現在位置: > > > > > FITハイブリッドとプリウスについてご質問です。

『FITハイブリッドとプリウスについてご質問です。』:ホンダ アコードハイブリッド

解決済みFITハイブリッドとプリウスについてご質問です。

FITハイブリッドとプリウスについてご質問です。現在どちらかを購入検討しているんですが、もちろんクラスが違うので比較出来ないのとは思うんですが、
よろしくお願い致します。

FITハイブリッドはコンパクトカーNo1のFITにハイブリッドを搭載し、159万円はかなり安いと思いました。
シート(アコード)やハンドル(シビック)が3ナンバークラスの物を使用したり、パッケージングはFITなので、
居住性や取り回しは問題ないと思っています。瞬間燃費計とE-CONも魅力です。

両車カタログ燃費と実燃費をカー雑誌等で比較するとホンダFITハイブリッドの方が落ち率が低く良いと思いました。

プリウスは正にハイブリッドの王道と言う感じがするんですが、モーターがメインとうたっているのですが、
結構エンジンを使用していると感じました。(モーターだけで走れるのは2km?)
旧型では世界中でハイブリッドバッテリーのトラブルが多いと聞いたのと、結局エンジンも使うので
1500ccでは非力だから、1800ccにしちゃったのでは?とも聞きました。
モーターメインだったら、燃費と経済性の為に逆に排気量を下げてもいいんじゃないですか?

家族がプリウスを押していますが、低価格のFITも魅力です。
皆様はどちらの車がオススメですか?(予算は別として)

ベストアンサーに選ばれた回答

~追記~
> 非力だから、1800ccにしちゃった
> 逆に排気量を下げてもいい
おっしゃる通りです。
プリウスのエンジンは、ミラーサイクル(トヨタの云うトコロの『アトキンスンサイクル』)という、吸気を絞るコトで燃費を稼ぐエンジンです。 先代1500の動力性能は1200にも劣るモノでした。 1800に拡大するコトで実力は1400相当になりましたけど。
ただ、
国内のコトだけ考えるなら、何しろモーターが強力ですから、1500でも不足は無かったコトでしょう。 1800となったのは海外輸出の都合からです。( しかしそれならそれで、国内仕様は1500/欧米仕様は1500ターボ という選択肢もあったし、ミラーサイクルを考慮するなら、過給入れた方が効率良くなる筈なんですが...)
色々御意見ありますが、
先代1500と現行1800とで、実用燃費に殆んど差はない様です。



金銭的には、
ハイブリッドの付いてない、並フィットがオススメです。^^
フィット・ハイブリッド買うと損です。 プリウス買うともっともっと大損です。^^
余計なモノの付いていない、小さくて安いクルマを買うのが一番です。

なので、
結論を決めるのは、質問者さまが、
ハイブリッドの歓びを、どんな方向でどこまで求めるか ってコトでしょう。
(金銭的な損はその歓びの代価)

プリウスの運転感覚は、独特で魅力的なモノです。
また、燃費性能も国産車のトップではあります。 ...しかし、
2位や3位とは僅差です。(下手すりゃ軽自動車に逆転されるw)

http://blogs.yahoo.co.jp/zaqwsx_29/27373197.html
プリウスで『30km/ℓ超』を豪語される方が、 どんな遣り方でそれを達成しているのか知りませんが、全体の中でそんな人は殆んどいない という現実が 『平均燃費:21km/L』 とかなワケで... http://megalodon.jp/2011-0524-1620-56/carlifenavi.com/enenpi/?defact=cartype_best
「プリウスのみが絶対無比のエコカー」で、他社のハイブリッド車やコンパクト車や軽自動車はゴミ扱いする様な、唯我独尊な人がプリウスマニアの中には少なくありません。 「特別なクルマのオーナー」 だという優越感でランランになっておいでなんでしょうけど、プリウスで30を超える様な運転が出来る人ならフィット・HVでも25を超えるでしょう。
その様な極端な例を挙げていいなら、私の知人は、ハイブリッドでないMTの並フィットでコンスタントに20を超えています。^^

