ホンダ シビックタイプR 「乗り心地も満たす初のタイプR」の専門家レビュー ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

橋本 洋平
橋本 洋平
自動車ジャーナリスト
評価

4

デザイン
4
走行性能
5
乗り心地
5
積載性
5
燃費
5
価格
3

乗り心地も満たす初のタイプR

2021.10.29

年式
2017年9月〜モデル
総評
すでに次期モデルが出ることが発表されているタイプR。ベースモデル同様、キャリーオーバーで登場することは間違い無さそうだ。新型はホイールベースが伸びて、さらにリアトレッドが拡大されたことで、タイトターンが苦手だと睨んでいるから、もしかしたらこのモデルが勝てるシチュエーションがあるかもしれない。そこに若干の期待をしておきたい。
満足している点
低中速域からレッドゾーンまでストレスなく吹け上がるエンジンと、一体感溢れるシャシーが魅力的。ノーマルのままサーキットに持ち込んだとしても、かなり速く走れてしまう。それでいて難しさがないところがマルだ。
不満な点
サーキットが本拠地となるタイプRにも関わらず、そこで熱ダレによる連続周回が可能で無かったところが残念なところ。最後にそれが改められたが、かなり寒い季節に試乗したため、それ以外の気候ではどうなのかが定かではない。
デザイン

4

ベースモデルの時点でもガンダムチックなエクステリアデザインでインパクトを与えてきたシビックだったが、タイプRではオーバーフェンダーやリアウイングなどの装備で、とことんアグレッシブに。モータースポーツファンにとってはたまらない仕上がりだろう。
走行性能

5

2Lターボで320PSを発生させるハイスペックエンジンを搭載しながら、それを前輪のみで路面に伝えるという男前な造り。気分はJTCCか? だが、難しさもなく扱いやすく仕上げられているところはさすがだ。
乗り心地

5

電子制御ダンパーを初採用したことで、モードの選択次第で乗り心地は自由自在。街乗りではしなやかに立ち振る舞いながら、サーキットでは+Rモードを選択することでシャキッとした走りを展開してくれる。
積載性

5

5ドアハッチバックということもあって、ラゲッジスペースはかなり広い。リアシートを倒してしまえば、タイヤ4本と工具類を満載にしても余りあるスペースで、サーキットに行くには一台で十分なスペースが広がっている。
燃費

5

JC08モード燃費で12.8km/Lと、エンジン出力の割にはかなり良い数値を叩き出している。静かに高速を走ればさらに伸びることは間違いない。走りのタイプRとしては十分すぎる燃費といえるのではないだろうか?
価格

3

現状では中古車でしか購入できないが、かといってそれほど安くなっていないのが悲しいところ。最終モデルのリミテッドエディションは1300万円。標準モデルの未使用に近いもので約660万円。アンダーは300万円台後半からという状況だ。来年にも新型が登場すると言われているので、そうなれば価格も少しは落ち着いてくるだろう。
橋本 洋平
橋本 洋平
自動車ジャーナリスト
JAF国際B級ライセンスを持ち様々なレースに参戦。ワンメイクレースではチャンピオンを獲得したこともある。主にスポーツカーやタイヤのインプレッションを寄稿するほか、ドライビングレッスンのインストラクターも務めている。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会会員。