現在位置: > > > > > なぜホンダはフィットハイブリッドを出したのです...

『なぜホンダはフィットハイブリッドを出したのです...』:ホンダ フィットハイブリッド

解決済みなぜホンダはフィットハイブリッドを出したのですか。 最初にインサイトを出して、その後にインサイトより安いフィットハイブリッドを出されたらインサイトの客がフィットハイブリッドに流れてしまうのでは。

なぜホンダはフィットハイブリッドを出したのですか。
最初にインサイトを出して、その後にインサイトより安いフィットハイブリッドを出されたらインサイトの客がフィットハイブリッドに流れてしまうのでは。そしてインサイトは売れなくなってしまいました。
他社の客を奪うためにフィットハイブリッドを出すのなら分かりますが。
ホンダ車の客をホンダ車で奪うような戦略てどうなのですか?

プリウスとの戦いに負けたインサイトにとどめを刺したのはフィットハイブリッドです。
僕はフィットハイブリッドをインサイトキラーと呼んでいます。

ホンダ車同士で同士討ちするようなホンダの経営てどうなっているのでかすか。

ベストアンサーに選ばれた回答

本来もっと後に出す予定だったんでしょうが……
大人気ないトヨタに本来250万円ぐらいを想定していた新型プリウスをインサイトに価格を合わされてしまいました。
おかげでプリウスは空前のヒットになりましたが、自社の他車種(クラウン・マークX・カローラ・オーリスなど)も売り上げ激減し、トヨタ自身も経営が悪化してしまいました。
結局どちらも幸せになりませんでしたね。
ホンダも変な挑発をするから……バイクのHY戦争で懲りなかったんですかね。
プリウスの猛攻で仕方なくフィットのハイブリッドを前倒しで発表せざるを得なかったんでしょう。
そうしないと株価急落して資金繰りに困ると。
その結果まだ高い売り上げを維持していたインサイトに被せる形でのフィットハイブリッド投入と相成ったと思います。
諸悪の根源はインサイトの売れ行きに気を良くし、トヨタを挑発する発言をした社長だと思いますよ。

回答一覧

10件中1~10件を表示

  • インサイトは昔からあったしね。
    シビックもそうだけど。

  • インサイトの全世界販売目標台数は20万台でバッテリーやモーターなどもそれに合わせて調達する予定でしたが、日本以外ではあまり売れませんでした。

    ですから、同じシステムを使ったハイブリッドを出さないと、大量購入による安い部品の調達が出来なくなり生産コストが上がってしまうという事情もあります。

    まぁ、ホンダがハイブリッド用部品を調達する部分はどうにかなっても、インサイトのハイブリッド用の部品以外を作ってる部品メーカーは悲惨ですけどね……。

  • じゃあフィットハイブリッドが出なければインサイトが売れていたのかというと、そうでもないでしょう。インサイトはシビックハイブリッドを食った形になりますが、もともとシビックハイブリッドは売れてません。歴史が繰り返しただけです。

    それに、ホンダの販売戦力は非常に上手いと思います。3代目プリウスが出る前にインサイトを出しましたが、その時にさんざん言われたのは「インサイトはホンダらしくスポーティ」でした。そして鬼の居ぬ間に減税・補助金の後押しと話題性も手伝ってかなり売れました。しかし、いざ出て見ると全然スポーティでも何でもなく、単に乗り心地が悪いものだということが次第に認識されるようになり、3代目プリウスの登場でインサイトの販売はガクッと落ち込みました。

    その後、全然スポーティじゃないじゃんか、スポーティなハイブリッドに期待してんだよ、という市場の声にこたえるかのように、CR-Zを発売し、これが当たりました。しかし、CR-Zはインサイト以上に後部座席が狭く、ファミリーカーとしては満足できないものです。そこでようやく売れ筋のフィットにハイブリッドを追加し、販売を伸ばすわけです。フィットなら話題性もありますし、かつてのカローラのようにフィット全体の売り上げも伸びます。

