現在位置: > > > > > 皆さん様々な定義があると思いますが現行車種でス...

『皆さん様々な定義があると思いますが現行車種でス...』:ホンダ CR-Z

解決済み皆さん様々な定義があると思いますが現行車種でスポーツカーと呼ばれているのは雑誌を見る限り フェアレディZ GT-R ロードスター RX-8 CR-Z インプレッサ

皆さん様々な定義があると思いますが現行車種でスポーツカーと呼ばれているのは雑誌を見る限り

フェアレディZ
GT-R
ロードスター
RX-8
CR-Z
インプレッサランサーエボリューション
コペン

などです。会社の規模を考えてもその手の車がないトヨタ(レクサスは除く)や今やミニバンメーカーと言われているホンダをどう思いますか?
またトヨタは一度スポーツカー市場から撤退したもののFT-T86などスポーツカーを出すと言っていますがそんなにスポーツカー市場って簡単なものでしょうか?
フェアレディやロードスターの生い立ちや現代の環境対策や衝突安全などの問題を見ているととても簡単には見えませんが。スポーツカーって日々試行錯誤でしのぎを削るものでは?

補足
カローラGTなどスポーツグレードは無しですよ

ベストアンサーに選ばれた回答

トヨタには現在カローラGTがありますね
排ガス規制前はセリカやMR-Sもありました
スポーツエンジンの2ZZ-GEは今も生産していて現在ロータスに供給しています
トヨタは排ガス規制に対応できなくなったのでスポーツカー生産を止めていますが
ハイブリットの可能性もありますし排ガス規制に対応出来れば量産は可能だと思います

ホンダはオデッセイ、フリード、エリシオン、ステップワゴン等のミニバンを作ってますが
フィット、ライフ、シビック、アコード、CR-Z等があるのでミニバンメーカーと言う程ではないと思います

回答一覧

4件中1~4件を表示

  • 今日本で本当にスポーツカーと呼べるものはGT-Rとインプレッサぐらいでしょうか。いくら形だけスポーツカーといっても中身が備わっていないとスポーツカーとはいえませんから。今は日本ではスポーツカーは嫌われる傾向にあります。こんだけ燃費とかエコとかいう時代でスポーツカーは嫌われ者だし、やはりトヨタも本田も一企業なので利益を優先するのはわかりますが、質問者の言うとおり悲しいですけど今のホンダはひどいです。自分もホンダのVTECのすばらしさに見せられて乗っていましたが初代インテグラTYPE-Rのエンジンはレスポンス、音、パワー、どれをとっても市販の2リッター以下では世界一だと思います。いまCR-Zなど試乗しましたがただのインサイトクーペという感じで何の楽しみも刺激もありませんでした。ホンダはすばらしい高回転エンジンがあるのにもったいないですね。TYPE-Rもなくなってしまったらホンダのフラッグシップモデルてなんでしょうね。レジェンド?何でしょうか。憧れる車がないなんて悲しいですね。ホンダに限ったことではないですけど日本には楽しい車は今はないですね。

  • ホンダっていつの間にかミニバンメーカになっちゃいましたよね。
    昔はVTECの可変バルタイをシビックに採用したりしたり、1.6で180PS叩き出すリッター100PS以上って言う凄い技術持っていたのに。。。。
    ホンダ=F1=モータスポーツって言う図式は消えかかっていますよね。。。
    やっぱ売れる車作ってナンボって言う世界なんでしょうね。。。

    トヨタも同様で売れる車しか作らなくなりましたよね。。。
    昔はスープラやMR-2なども出していたのに。。。
    台数でる車を作っているとどうしても生産ラインを何本も増やしていく必要があってどうしても生産台数の少ない車種は消えていく運命に有るのかも知れないですね。
    その点、マツダや三菱、スバルは少ない生産ラインで専用の生産ラインを設置出来るのでスポーツカーも維持出来るんでしょうね。
    ちなみにインプやエボはスポーツカーだとは自分は思わないですが。。。あれはただの力を入れたスポーツバージョンですよ。。。気分的にはカローラGTと同じだと思います。
    スポーツカーはやっぱ専用設計じゃ無いと。

