現在位置: > > > > > 今後のスポーツカーについて 今現在スポーツカー...

『今後のスポーツカーについて 今現在スポーツカー...』:ホンダ CR-Z

解決済み今後のスポーツカーについて 今現在スポーツカーの市場は縮小・消滅の方向に向かっていると言われています。

今後のスポーツカーについて


今現在スポーツカーの市場は縮小・消滅の方向に向かっていると言われています。しかし、今年ホンダのCR-Zが受注の8倍以上売れてヒットしました。「エコ」+「スポーツ」が売りでした。性能や駆動方式はどうであれ、それまでのスポーツカー一般の「燃費が悪い」を改善した革新的な車だと思います。

これは私の見解ですが最近主流の車(コンパクト・ミニバン・ハイブリット)は低燃費を売りにしていますが、CR-Zのヒットからスポーツカーでも低燃費なら売れるのではないのでしょうか?
現にトヨタの86の再来(ホンダの動きを見た気もしますが)やマツダの水素ロータリー(まだ実用的ではないですが)など定燃費で夢がある車が考案されています。

皆さんは「今後のスポーツカーの行え」どう解釈しますか?

ベストアンサーに選ばれた回答

基本的に自動車メーカは企業ですから、利益が得られない車は作りません。
速く走らせたい思いのある人はいますが、その人たちが購入して利益を得られる試算が出来なければ基本的に作りません。

また、日本だけでなく世界的にエコロジーかつエコノミーな車が求められており(今後ガソリンの値段もどんどん上がっていく方向)、速さよりも低燃費を求める人が多いです。

ただ、石油を使わず、電気、バイオエタノールや水素燃料電池など、経済的に安く済むエネルギーが憂い無く使えるようになれば、それらのエネルギーを使ったスポーツカーが増えていく可能性はあるでしょう。

回答一覧

2件中1~2件を表示

  • 好き勝手に推測するならいまや世界一の自動車消費国となった中国のマーケットの動向で次世代スポーツカーのコンセプトが左右されるのでは?好きも嫌いもスポーツカーといえば欧州車や国産車(GT-RやNSX)のイメージがある私の古臭い頭では如何なるクルマにまとまるのか想像もつきませんが。ひとつ試金石になりそうなのがホンダとトヨタ。環境車の新しさを纏ったCR-Zと日本市場オンリー(←主観)でスポーツカー保守本流のFT-86が中国や欧州で受け入れるかどうか…

  • スポーツカーが売れていないのは日本市場だけで、世界ではいずれも販売が好調です。
    特にプレミアム性の高いフェラーリやランボルギーニ、AMG、ポルシェといったところはこの不況下でも過去最高益を叩き出しています。

    絶好調のアウディなどもA5を新規に投入してヒットしていたり、国内では発売していない日本メーカーも海外ではラインナップを持っています。
    これは、アメリカの団塊の世代ジュニアと言われる「ジェネレーションY」が20歳~30歳でこういったスポーツカーを購入する時期に入っていることと、成長著しい中国で余裕が生まれてくるとスポーツカーの販売が今後増える予想があることから、各メーカーでは備えています。
    中国ではBYDがベンツそっくりのオープンカーを上海/北京モーターショーに出品してきていることからもその将来性が伺えます。

    さて、そのような状況ですから開発競争も活発で、ポルシェはボクスターの下のクラスへ入門用モデルと位置付ける300万円クラスのMRオープンを用意、同じシャーシを使用するアウディR4とVWブルースポーツなど…これらは旧カルマンギアの工場で生産されることがすでに発表済みです。

    ポルシェのパナメーラGTクーペの2012年の登場や、レクサスSCも2014年の復活を目安に開発が再開されたと言いますし、2012年のベンツSLは東レのカーボンシャーシになると発表されています。
    GT-Rも600馬力級のハイブリッドスポーツで開発中(インフィニティ・エッセンス)と言われていますし、フェラーリやランボルギーニもハイブリッドを開発中です。

    アウディR4は、フランクフルトで発表されたe-Tronの市販Verですので、EVスポーツカーが2013年までに市販される予定ですし、ベンツSLS AMGにも「e-drive」と言われるEVが2015年までに登場すると発表されています。
    SLSにはテスラの技術が使われることと、NECのリチウムイオン電池が欲しいために日産/ルノーと提携をしたことは明らかです。

    これらのコストをあまり気にしなくて良い上級モデルでは、軽量化のためのカーボン使用をボディへ拡大すること、電池の高性能化及び軽量化がカギを握っています。
    これら日本メーカーの最新技術が、日本車ではなくて海外メーカーで積極的に採用されていることからも、日本市場に将来性がないことを物語っています。

2件中1~2件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

マイカー登録はこちら

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車ホンダ CR-Zアクセスランキング
  1. 1位 1.5 アルファ
    1.5 アルファ
    688,000円(千葉)
  2. 2位
    無限RZ 300台限定車 オーバーフェンダー
    2,250,000円(千葉)
  3. 3位
    1.5 アルファ ブラックレーベル
    698,000円(福岡)
  4. 4位
    1.5 アルファ
    590,000円(千葉)
  5. 5位
    1.5 アルファ
    698,000円(千葉)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)