現在位置: > > > > > 新型フィットハイブリッドの燃費は36㎞~40㎞!?

『新型フィットハイブリッドの燃費は36㎞~40㎞!?』:ホンダ フィットハイブリッド

解決済み新型フィットハイブリッドの燃費は36㎞~40㎞!?

新型フィットハイブリッドの燃費は36㎞~40㎞!?ヤバす!ヤバすですよ。
ホンダが本気出しましたよ!
詳しい情報はまだ極秘で、実車を見に行った店長すら分からないそうですが、メーカーからのお言葉は…
「アクアよりリッター1〜2km/ℓ上まる程度のレベルではありません。世界一です」
だそうです!!
((((;゚Д゚))))))
http://minkara.carview.co.jp/userid/1829671/blog/30590044/

36.5㎞じゃないんですか?

新型フィットは、ガソリン車でもある程度の内装の質感はありそうだし、値引きなくともお買得感がありそうです。

新型フィットは目立つコストカットはしていません。

ノートはHIDさえオプションから省いています。

ノートの後席中央ヘッドレストがない理由。
http://ameblo.jp/tennis-0073car/entry-11539450297.html

ドアミラーウインカーなし、HIDなし、後席中央ヘッドレストなし、フットレストむき出し、メダリストの外観的特徴がドアノブだけ、リアにメダリストエンブレムなしはコストカットです。

新型フィットの価格が150万円以下でオートエアコンが標準装備で、ノートが省いた装備が標準装備なら多くの消費者がフィットを買うのが予想されます。

補足
本日、新型フィットの記事が出てきました。

http://minkara.carview.co.jp/userid/440297/blog/30632639/

ノートのX-DIGS150万円と同じ価格で、

ドアミラーウインカー、フットレスト、後席中央ヘッドレスト、横滑り防止装置、オートエアコンが標準装備です。

オプションにLEDヘッドライトがあります。

ノートは大幅値引きしないと対抗できません。

商談でお客も新型フィットと競合させてきます。

ベストアンサーに選ばれた回答

To chairman2014さん

燃費の計測前にバッテリーをフル充電して、計測終了時にはバッテリーが空になっていてもOKの測定が許されていますから、ハイブリッドは電池の容量さえ増やせば幾らでもカタログ燃費は伸ばせますからね。
でもね、実用燃費では、PHVでなければ、そうは行きません。
実際、私の弟がプリウスに乗っていますけど、方fログ燃費は35.5km/lで実燃費は18km/l前後だそうです。
私は、某メーカーのコンパクトカーですが、カタログ燃費は、18.6km/lで、実燃費は14km/l前後です。
近くにすんでいますし、兄弟なので運転の癖も似ていますから、同じ車に乗れば大体同じような燃費でしたので、ハイブリッドのカタログ燃費がどれだけ信用できないか、よく判るデータですよね。

回答一覧

2件中1~2件を表示

  • 新型Fit hybridは、意欲的な開発・設計された車です。
    現行Fit hybridのIMAとは異なり、僅かなシステム追加で安易にハイブリッド化した事の反省から、全てを効率化することで燃費だけでなく運動性能の向上も行ったフルハイブリッド車として登場します。
    完全にトヨタを意識しています。

    トヨタのハイブリッドシステムは、シリーズ型に近いパラレル型ハイブリッドです。
    基本はモーター駆動とエンジンでの発電によるモーター駆動電力のアシストで、燃費を向上させています。
    モーター駆動で不足する出力を、エンジン出力で補います。
    ただ、発電機が小さいので、モーターの駆動電力が定格まで出せず、エンジンで補う必要がある程度必要となり燃費ではマイナス面があります。
    燃費勝負では、ホンダはAccord hybridを投入し、シリーズ型ハイブリッドとして燃費を極めています。
    新型Fit hybridでは、Accord hybridとは真逆の対抗を行います。
    まずは、パラレル型ハイブリッドの基本構造を素直に実現しています。
    これにより、エンジンが不得意な領域でのモーターによるアシストを行い、運動性能を強化します。
    変速機を利用することで、エンジンばかりではなくモーターも可変する回転数領域でトルクを増幅し、モーター性能以上のトルクを特に低速域で増加させます。
    その変速機にはDCTを採用し、伝達効率を向上させます。
    エンジン,モーター,変速機を効率的にマネージメントすることで、AQUAと同等の燃費を稼ぎ出しています。
    ただ、効率化はすべての走行状態で最大になるわけではありませんから、運動性能を引き出す程に燃費は悪くなります。
    AQUAよりも、運転に燃費が左右されるでしょう。
    新型Fit hybridも燃費を最優先にするなら、Accord hybridと同じi-MMDを採用し、途方もない燃費を出すでしょう。
    ただ、シリーズ型ハイブリッドは、従来のガソリン車のような走りのしさ、エンジンの加速感はありません。
    まずは、走って楽しい車を目指していると思います。
    燃費だけのトヨタと競争するにですから、車としてに価値を高めないとトヨタとの競争は勝てないでしょうから。

    (chairman2014さんへ)

  • で、質問は、何でしょうかね、、、!!

2件中1~2件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

マイカー登録はこちら

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

中古車ホンダ フィットハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 1.3
    1.3
    180,000円(福島)
  2. 2位
    1.3
    148,000円(東京)
  3. 3位
    1.3 10thアニバーサリー
    549,000円(千葉)
  4. 4位
    1.3
    140,000円(宮城)
  5. 5位
    1.3
    95,000円(埼玉)

※2020年3月29日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)