    そう考えると日産って凄いですよね。
    売れ筋モデルも持っていながらスポーツカーも伝統を守りながら作り続けていますしね。
    日本や欧州の伝統を大切にするって言う気持ちが凄く伝わりますね。
    GT-Rなんか生産コストがかかり過ぎる上に、販売台数も少なくて採算ラインののっているか微妙な線だと思いますがそれでも作り続けていますしね。
    半分意地もあるのかなって思いますね。
    マツダで言ったらロータリを捨てられないのと同じかな。。。。

    >またトヨタは一度スポーツカー市場から撤退したもののFT-T86などスポーツカーを出すと言っていますがそんなにスポーツカー市場って簡単なものでしょうか?
    簡単では無いでしょうね。。。
    見事にアルテッツァで失敗していますし。。。
    試作段階ではスポットも多くてボディーがしっかりしていて凄く評判が良かったのにいざ量産になったらいきなりスポット減らしてヘナヘナのボディーになっちゃっていましたしね。(スポット位ケチるなって感じです)
    だから今回はスバルとの共同開発なんでしょうね。
    エンジン、駆動関係はスバルの担当で排ガス規制をクリアしながらパワーを出すスバルの技術に頼ったって感じですね。
    ボディーはトヨタの担当ですがアルテッツァの失敗もあるし、今回はスバルの目もあるので期待できるんじゃないかな???
    正式決定ではない様ですがスバル内ではFT86が出た後にすぐにスバルからも発売するって言う情報が流れているみたいですよ。

    今のスポーツカーに求められる物って凄く難しいんですよね。
    ただ、速ければ売れるって言う物でも無いですし、利便性、快適性、モータスポーツ性能すべてを高次元でバランスさせないといけないので非常に難しいと思いますよ。
    スポーツカーの心臓部であるエンジンはストリートでのノウハウのあるスバルが担当ですし、内装関係はトヨタの部品の流用でしょうし結構、いい感じで仕上がるんじゃないかなって個人的には思っていますよ。
    あとは業績不振なトヨタのお偉いさん方がどこまで思い切りを持てるかですね。

    技術に関してはスーパGTなどで各メーカとも凌ぎを削っていますし、F1で通用する技術は無くても箱物では結構、いい感じなんじゃ無いかなって思いますよ~。

  • トヨタは昔からスポーツカー作りが下手という印象を受けます。スポーツカーとして評価が高かったりレースでも大活躍したトヨタ車って当時WRCで活躍したST165くらいしか記憶にないです。トヨタ2000GTはヤマハの力で作られたものだし。80点のクルマを作るのはうまいがスポーツカーというとんがった性格のクルマを作るのは下手なんじゃないかと思います。
    日本で一番儲かってる自動車メーカーであるにもかかわらず、国産初のDOHC搭載車はホンダ、国産初4バルブDOHCは日産、ターボの認可をとり国産初のターボエンジン搭載車を市販したのは日産、インタークーラーを初めて市販車に装備したのは日産、可変バルブ機構の初はホンダ、と考えていくとトヨタが先頭切って出した高性能エンジンや技術って殆どないのでは。強いて言えばミッドシップのMR-2か。
    冒険せずに80点で抑えとく感じ。セラみたいに下手に冒険して失敗した例も。
    ホンダはスポーツカーを作りたいが儲からないものを作るだけの体力がないのかなあと思います。でも本田宗一郎がいたらこんな風にはなってなかったようにも思います。

  • 親子二代に渡ってのホンダ党ですが、スポーツカーが大好きな自分としては今のホンダは正直、、残念ですね。
    CR-Zもコンセプトそのものは独創的でホンダらしいですが、個人的にはスポーツカーともエコカーとも言えない中途半端な車という印象を受けます。
    すっごいエンジンを造る技術があるのに勿体無いなぁと思います。

4件中1~4件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

マイカー登録はこちら

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

中古車ホンダ CR-Zアクセスランキング
  1. 1位 1.5 アルファ
    1.5 アルファ
    688,000円(千葉)
  2. 2位
    無限RZ 300台限定車 オーバーフェンダー
    2,250,000円(千葉)
  3. 3位
    1.5 アルファ
    698,000円(千葉)
  4. 4位
    1.5 アルファ ブラックレーベル
    698,000円(福岡)
  5. 5位
    1.5 アルファ
    590,000円(千葉)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)