将来の原油価格高騰 を云々して、プリウス買わない人を『平和ボケ』呼ばわりする人もいますが、個人的には杞憂だと申し上げたい。 プリウスで本当に普通に元が取れる様なガソリン価格になっちゃうのは当分先のコトで、その頃には電気自動車の価格が安くなっています。
石油の節約が最優先なら、EV買わなきゃエラそうなコトは言えないw

あくまでもプリウス というなら、個人的には、
chi1203_bigさん の、「プラグイン追加まで待ちます」 に同意です。



余談 その1
2代目/3代目プリウスの乗り味について、リアセクションの剛性不足とそれに起因するサスペンションの動きの悪さを指摘する意見があります。
http://blogs.yahoo.co.jp/zaqwsx_29/27259998.html ← 自動車工学的には、プリウスの様な「ファストバック」風のリアハッチは強度確保が困難となる というハッキリとした理由が有ります。 なので通常は補強が入るトコロ(普通のフロントエンジン車では、リアの重量が増してもバランス上の不都合は少ない)なんですが、プリウスの場合はバッテリーをシコタマ載せているコトから、後ろがさらに重くなる補強を避けた という疑いが持たれます。
その一方で、似た様なボディ形状のインサイトについては、剛性不足の指摘はあまり聞きません。 両者の重量を比較すれば、御存知の通りプリウスの方が重いワケですが、ボディ寸法が若干大きく、エンジンもモーターも大きく、バッテリー3倍、といった点までを考慮するならば、「プリウスの方が相対的には軽い=車体の骨格に対する割当て重量が少ない」 とも言えそうな感じなのです。
その『軽さ』を、『補強不足』だと決めつけるコトは出来ませんが、疑いはある。ってコトで、もしも質問者さんが、山坂道を頻繁に走られたり、走りの味を気にされる方なら、疑ってかかった方が良いかも? ってハナシです。


余談 その2
プリウスの燃費について、「国産車のトップ」という但し書きが付いてしまうのは、日本に輸入されていないクルマにまで範囲を広げると、すでに世界のトップからは陥落しているからです。
もしも、質問者さんに、並行輸入に伴なう諸々の面倒を乗越えるガッツがお有りでしたら... VWの ポロTDI などはオススメですよ。^^
チョイ乗りしたただけですが、素ン晴らしかったです。
( 関連記事 http://blogs.yahoo.co.jp/zaqwsx_29/24119135.html )


あと、
フィット買うと付いてくる、『インターナビ』は、渋滞回避に効果的です。


参考になれば幸いです。

回答一覧

15件中1~10件を表示

2ページ [先頭前へ12次へ最後]

  • うーん・・・”そもそも”というキーワードで回答させてください。

    そもそも、フィットとプリウスでは「車格」が違います。
    税金や、駐車場の状況など、カーライフの中で”コンパクトカー”なのか”3ナンバーサイズ”なのか、
    さらに排気量も検討してください。
    ガソリン代だけが維持費ではありませんから。

    そもそも、「何故ハイブリッド・カー」なのでしょうか?
    燃費で言えば、普通のガソリン車でも、CVTやアイドリング・ストップでかなり燃費が良くなります。
    車両価格を考えれば、プリウスがいくら燃費が良くても、簡単には、元を取れません。

    そもそも”くハイブリッド”に乗ってみたいという、「技術に対する興味」でしょうか?
    それならは、モーターでも走行できる「プリウス」です。
    フィットは(燃費が良い)普通の車でしたよ。
    逆にプリウスは、電池の配置などのもんだいで、車格の割には狭く感じました。
    ”ハイブリッドらしさしかない”と言って良いと思います。

