岡)
  4. 4位
    1.5 15X Sパッケージ
    180,000円(大阪)
  5. 5位
    1.5 15X ファインライン
    530,000円(埼玉)

※2020年4月1日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)