    トヨタはかなり多くのハイブリッドカーを販売しており、レクサスにいたってはIS以外のすべてにハイブリッドがラインナップされるというほどの充実ぶりですが、その一方で小型車にはまだありません(まあ初代プリウスは小型車でしたが)。一番小さいものでもプリウスです。ホンダはというと、シビックがなくなった今、ハイブリッドは小さいことが売りの車にしかありません。トヨタとは勝負を避けるかのように出して、初めのうちに販売台数を稼ぐ手法を取っているように見えます。それは見方を変えれば、トヨタには勝てないとホンダが思っているからでしょう。

    だからこそ、最初に出したインサイトを引き立て役にして後から出す車を売りさばく手法は、まさに商売上手といえると思います。インサイトからしてみれば、フィットよ、俺の屍を超えて行け、という感じでしょう。

  • 新型フィットは開発の段階からハイブリッドと両方を計画し準備していました、その為にハイブリッドの装置は上手く床下に収まるようになっています。

    しかしインサイトの発売を急ぐためにハイブリッドは一時お預けになりました。

    インサイトはプリウスと同様に、空力などを意識していますよ、って一目で分かるデザインでハイブリッド車のイメージ創りをするスペシャリティーカーです。
    最初からそれほど台数が売れる事も期待していませんし、あえて軽快でスポーティーなスタイルを優先するためには後席の高さも割り切って低くしました。

    インサイトは勿論プリウスでも2人乗りで後席は予備と考えるタイプの車ですが、プリウスは文句が出るのを恐れて背を高くしてデザインを打ち殺しています、その為に売り上げ台数は増えているかもしれませんが、お客の事を考えればプリウスをタクシーに使うのは好ましくありません。

    インサイトは実用性をある程度割り切ったスペシャリティーカーですから、少なくてもそれなりのユーザが居ます。

    何故かあれだけ販売台数の差があるのに、決してホンダ好きではない人も含めて知り合いでインサイトに乗っている人は何人も居ますが、新型のプリウスオーナーは殆ど居ない(見た事がない)のが・・・

    フィットハイブリッドはフィットの中の一つのバージョンと考え、フィットの実用性やスタイルなどで気に入り、そのうちのハイブリッドにするかどうかで、価格などを比べて迷う人も多いようです。

    CR-Zもインサイトもハイブリッド以外を選べませんから最初から高価なのも承知の上で買う人たちです。

    確かにフィット自体が元々燃費が良いですから、よほどの距離を走る人で無いと価格差は埋められませんが、それでもハイブリッド車で唯一まともに5人乗れて低価格で庶民の手が届く車であることは間違いありません。

    今後シビックのワゴンタイプやコンパクトミニバンなどでハイブリッドの間口を広げていくホンダの進む道は間違いと思いません。

    インサイトは元々の販売目標は上回っているようですから、ホンダの狙い通りかもしれません。

    販売台数の差だけで勝った負けたとの評価もどうかと思います。

    電気自動車でもトヨタがIQやLAV4を最初に開発するようですが、ホンダは実用性もあるフィットで実際に庶民の手の届きそうなEVを開発してるようです。

    出来の良いEVが出てくればハイブリッドの将来も不明です、今の時点では一番よさげなハイブリッド車の車種を増やしていくのは良いことだと思います。

  • いえいえ、ホンダは “商売” が上手くなりましたよ。

    「フィット・ハイブリッド」 は本来は1年前にを出す予定でした。
    しかし、当時はプリウスが人気があったので、
    「プリウスに似せれば高くても買う人居るのでは?」
    と考えて、外観をプリウスそっくりにして売り出したのが 「インサイト」 です。
    つまり 「プリウスのおこぼれ頂戴」 であり、長く売ることなど考えない、「一発屋」 です。

    そしてインサイトの販売も下火になり、エアコンが要らない季節になったので、本命である 「フィット・ハイブリッド」 を売りだしたワケです。
    インサイトと機関は同じで利便性は良く、30万円も安いのだから誰が見ても 「お得感」 があります。

    インサイトを買っちゃった人は、ちょっと可哀想ですけど、、、

    http://www.youtube.com/watch?v=g2nj2wMiY9k

    http://makiclub.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/5000km-f151.html

