現在位置: > > > > > なぜトヨタはハイブリッドスポーツを作らないので...

『なぜトヨタはハイブリッドスポーツを作らないので...』:ホンダ CR-Z

解決済みなぜトヨタはハイブリッドスポーツを作らないのですか。 トヨタは高級車からミニバンからSUVから小型車までハイブリッドのフルラインナップですが。

なぜトヨタはハイブリッドスポーツを作らないのですか。

トヨタは高級車からミニバンからSUVから小型車までハイブリッドのフルラインナップですが。でもなぜかハイブリッドのスポーツカーはありません。
作るという噂もありません。

なぜホンダのCR‐Zみたいなハイブリッドスポーツをトヨタは作らないのですか。

ベストアンサーに選ばれた回答

CR-Zがもしバカ売れしてたら、とっくにプリウスクーペを作ってますよ(笑)

良くも悪くもマーケティングに頼った企業ですので。
儲かると思えばたとえパクってでも猛進しますし、思わなければ興味すら示しません。
過去をみれば分かる事ですよ。

回答一覧

10件中1~10件を表示

  • 僕は出て欲しいと思います。

  • ハイブリッドにしてまでスポーツカーに乗る意味ってなんですか?
    エコ変えトヨタが、どんなキャッチコピーで売るのか・・・。

  • CR-Zがまともに売れていないのにこのご時世そんな自殺行為は出来ないのだと思います。

  • ハイブリッドに速さを求めてないからでしょうね。

  • 今のハイブリッドシステムがそこまでのレベルに達していないからです。

    ハイブリッドのメリットは、モーターとエンジンの2つの出力源からパワーを得る事による、ストップandゴーが頻発する市街地走行時や中速時の加減速に対するエネルギーロスを減少出来る事に有ります。

    反対にデメリットは大きなモーター、バッテリーを積む事による重量増。

    これがスポーツカー開発における大きな足枷になります。

    ライトウェイトである事がスポーツカーにとって如何に大事な事で有るかは、今まで散々質問を繰り返した貴殿に分からないハズは無いでしょう。(分からなきゃ本当にバカボンだ)

    仮に重量増をカバー出来る大排気量スポーツとして考えたとしても、重量に対する加速時のアシスト効果はターボやスーパーチャージャー以下ですから意味が有りません。

    プリウスがハイブリッドカーとして成立しているのは限界性能が優れているのではなく、加減速時のエンジンの負荷をモーターで補う効果が大きいからです。
    それだけ市街地走行のストップandゴーや高速走行時の加減速が多いんです。

    巡航スピードが高い欧州でハイブリッドが浸透しないのもそのせいです。

  • あまり車に詳しくはないですが・・・。

    ホンダのハイブリットはモーターがエンジンの補助をしてるだけで電気自転車みたいなもんです。

    トヨタのハイブリットはモーターとエンジンがそれぞれ自立して車を動けるようになっています。
    言うなれば二人で漕ぐ自転車です。二人一緒に漕ぐこともあれば片方が休んで片方が頑張るみたいな。

    だから、どうしてもトヨタのハイブリットは大きな出力を出すためにモーターが大きくなってしまいます。
    なのでCR-Zのようにコンパクトなスポーツカーというのは厳しいかと。

    それにトヨタ式ハイブリットだと静音性も向上します。
    静かなスポーツカーってスポーツカーって感じしますか?

  • CR-Zが売れてないのが、全てを物語ってるかと。86も売れてないし。

    今のご時世、燃費は出来るだけよくして、室内を出来るだけ広くしないと売れないですからね。

  • ハイブリッドに限らず2ドアに限らずスポーツカーと言えるような車がトヨタにありますか?
    限定のLFAとスバル製の86だけですよね。
    シビックのtypeRみたいな車もない会社が造ると思いますか?

  • 賢い選択です。
    売れないと見込んでいるのでしょう。
    スポーツ志向のユーザーは(私もそうです)、ハイブリッドなど全く興味がありません。
    断言はしませんが、そういった方が多いはずです。

    今は冒険できるほど景気も良くありませんし、私はトヨタの選択が正しいと思います。

  • 一応、プリウスでスーパーGTのGT300に出ているので…


    ノウハウが貯まれば作るかも?


    そもそも、ホンダはハイブリッドシステムをターボの様にアシスト面で使っているため、スポーツチューンもしやすい訳で…


    トヨタは切り替え式ですからね…

10件中1~10件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

マイカー登録はこちら

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

中古車ホンダ CR-Zアクセスランキング
  1. 1位 1.5 アルファ
    1.5 アルファ
    848,000円(香川)
  2. 2位
    1.5 アルファ ブラックレーベル
    280,000円(東京)
  3. 3位
    無限RZ
    2,859,000円(愛知)
  4. 4位
    1.5 アルファ ドレストレーベル III
    1,238,000円(京都)
  5. 5位
    1.5 アルファ
    690,000円(千葉)

※2020年3月28日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)