現在位置: > > > > > 新車の購入を、トヨタアクアとホンダフィット(ハ...

『新車の購入を、トヨタアクアとホンダフィット(ハ...』:ホンダ フィットハイブリッド

解決済み新車の購入を、トヨタアクアとホンダフィット(ハイブリッド)のどちらにするか迷っています。各長所・短所をお教え下さい。(燃費は大差がないと思うので燃費以外でお願いします)

新車の購入を、トヨタアクアとホンダフィット(ハイブリッド)のどちらにするか迷っています。各長所・短所をお教え下さい。(燃費は大差がないと思うので燃費以外でお願いします)

ベストアンサーに選ばれた回答

個人的にはご質問の2台なら、FIT3ハイブリッドですね。

AQUAは、誰が運転しても燃費が良い車です。
ただ、燃費が良いという事は非力という事です。
そもそも走行に必要なエネルギーは燃費を燃焼させて得られますから、燃費向上で燃料を使わないなら得られるエネルギーは少ないのですから、非力なのが当然です。
燃費を争う事は、非力さを争う事にもなります。
低速域のエンジンの非力さは、ハイブリッドシステムのモーター駆動で補われる面はありますけど。
非力な故に、走りはかなりつまらない車です。
車を道具としてだけに使うのであれば最高なのかもしれませんけど。

FIT3ハイブリッドは、運転方法によって燃費が結構変わります。
アクティブに走ればそれなりのパワーを発揮してくれます。当然、燃費は大きく悪化しますけど。
パッケージングもこのサイズでは良く、室内空間もAQUAよりもかなり広くとられています。
ちょっと凝ったハイブリッド方式で、普通のパラレル型ハイブリッドシステムなら、エンジン=モーター=トランスミッションを直線的に配置するのですが、i-DCDはエンジン=トランスミッション=モーターという構成でトランスミッションへの入力を2系統に分離しています。
FFレイアウトで、エンジンルームにパワートレインを入れるための苦肉の策のようです。
エンジンは2速〜7速、モーターは1速,3速,5速,7速を受け持つというかなり変則的な制御となっています。
そのためか、多くのリコールで不具合を修正してきています。
極稀に、まだおかしな挙動が起こるようです。個人的には許容範囲かと思います。
気になるにであれば、避けた方が良いかもしれません。

(kayamakaw1005さんへ)

回答一覧

6件中1~6件を表示

  • Q:=<<新車の購入を、トヨタアクアとホンダフィット(ハイブリッド)
    ・・・のどちらにするか迷っています。各長所・短所をお教え下さい。
    ・(燃費は大差がないと思うので燃費以外でお願いします)>>>>>=Q
    -------------------------------------------------------------------------

    基本的に、HYBRID専用車種<アクア>と、
    ガソリン車と共有車種<フィット>を対抗馬にすること自体が誤り。


    あのね・・
    <<ホンダのhybrid>>と<<トヨタのhybrid>>を比較するなんて、
    そもそもが、とんでもない話だよ、その辺を詳しく知ってる人は、
    《なんちゃってHV》とか、
    《似非ぶりっど》と呼んでいるのを、知らないのですか??


    2014年度から採用している、
    《i-DCD》に関しては、リコールの回数が、
    一車種当たり軒並み6回以上、(それも同一内容)を繰り返し、
    挙句の果てには、国土交通省からの行政指導まで受けているんだよ。


    2015年度には、hybrid専用車種<インサイト/CRZ>からは、
    完全撤退を決めて、今は、ガソリン車と同じシャーシに、
    余分に重い**Hybridシステム**(似非ぶりっど)を積み込んでいるだけ。


    今年、2月に、
    <<トヨタがHYBRID車累計販売-1000万台突破>>!を宣言!
    その時点で、ホンダのhybrid<なん茶って>は、150万台-未到達。



    参考資料です。⇩
    ***********************************************
    2016(4月)~2017(3月)
    12ケ月の販売台数のデータを見れば、”一目瞭然”
    //////////////////////////////////////////////////////
    ***自販連 新車登録 集計 ベスト30傑***
    2016年年度・・4月~3月-----年間集計--(軽自動車は除く)
    ---------------------------------------------------