    個人的には、”ハイブリッドならなんでも良い」「とにかくハイブリッドに乗ってみたい」
    というなら、CR-Zなどが魅力ですけどねぇ。

  • これはハイブリッドですという感じを味わいたいならプリウス。

    今までのガソリン車と違和感なく乗りたいならフィットHV。

    あと、アイドリングストップで、真夏にエアコンが作動しないと間違いなくアイドリングストップをキャンセルするようになると思います。

    トラックにアイドリングストップ機能がありましたが、エアコンが停止すると暑くて使い物になりません。楽しむどころではありません。

  • ハイブリッドならプリウスの方が良いと思いますよ。
    旧型のバッテリートラブルは、初期型の前期の事ですね。
    後期からは、バッテリートラブルはほとんどありませんよ。
    また、1800ccに排気量がアップしたのは、高速域でエンジンの回転数を少なくしてエンジンの負担を減らし、燃費を稼ぐ為です。
    プリウスはモーターメインと言われる事が多いですが、エンジンとモーターの良い所を上手く使い分けている感じです。
    また、他の回答者さんにあるヒートアイランド~のくだりは、インサイトだって一緒ですよ。アイドリングストップさせなければ、エアコンは止まりませんからね。
    更に、雑誌の平均燃費が自分の燃費になるとは限りません。
    私のプリウスは、平均23Km/Lですが、最近チョイ乗りが多い為にこんな数字になっております。
    遠出すると、27Km/L以上は出ますよ。
    ただ、私の奥さんが運転すると20Km/L程度になります。
    私より奥さんの方がスピードは出さないのですが、プリウスにあった運転が出来ないようです。
    フィットHVも同じだと思いますが、その車に合った運転をしたら、どんな車もそれなりに燃費は良くなりますよ。

  • プリウスはモーターメインですよ。
    トルクのほとんどをモーターが発揮しますから。
    でもエネルギー源は100%ガソリンですから、
    エンジンを使わないわけがないでしょう?
    THSではエンジンは車軸を駆動するだけでなく、
    エンジン→発電機→モーターという動作でトルクを増幅させ、
    変速機を省略しているのがの特徴です。

    排気量の拡大は熱効率UPのためと登坂時に余裕を持たせるため。
    高速道路の登坂時でも充電できるだけの余裕がないと走ってってストレスたまります。
    エンジンを小さくすればエンジンは常に動いてなければすぐに電池切れになります。
    長い上り坂で息切れするようなしょぼいクルマに誰か乗りたいですか?
    それではかえって燃費を悪化させてしまうことはすでにわかりきってるんです。

    それにプリウスの燃費の良さはなんといっても滑空走行にあるんです。
    エンジンで一気に加速、エンジンを止めて転がすことで30km/L超を実現します。
    なので小さいエンジンでだらだら加速しているとかえって燃費は悪くなります。
    上手な人は40km/Lまで伸ばしてきますよ。
    これは普通のベルトCVTを積んでるホンダIMA(エンジン組込電動機補助)ではできない芸当です。

    はっきりいってプリウスの実燃費が悪いとか言う人は使いこなせてないだけですよ。
    カタログ燃費と実燃費の落ち率が低いということは「伸びしろがない」と理解しましょう。

    また、プリウスはイモビ付スマートキー、トラクションコントロール、横滑り防止装置、
    アルミホイール、4輪ディスクブレーキ、6エアバッグなどが標準です。
    FITHVの標準装備はやっぱり100万クラスのコンパクトです。
    プリウス同等の装備にするプリウスより割高になりますよ。

    それだけプリウスがお買い得ということなのですが、
    クルマは嗜好品ですからお好きな物を買うのが良いと思います。
    FITHVを選ぶとしたら、
    ・多少しょぼくてもいいから安い方が良い。
    ・なんちゃってと言われようがハイブリッドとというものに乗りたい。
    ・プリウスはでかすぎて運転できない。
    という人がターゲットということを理解した上で買った方が後悔はないと思います。

  • 下で言っておられるdrive_sageさんの言うとうりです
    だだ、快適にエコ出来るのがプリウスと言う事です
    プリウスの今の時期の燃費は25km/L(エアコン使用で)
    エアコンOFFなら28kmくらい

