現在位置: > > > > > なぜホンダは軽トラ・軽バンから撤退しないのです...

『なぜホンダは軽トラ・軽バンから撤退しないのです...』:ホンダ アクティバン

解決済みなぜホンダは軽トラ・軽バンから撤退しないのですか。 スバルも三菱もすでに軽トラ・軽バンから撤退しましたが。 スバルも三菱も軽トラ・軽バンは薄利多売すぎて商売にならないので撤退したと聞きましたが。

なぜホンダは軽トラ・軽バンから撤退しないのですか。
スバルも三菱もすでに軽トラ・軽バンから撤退しましたが。
スバルも三菱も軽トラ・軽バンは薄利多売すぎて商売にならないので撤退したと聞きましたが。なぜホンダはまだ軽トラ・軽バンを作り続けているのですか。
軽トラ・軽バンはスズキとダイハツの独占状態でホンダが入り込める余地はまったくないと思うのですが。

と質問したら
アクティはミッドシップで走りはスポーツカー
と意味の分からない回答がありそうですが

今のままではジリ貧状態のホンダですが。
なぜホンダは軽トラ・軽バンから撤退しないのですか。

ベストアンサーに選ばれた回答

儲けが出てるからでしょう。
それしかありません。

回答一覧

15件中1~10件を表示

2ページ [先頭前へ12次へ最後]

  • あなたが知恵袋から撤退しないのと同じです。(笑)

  • ホンダの飯の種は小型車だよ。軽と小型車で食っている会社。ディーラーの都合もある・・・マイナーが集まってメジャーの様に
    集まっているのがホンダのディーラー・・・・この辺が飯の為。止めるわけにはいかない。

  • 軽トラ等の軽ミッドシップエンジン車は八千代工業という別会社で生産して居ます。

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/715949.html

    S660もこちらで生産されていますが、S660もいつまで生産を続けられるか未定ですが、軽トラのジャンルは根強い需要があります。

    八千代工業の運営自体を安定させるためにも、S660も軽トラの生産を減らさない範囲での生産にしています。

    勿論経営的な面もホンダが関与していると思われますが、仮に多少の赤字を続けようとホンダはいくらでも援助できるだけの財力と企業力もありますから、仮にそれほど売れなくても、他社のように生産を終えるなんて必要も無いと思われます。

  • ydrgg560 はホンダ崇拝者で知恵袋荒らしで有名です。
    誰も相手にしない意味不明なことを書いています。

    yahho_yahho_0123 も成りすましIDです。

  • 理由は公表されていないので、推測ですが、元々販売店がホンダの場合は、町の自転車屋とかバイク屋がディーラになっていますので、地元のお客様には軽トラ需要が高いのでは無いかと。

    お客のメインは、軽トラかスーパーカブで、ついでに兄ちゃん車を買ったるわてな関係かと思います。

    結構田舎はそういう関係で商売しているのって多いから。

  • スバルは生産コストが高くて利益が少なかったのです。
    三菱は単に売れなくなったのです。
    スバルはダイハツの軽トラを売っています。
    三菱はどうしてるのかわかりません。

    ホンダは他から供給を受けることはしないのでしょうから、自社で作っているのです。
    しかし需要はあるようで、それなりに売れています。
    他メーカー軽トラより座面が低くて乗りやすいのが、他にはないメリットで高齢者に配慮しているとのことです。
    乗り心地も板バネではないので空荷の時はゴツゴツしなくて良い乗り心地です。
    一定の需要があるのでこれからも売るようです。

  • 撤退すべきは、欠陥軽トラを作っているメーカーです。

    後輪が横滑りし、事故を起こし、障害を負った人が沢山居ます。

    もし、車種別の事故率が公表されたら、アクティがシェア1位に成るでしょうね!

    軽トラは、海外で販路拡大を狙えます。

  • そんなのどーでもいいだろ。

    軽トラに興味あるんか?

    農家の人のためだろ?
    ホンダアクティ一回乗ったことあるけど、めちゃ乗りやすいし、運転しやすいぞ。
    ハイゼットとエブリィとかにも乗ったことあるが、それらはめちゃ安っぽい感じありありだぞ?

  • 会社の考え方でしょう。
    スバルは軽自動車から撤退しましたが、それは乗用車が好調でそちらに注力するため。三菱は余計な開発費用をかけられないため?
    ただ、軽トラ、軽バンも市場はあるわけで、薄利だからと撤退するという判断もあるでしょうけど、今は負けてても継続して中長期的に、より高性能、低価格の物を開発してスズキ、ダイハツと競って行くという判断もありですよね。撤退したら再参入はより難しくなります。失敗を恐れたらチャレンジできないというホンダのもの作り精神で追い上げて欲しいと思います。

  • >軽トラ・軽バンはスズキとダイハツの独占状態でホンダが入り込める余地はまったくないと思うのですが。


    それはあなたが思っているだけで、実際には結構走っているのを見ます。

    世の中、「思う」ではなく、現実的に起こっていることが全てなのです。

15件中1~10件を表示

2ページ [先頭前へ12次へ最後]

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

マイカー登録はこちら

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

中古車ホンダ アクティバンアクセスランキング
  1. 1位 660 SDX
    660 SDX
    188,000円(岐阜)
  2. 2位
    SDX
    140,000円(福岡)
  3. 3位
    スーパーDX ノーマル車
    398,000円(栃木)
  4. 4位
    660
    140,000円(広島)
  5. 5位
    660 SDX
    318,000円(神奈川)

※2020年4月1日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)