    順位.....通称名......ブランド名.......台数........前年比
    ..1....プリウス.......トヨタ.....225,066台....144.3⇒HV専用車種
    ..2......アクア........トヨタ.....155,566台......80.9⇒HV専用車種
    ..3......シエンタ.....トヨタ.....127,392台....140.8⇒HV比率65%
    ..4......ノート.........日産.......123,938台....129.9*e-POWERが78%
    ..5......フィット.....ホンダ.......98,923台......88.3.⇒HV比率38%
    ..6....ヴォクシー.....トヨタ......92,421台.....99.9
    ..7......セレナ.........日産.........90,369台....150.5
    ..8.....カローラ.......トヨタ......81,391台.......75.1⇒HV比率55%
    ..9....ヴィッツ.......トヨタ......78,634台.....105.5
    10....フリード.......ホンダ......75,384台.....201.1⇒HV比率39%
    11.....パッソ........トヨタ.......74,707台.....177.1
    12....ヴェゼル......ホンダ.......73,583台.....106.6⇒HV比率42%
    13.......ノア........トヨタ........55,061台....109.2
    14...ヴェルファイア..トヨタ...53,799台.....102.3
    15....デミオ.......マツダ........53,321台.......80.6.⇒CDV比率45%
    16..エクストレイル...日産......52,948台......84.7
    17...インプレッサ...スバル.....52,756台......127
    18....ハリアー.......トヨタ.....48,366台......93.4
    19..ステップワゴン.ホンダ.....48,110台......75.6
    20........ソリオ.......スズキ....47,795台.....116.9
    21....エスクァイア..トヨタ.....44,136台......79.1
    22.....C-HR.......トヨタ.....43,600台...(28-12)
    23....アルファード...トヨタ....39,243台......88.2
    24....シャトル.....ホンダ........38,367台......79.6
    25....クラウン.......トヨタ......36,483台......82.4
    26....ルーミー.....トヨタ.......30,058台...(28-11)
    27....アクセラ.....マツダ.......28,770台....122.6
    28....オデッセイ...ホンダ.......28,584台....155.3
    29......タンク.......トヨタ......27,537台...(28-11)
    30.......CX-5...マツダ......27,193台.....102.4

    --------------------------------------
    メーカー別 <普通車のみ・・軽は除く>
    ◆合計販売台数◆(Best30位の範囲)
    ===2016(4月)~2017(3月)=====

    ★トヨタ...1,213,460台...16車種

    ★日産........267,255台.....3車種

    ★ホンダ.....362,951台.....6車種

    ★マツダ....109,284台......3車種

    ★スバル.....52,756台.......1車種

    ★スズキ.....47,795台.......1車種

    <トヨタ以外5社合計は、840,041台>

    **********************************

  • フィットは楽しいですよ。
    あれ乗るとCVT車にはもう乗れない。

  • フィット3に乗ってます。

    特に燃費を重視するわけではないのなら、どちらを買ってもいいと思います。
    ドライブに買い物に、ちょっとしたプチ旅行に出かけるくらいの、使い勝手の良さはフィットだと思いますが。

  • その2車種は実用性がまるで違うので、クルマを利用するシーンを想定して選べばよいかと思います。

    アクア:基本2人乗りの街乗り車です。後席や荷室が狭く、高速性能もよくないので遠出にはあまり向きません。

    フィット:実用性はコンパクトカー最強と思います。後席や荷室が広く利便性も高いです。DIYやレジャーがお好きならこちらがおすすめ。

  • 後部座席や荷物のスペースの実用性はフィットの方がかなり有利です。アクアは空力性能を重視している(下手なスポーツカー並みらしい)ため後部座席は長身の方だと頭が当たります。ちなみにアクアは運転席も天井が低めで、180cm以上の方だとかなり窮屈に感じるでしょう。一方、リセールバリューはアクアの方が有利となります。

    ------
    また、都市部での通勤利用が主目的でない場合必ずしもハイブリッド車が良いとはいえません。欧米でハイブリッド車が普及しなかったのも利用のほとんどが一定速度での走行であるために意味をなさないからだと言われています。燃料価格の差で元を取る以前にモーター走行用のバッテリーが劣化して交換に数十万円かかることも考えると元は取れそうで取れません。

    特に高速道路の走行がほとんどの場合は
    ・パラレルハイブリッド方式(アクア・フィットハイブリッドなど)の場合モーター補助は期待できないため、ただのガソリン車同然になる。むしろ自重が重いために燃費が悪くなることも。
    ・シリーズハイブリッド方式(ノートe-powerなど)の場合高回転域での加速力が弱いため、走りにくさを感じる可能性あり
    という点から通常のガソリン車にするか通勤が片道50km以上の高速利用(短距離利用は有害になり得るため)でどうしてもランニングコスト重視なら保守コストが高いためほとんどうまみはないですがクリーンディーゼルを検討してください。田舎の一般道に関してはむしろ自重の軽い軽自動車なども有利です。

  • どちらも→モデル末期
    (¬_¬)じー

    ハイブリッド車」を狙っている?のでしょ
    新しい車=新しいHVシステム」の方が☆良いですよ
    (*゚▽゚)ノ
    今なら→ノートEパワー」でしょうね

    フィット」なら→ガソリンをオススメしますし
    d( ̄  ̄)
    古いアクア」は→そろそろ?新型だろ→新型待ち」をオススメします

6件中1~6件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

マイカー登録はこちら

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

中古車ホンダ フィットハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 1.3
    1.3
    148,000円(東京)
  2. 2位
    1.3 スマートセレクション
    498,000円(宮城)
  3. 3位
    ハイブリッド・Sパッケージ
    1,299,000円(福岡)
  4. 4位
    1.5 RS
    499,000円(埼玉)
  5. 5位
    1.3
    240,000円(福岡)

※2020年4月1日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)