現在位置: > > > > > フィットハイブリッドが出た今インサイトの意味は...

『フィットハイブリッドが出た今インサイトの意味は...』:ホンダ フィットハイブリッド

解決済みフィットハイブリッドが出た今インサイトの意味はあるのでしょうか?どのように考えればいいのですか?その点、CR-Zはスポーツハイブリッドとしてキャラは保てますけど、インサイトはどうなるのでしょうか?

フィットハイブリッドが出た今インサイトの意味はあるのでしょうか?どのように考えればいいのですか?その点、CR-Zはスポーツハイブリッドとしてキャラは保てますけど、インサイトはどうなるのでしょうか?やはりホンダ初のハイブリッドの祖って感じのキャラを押していく感じでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

フィットハイブリッドが出たことで、インサイトは即死です。
販売を続けるのが謎と言うくらい売れなくなると思います。
CR-Zも既に死ぬ寸前です。
キャラはあっても需要が無いので。

回答一覧

7件中1~7件を表示

  • 車のデザインでフィットハイブリッドかインサイトかに別れるかと思います。一台の車ですべてを満たすなど無理なんでフィットハイブリッドがあったらインサイトは用なしとは思えません。どちらも違う個性を持ってると思えます。

  • インサイトは日本専用HVカーでは無いので、日本で売れなければ
    他所で、アジア・南米・中東・北欧などの新興国で売りますので
    ご心配なく!

  • ありませんね。
    非常に中途半端な車です。
    中途半端だから結局売れなくなりました。僕なら、インサイトを買うなら、プリウスか、CR-Zを買いますね。
    1500cc+IMAにする、と言った話も出てくるようです。

  • インサイトは一部改良のイヤーモデルが発売され、フィットより少し高級感をだしたみたいです。
    上級グレードのLSも15インチホイールに履き変えて、燃費を30Kmとしました。スポーツはCRZに任せ、フィットより少し上級の位置付けの存在になりますね。

  • 何のことはありません。
    ホンダのかつてのラインナップが
    そのまま現代風にアレンジされただけです。

    シビック・・・フィット

    インテグラ4ドア・・・インサイト

    CR-X・・・CR-Z

    お客はそれぞれ好みのボディスタイルを選べます。
    ちなみにVTECエンジン初搭載車はインテグラでした。
    ホンダハイブリッドとしてフィットは中心的役割を担うと思いますが
    インサイトはインサイトとして、少数派になるかもしれませんが、
    それを好む人に支持されていくことでしょう。

  • ビジネス用途なら基本はセダンだからインサイトの意味は十分ありますよ。

  • インサイトはマイナーチェンジでCR-Zの1.5リッターエンジンを積むそうです。

    まあ、ちょっと走れる4ドア・・・
    昔のCR-Xに対するシビックセダンって感じじゃないですか?

7件中1~7件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

マイカー登録はこちら

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

中古車ホンダ フィットハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 ハイブリッド・Sホンダセンシング
    ハイブリッド・Sホンダセンシング
    1,899,000円(静岡)
  2. 2位
    1.3
    120,000円(大阪)
  3. 3位
    1.3 スマートセレクション
    268,000円(福岡)
  4. 4位
    1.3 スマートセレクション
    120,000円(北海道)
  5. 5位
    1.3
    148,000円(東京)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)