現在位置: > > > > > 中古車のアクアを買おうと思っていたら、フィット...

『中古車のアクアを買おうと思っていたら、フィット...』:ホンダ フィットハイブリッド

解決済み中古車のアクアを買おうと思っていたら、フィットやノートeパワーの方が後部座席が実用的に使えるよ!と知人が教えてくれました。

中古車のアクアを買おうと思っていたら、フィットやノートeパワーの方が後部座席が実用的に使えるよ!と知人が教えてくれました。調べてみるとノートeパワーは良さそうでしてが、予算オーバーで購入出来そうにありません。
フィットはホンダのハイブリッドはトヨタと違く、エセハイブリッドだと昔きいたことがあるのてすが、フィットもトヨタにかなり劣るハイブリッド方式のままなのでしようか?

ベストアンサーに選ばれた回答

パッケージングはホンダや日産の方が優秀です。
トヨタは低コストで仕上げるのに長けていますけど。

FIT2ハイブリッドとFIT3ハイブリッドではハイブリッド方式が全く違います。
FIT2ハイブリッドは古いIMAというシステムで、エンジンのフライホイールを駆動モーターに置き換えてエンジンを補助する簡易なシステムでした。
IMA方式でハイブリッド競争に完敗したホンダは新規開発してFIT3ハイブリッドにはi-DCDというパラレル型ハイブリッドシステムを搭載しました。
本格的なハイブリッドシステムです。

トヨタのハイブリッドシステムは、ハイブリッド技術としては独自の亜流です。
ハイブリッドの構成は、エンジン・モーター・トランスミッションを切り替え制御するパラレル型と、エンジンは発電に徹してモーター駆動するシリーズ型が基本です。
この基本構成を取らずに、プラネタリーギヤの動力伝達分配特性を使ったのがトヨタのハイブリッド方式です。
基本原理は、ポルシェがカレラ4での4輪トルク分配に使用したのが先です。
その構成を流用したハイブリッドシステムです。
初代発売当時の制御技術では、エンジン・モーター・トランスミッションの高度な断続制御が難しかったために、プラネタリーギヤの動力伝達分配特性を利用してサンギヤ側の負荷制御だけで、エンジンの直接駆動力と発電した電力でのモーター駆動力のバランスを行う事で対応したものです。
当時の技術でハイブリッドシステムを実現したのが偉大ですが、現在のコンピュータ制御技術では特別に有益なシステムではありません。

回答一覧

6件中1~6件を表示

  • 優劣で考えればトヨタより遥かに劣るという理解でOKです。

    フィットのハイブリッドですが実はなんとまだ課題が残っています。
    緩やかな上り坂にある交差点で試乗してみてください。
    徐行して安全確認後にアクセルON・・するとアクセル無反応が頻発!!
    数回試せば確実に体験できるので是非試してみて下さい。
    他にも加速不良などあり癖が強く難しい車です。
    走りを気にせず室内空間だけ気になる人には悪くない車ですが....

    とにかくホンダのハイブリッドはかなり出来が悪いです。
    ホンダもそのことは自覚していますね。
    市場の評価も低いことから来年度中に別機構に変更予定。
    今、ホンダのハイブリッドを選ぶ理由はないかと思います。

  • いまだにDCT変速機の欠陥を克服出来ずに廃盤になるシステムです
    ホンダは次期ハイブリッドにトヨタと同じ2モーターを搭載する事を表明していますね

  • エンジン主体かモーター主体かの差であってホンダが劣ってるわけではないです。
    フィットは来年あたりモデルチェンジが予想されます。
    その後なら価格も下がるかと。
    トヨタだってプリウスは最新式のハイブリッドですがアクアなどは旧式のハイブリッドのまま売ってます。
    余計なお世話ですが年間どれくらいの距離を乗りますか?
    ハイブリッドなら当然ガソリン車より値段は高いのが当たり前なので
    ガソリン差額でペイするのは大変ですよ。
    ざっくりハイブリッドが20万円高いとすればもととるまでに6-7万キロです。

  • 乗り込めばすぐわかるけどフィットのハイブリッドはアクセル無反応やもたつきアリアリですよ。エセとは言わぬが酷いシロモノ。パワーと後部座席の広さがあってもこれではね。

  • フィットハイブリッドの加速はセルジオとほぼ同じ
    0-100㎞/h 7.8秒。アクアとはケタ違い。

  • トヨタと考え方が違うけど
    ハイブリッド。
    トヨタの構造以外認めない人は別として、ニセではない。
    室内空間は間違いなくフィットの方が上。

6件中1~6件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

マイカー登録はこちら

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車ホンダ フィットハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 ハイブリッド・Sホンダセンシング
    ハイブリッド・Sホンダセンシング
    1,899,000円(静岡)
  2. 2位
    1.3
    120,000円(大阪)
  3. 3位
    1.3 スマートセレクション
    268,000円(福岡)
  4. 4位
    1.3 スマートセレクション
    120,000円(北海道)
  5. 5位
    1.3
    148,000円(東京)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)