『冷めないドキドキが帰ってきた』 ホンダ エレメント の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > ホンダ > エレメント > 口コミ・評価一覧 > 冷めないドキドキが帰ってきた

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『冷めないドキドキが帰ってきた』の口コミ

  • 冷めないドキドキが帰ってきた

    総合評価: 5.0

    投稿日:2019年4月28日

    投稿者:★M0N0 さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:ホンダ エレメント
    グレード:エレメント_4WD(AT_2.4) (2003年式)

    総評
    燃費や利便性を考える、一般的な需要へのクルマとしてはお勧めとは言えません。

    燃費が悪く、リアドアの開き方に戸惑い、4速オートマで、年式も古く、見た目ほどの圧倒的走破性も無くて、購入の候補に挙がっても外される理由が出やすいクルマだと思います。個性?まてまて、エクストレイルやハリアーにしとけば無難じゃん?的な。

    でも、ジープ的なスクエア感、独特のツートンデザイン、広大な居住積載性、むしろ開き直って開放的なリアドアの存在。この魅力に取り憑かれたならもはや択一な相棒でもあります。

    「普通」を削ぎ落としてでも、このクルマでしか感じられない世界観があります。

    決して万人ウケはしないけれど、ホンダはこういう極端に濃いクルマを市販に投入することがあります。評論家の冷めた目線を尻目に。

    そういうのがドキドキするんです。

    最高にゴツかわいいHONDA。
    満足している点
    コンパクトを卒業するなら奇抜なクルマがいいと漠然と思っていましたが、SUVに乗ってこんな気持ちになるとは思っていませんでした。

    かなり思い切った乗り換えだったのですが、エレメントを選んで良かったです。

    ESシビックのときのような、飽きのこないドキドキがこのクルマにはありました。
    不満な点
    古いクルマなので、修理、交換メンテナンスは当たり前ですが、特に電装系の故障診断が難しく、タマが少ないクルマだけに整備経験が豊富な工場もありません。(メーター周りなどのイルミネーションが点かないなど細々とあります)

    電装系は時間がかかるし、症状の再現ができないときもあるので、工場でも面倒くさがられます…

    日本では人柱になるしかないことも多く、完全な状態で乗るのは厳しくなってきているクルマです。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする