現在位置: > > > > > 車購入時の選択について。現在フィットシャトルガ...

『車購入時の選択について。現在フィットシャトルガ...』:ホンダ フィットシャトル

解決済み車購入時の選択について。現在フィットシャトルガソリン車4WD納車待ちですが、4WDを選択したことについて若干後悔をしてます。

車購入時の選択について。現在フィットシャトルガソリン車4WD納車待ちですが、4WDを選択したことについて若干後悔をしてます。納車近くキャンセルや変更はできないので考えるだけ無駄なのですが、質問させていただきます。
後悔というのは4WDがデュアルポンプ式である点、FF車に横滑り防止装置がついておりかなりの効果を期待できるという評価が多い点です。北海道に住んでおり、冬はスキー場などにもよく行きます。冬には4WDだろという固定概念から普通に4WDを選択しました。実際ホンダの4WDなら横滑り防止装置付FFの方が冬場のスタート時や埋まった時のパワー以外の安定性、安全性は上でしょうか?今更考えてもしょうがないのは分かっていますがご意見お願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

現在、VSA付きのFFオデッセイに乗っております。
その前は、4WDのステップワゴンでした。

今年の1月にシャーベット状の道でVSAが付いているのを過信して、オデッセイで結構なスピードでカーブに入ったら、
バランスを取られ危うくガードレールにぶつかりそうになりました。
対向車があれば、大事故でした。

ホンダの4WD(デュアルポンプ式)はあまり信用してなかったのですが、ステップワゴンのときは、そういうことがなかったように思います。
走っているときの安定性は、4WDの方が上だと個人的には思います。

こちらは、積雪地帯ではないので、今回FFにしましたが、北海道なら4WDが正解だと思います。

回答一覧

3件中1~3件を表示

  • 世の中には四駆にして後悔したという人より
    四駆にしなくって後悔したっていう人の方が数十倍多いと思います

  • FFでもシャトルにはVSAが搭載されており、横滑り制御以外にも加速時の前輪の空転を抑える機能(TCS)が搭載されています。
    このTCSがあればアクセルを踏んでも駆動輪が空転すると自動的にエンジン出力が抑えられます。
    このTCSの能力はかなり高く雪道になれない人が運転してもかなり走破できてしまいます。
    正直なところ普通に雪道を走るだけならFF+VSA+スタッドレスでもスタックする可能性はかなり低いでしょう。
    ただし・・・
    やはり4WDは2WDと比較して雪道や雨天走行時の安定度は高い能力を持っています。
    2WDでは「スタックはしないまでもどうにか走れる」という状況の道を4WDであれば「余裕を持って楽に走る」ことが出来ます。
    運転の「余裕【=安全】」を4WDにすることで買ったと思えば納得できるのではないでしょうか?

    あと金銭的にも今後車を売る時に4WDであればFFよりも間違いなく下取り価格は高いですし。
    色々意見はあると思いますが、4WDには2WDには無い余裕があるということは間違いありません。

    せっかくの新車購入です。
    そんなことで悩まず納車されたら何処に遊びに行くかなど楽しいことを考えましょうよ。

  • どうも、スキーが趣味の中学一年生です。

    4WDでもFFでもすべるもんは滑ります。

    4WDの場合、前輪が滑っても後輪で脱出できます、
    もちろんこの逆でも。
    FFは、前輪が埋まってしまったらもう脱出できません。

    横滑り防止でも、自分が注意して運転したら良い話です。

    それに、FFでスキーに行くなんて無謀のアホがすることです、
    脱出できなくなって他人の邪魔になるだけです。

    他人の事も考え、そして4WD、FFのメリット、デメリットを考えて
    購入するのをオススメしますが、もう納車近いですもんね。

    4WDですべるのが怖いのでしたら、性能の良いタイヤを履くことを
    オススメします。
    事故したくないのでしたら、安全性にお金をかけましょう。

3件中1~3件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

マイカー登録はこちら

強力洗浄&撥水効果 クリーン&リペル

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

中古車ホンダ フィットシャトルアクセスランキング
  1. 1位 1.5 15X Sパッケージ
    1.5 15X Sパッケージ
    570,000円(茨城)
  2. 2位
    1.5 15X Sパッケージ
    180,000円(大阪)
  3. 3位
    1.5 15C
    599,000円(大阪)
  4. 4位
    1.5 15X クールエディション
    559,000円(大阪)
  5. 5位
    1.5 15X 4WD
    760,000円(秋田)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)