現在位置: > > > > > フィットハイブリッドのべダル操作に関する違和感...

『フィットハイブリッドのべダル操作に関する違和感...』:ホンダ フィットハイブリッド

解決済みフィットハイブリッドのべダル操作に関する違和感について 先日、友人とレンタカーでフィットハイブリッドを借りてドライブに行きました。自分は普段純エンジン車にしか乗らない身で、ハイブ

フィットハイブリッドのべダル操作に関する違和感について

先日、友人とレンタカーでフィットハイブリッドを借りてドライブに行きました。自分は普段純エンジン車にしか乗らない身で、ハイブリッドに乗るのはこれで2度目でした(初めて乗ったのはホンダディーラーでの新型シャトルの試乗)。

ハイブリッド車共通の癖なのか、それともフィットハイブリッド特有のものなのかは分からないのですが

・信号待ちからの発進で踏んでも全然加速しない
・その割にある程度スピードが乗っている状態で踏み込むと猛烈な加速をする
・停車状態でブレーキを離してからクリープ現象が起こるまでに明らかなラグがある
・ブレーキを少しでも踏み込むとガックンブレーキになる
・ブレーキペダルを戻しても制動力が落ちない

などなど、かなりの違和感を感じました。

今まで試乗やレンタカーも含めると、クリーンディーゼルやCVTも含めけっこうな種類の純エンジン車に乗ってきたと思いますが、どの車でもここまでの違和感は感じたことはありませんでした。

また、シャトルハイブリッドを試乗した際も、ここまでの違和感はなく、比較的普通に走れました。

これはフィットハイブリッド特有の癖なのでしょうか?それとも、ハイブリッド車共通の癖でシャトルは何かが違ったりするのでしょうか?

ハイブリッド車に詳しい方、教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

FIT3の発売時の車に乗っています。当初、いろんな不思議な動作や不具合が起き、ディーラに持ち込みました。その後、数回リコールがあり、極端におかしな動作はその都度の制御プログラムのバージョンアップで改善しましたが、確かに加速や減速やブレーキング動作はスムーズと言えません。
FIT3に積んだDCT(変速機)とエンジンの協調制御が大変複雑だったのだと思います。それが次第にこなれて来て、改良が施されています。

最近、マイナーチェンジしたFIT3ハイブリッド後期型に試乗しましたところ、こういう特異な動作(ぎくしゃくした感じ)は完全になくなり、改良され、走行音も静かになり、素晴らしく快適な車に仕上がっています。これなら全く問題はありません。最初からこういう車がFIT3として販売されていましたら、アクアに匹敵、またはそれ以上の人気車になったと思います。

来年はFIT4が販売されると聞いています。FIT4はアコードと同じ2モータ式になると聞いています。この方式は十分な実績があり、燃費も非常に良くなるようです。FIT4はFIT3の大失敗の二の足を踏まないことを期待しています。

回答一覧

3件中1~3件を表示

  • ブレーキペダルを戻しても制動力が落ちない

    回生エネルギーでのモーターの負荷によるブレーキみたいな現象
    軽くアクセルを踏みます

    ホンダの場合は
    ハイブリッドが2013年からが本格的なシステムになった
    当初は不具合が多かったから

  • ・信号待ちからの発進で踏んでも全然加速しない

    不具合のリコール対応で制御プログラムが修正となりましたが、稀に起こる現象のようです。
    レンタカーで数回FIT3ハイブリッドを借りましたが、2度程経験しました。
    少し待てば加速したので大きな問題ではないように思いますが、気になるとは思います。

    ・その割にある程度スピードが乗っている状態で踏み込むと猛烈な加速をする

    DCTの変速ロジックで低い変速段で加速するとかなりの加速となります。
    Sパッケージでパドルシフトがあれば強引に高い変速段へ上げられますが、アクセルワークで抑えるのが1番かと思います。

    ・停車状態でブレーキを離してからクリープ現象が起こるまでに明らかなラグがある

    これも不具合のリコール対応で制御プログラムが修正となっても稀に起こる現象です。
    そもそもDCTはMTを自動制御するものですから、クラッチの断続でクリーピングと同じ挙動を作り出しています。
    それをモーターで実現するために、DCTのクラッチ制御との間で協調制御する必要があります。
    DCTはドイツ シェフラー製に対してモーターはホンダ製なので、協調制御が十分にはできていないと思われます。

    ・ブレーキを少しでも踏み込むとガックンブレーキになる

    回生ブレーキと油圧ブレーキのバランス制御の特性です。
    停止直前は油圧ブレーキになりますが、回生発電量が急減するので油圧ブレーキを強め過ぎるのでしょう。
    ペダル操作でブレーキペダルを緩めれば、回避できます。
    そもそも、ガソリン車でもガックンブレーキになり易い車はありますから。
    油圧ブレーキが効く証拠でもあります。

    ・ブレーキペダルを戻しても制動力が落ちない

    これは経験していません。
    アクセルを踏んでもダメでしょうか?

    ハイブリッドモデルに限らず、車の特性は個々に異なります。
    確かに、FIT3 ハイブリッドは、稀におかしな挙動はあります。
    30km/h弱あたりで一定速度で走ると、微妙に加速と減速を交互に繰り返します。
    速度を少し変えるとこの挙動は消えますが、気にはなります。
    一種の癖と見ても良いかと思いますが、気になるなら購入候補から外すのが良いでしょう。

  • ガソリンエンジンのフィットに乗ってますが

    1、たしかに加速は昔から悪いですね
    2、それは追い越しや高速の合流するために割と活躍する場はあります。
    キックダウンさせる運転されるのですか?
    普通に乗ってる分にはさほどきにならないと思いますけど。
    3、ブレーキオフ→クリープするまでのラグ
    それは車種によって様々。NISSAN車はレスポンスが良すぎて、プライベートでホンダに乗ってるのでNISSAN車乗る時は注意を払ってます

    そのラグはつまり、ニュートラルの範囲が大きいかと。
    4、ブレーキの仕方はだいたいが油圧式なので車次第となると思います
    5、ハイブリッド故、ブレーキ中に充電してるので、制動力が落ちないのかも。


    早い話、エンジンかかんないわ、ハンドルきかない、空回りエンジンだとか、そんなポンコツ車でなければ、

    ぶっちゃけ車と『シンクロ』するしかないと思います。

3件中1~3件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

マイカー登録はこちら

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

中古車ホンダ フィットハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 ハイブリッド・Sホンダセンシング
    ハイブリッド・Sホンダセンシング
    1,899,000円(静岡)
  2. 2位
    1.3
    120,000円(大阪)
  3. 3位
    1.3 スマートセレクション
    268,000円(福岡)
  4. 4位
    1.3 スマートセレクション
    120,000円(北海道)
  5. 5位
    1.3
    148,000円(東京)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)