  • 確かに理解に苦しむところです。
    インサイトよりフィットハイブリッドのほうが価格も安く、若干燃費も良いようですし…。
    インサイトはシビックハイブリッドのような運命を辿るのでしょうかね。

    インサイトは実際は新聞紙上で騒がれているほどもともと売れず、販売店から中古車市場に横流ししている車がたくさんありました。そのしわ寄せで、インサイトの中古車市場価格は暴落気味です。

    気になるのはフィットハイブリッドも売れているのか?というところ。2か月待ちと言われている一方で、すでに中古車市場にも流れています。
    ガソリン車のフィットが出来が良いので、燃費向上のメリット以上にフィットとしては価格割高感があります。
    私の知人も結局はガソリン車のフィットを買いました。

    今年はマツダからリッター30キロのガソリン車も出てくる予定です。大丈夫なのでしょうか?

    ホンダのハイブリッド車はシビックハイブリッドを除くと安全装置を省略、OPにして売り出しています。見かけ上価格を安くするこういう姿勢もそろそろ改めるべきかなと思います。ヨーロッパモデルでは普通に標準装備されているわけですから。

    http://www.youtube.com/watch?v=mJjUmZKNtbs&feature=player_embedded

  • ホンダの経営戦略の事なので、一般公表されていないのであくまでも推測になりますが、

    インサイトだけでは事実上プリウスにボロ負けしています。
    インサイトでず~っと引っ張っていくよりも、インサイトで培った技術を既存車種へ転用し、ハイブリッドの車種を増やした方がビジネス的には良いという判断をしたのではないでしょうか。

    ホンダの採用しているパラレル方式はトヨタの採用したスプリット方式に比べて燃費としては今一歩劣りますが、ハイブリッド化するために必要なモーターを小さくする事で既存車種への転用が比較的簡単になっています。
    ハイブリッドの車種を増やしやすいため、1車種1車種の売り上げが少なくなったとしても、多車種でハイブリッドのグレードを用意しておくことで、客の選択肢は広がります。ハイブリッド全体の売り上げが上がれば良いという判断をしたのではないでしょうか。
    今現在の売り上げ好調なコンパクトカー市場にハイブリッドを投入したのは賢い選択と思います。

    すくなくとも、プリウスと同じ部品構成で、ヴィッツハイブリッドは作れない事は確かです。
    ヴィッツ用に新たにハイブリッドシステムを開発する必要があり、かなりのコストとなります。

  • インサイトは後ろの席の居住性を全く考えていません。
    フィットは多少考えてあります。

    どちらも出始めの人柱のような車です。
    購入するのは待ったほうがよいです。
    あまり売れていないのは、ハイブリッドにするメリットがないからでしょう。
    技術はあるけど、独りよがりなものもホンダの特徴です。

    信号待ちのたびにエアコンが切れるようじゃあ・・・・お客は離れますよ。

  • 世の中流れです。トヨタはプリウスだけがハイブリッドと思われがちですが。。。クラウン。エステマ.レクサス。ハイブリッドでてます
    。。。。。。。ビイッツもでますよ

  • ホンダはインサイトが売れようがフィットハイブリッドが売れようがどっちでもいいんですよ
    昔からけっこうだぶったラインナップをする会社ですしね
    インサイト自体がフィットをベースにしてますからフィットハイブリッドは開発費をかけずに安価に造れるのだと思いますよ
    外を変えるだけですから
    それにフィットハイブリッドはインサイトにとどめは刺してませんよ
    インサイトは最初は売れましたが、フィットハイブリッドは最初から売れてませんし
    発売時から死んでます

10件中1~10件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

マイカー登録はこちら

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

中古車ホンダ フィットハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 ハイブリッド・Sホンダセンシング
    ハイブリッド・Sホンダセンシング
    1,899,000円(静岡)
  2. 2位
    1.3
    120,000円(大阪)
  3. 3位
    1.3 スマートセレクション
    268,000円(福岡)
  4. 4位
    1.3 スマートセレクション
    120,000円(北海道)
  5. 5位
    1.3
    148,000円(東京)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)