    回答の中に間違いがあるので補説しときます

    フィットは、アイドリングストップ中エアコンが微風にはなりません
    ※停止します
    扇風機としての微風です

    エアコンがオプションの時代ならいざしらず標準装備の現在、真夏に締め切った車内で何分耐えられるでしょうか


    ※強制されて耐えるのは精神的に良くないと思うんですが…
    それとも、鍛練・修業と割り切るべきなのかな


    ~~~~~~~~~~~~~
    あちゃー~
    インサイトなんか乗ってると「バナナのコバエおばさん」みたくなっちゃうんですかね
    よっぽどプリウスが待ち切れずインサイトを買ったのが心残りな様で
    あ~恐ろしいや恐ろしや

  • ご予算次第だと思いますが、できる限り安いHVがよければフィットHVがおすすめだと思います。
    ハンドリングが良く、アイドリングストップ中エアコンが微風になるので、無駄なガソリンを使わず燃費もアップします。
    プリウスの場合はアイドリングストップ中もエアコン全開の為、燃費は悪化します。
    また排熱によりヒートアイランド現象を増加させ、外気温を上げる可能性もあります。

    フィットHVはエアコンをエンジン駆動にすることにより価格を低下させており、CO2削減・外気温の低下に貢献する可能性もあります。
    一方プリウスは残念ながらモーター駆動なので、エアコンはいつも全開ですので、燃費を向上させる為にはこまめにエアコンを手動で弱めるか切る必要があります。

    --------------------
    私の後のdachs_mami氏はインサイト批判に余念がないようですが、エアコンが異常に好きなようですね。
    正直私はこの季節、インサイトでエアコンは使っていません。
    真夏もECON ON/OFFを使い分け、窓を開けたりして走りを楽しんでいます。
    家でもエアコンと扇風機を併用していますので違和感はありません。
    今年は扇風機がよく売れているようですが、エアコンの微風(またはそよ風)を楽しむ人も多いでしょう。

    アメリカのインサイトセントラル(フォーラムサイト)では、"インサイトに比べてプリウスのドライビングポジションは扱いにくい, ホンダはトヨタより顧客やスタイルに注意を払っている"と言っている人もいます。
    http://www.insightcentral.net/forums/honda-insight-forum-2nd-gen-discussion/19686-anyone-else-found-3rd-gen-prius-driving-position-awkward-compared-2nd-gen-insight.html

  • 両方乗りましたが(プリウスは120km程)よく出来ているのはプリウスです。
    フィットは普通の車です。ハイブリッド感が足りないんです。
    僕は現行フィットに乗っていますが、ハイブリッドは全く欲しいと思いません。
    最終的には予算の問題だと思いますが、取り敢えず試乗してみて下さい。

  • 貴方はフィットハイブリッドが気に入っておられるように見受けられますが。
    好みや価値観なんて人それぞれですから気に入った車を買えばいいですよ。
    人に進められても本人が気に入らなければそれはいい車ではないですから。

    プリウスはバッテリーが残っていれば完全EVモードが使えます。
    これは深夜の帰宅時など結構ありがたいんですよ。
    ハイブリッドとしての機構はトヨタに軍配が上がるかと。

    ホンダ式のはあくまで簡易的なハイブリッドですので、
    私からすれば正直選ぶ理由がイマイチわかりません。
    CR-Zのような車であれば、トヨタ式では搭載できないMTが搭載できますので、
    ホンダのハイブリッドを選ぶ理由にはなるのですが。(個人的な志向です)
    経済性なら普通のフィットだし、加速のよさならワンランク上の車を選べばいい。
    ハイブリッド化しても普通のフィットとそこまで燃費が変わらない。

    でも貴方が仰るように部品の高級化とか、
    フィットの使い勝手そのままにグレードアップした車ですから、
    あえて選ぶ理由があるならそこかなと。

    とまぁ色々書きましたが、自分が好きな車買いましょうよ。
    妥協して買うと後々後悔しますから。

  • 「HVに乗りたい!」という気持ちが全てなら「プリウス」が良いと思います。他の方も仰るようにフィットのハイブリットはあくまで、エンジンを補助するモーター的なものなので、HVとしての価値は薄いかもしれません。
    しかし、経済性や使い勝手なら、フィットの方が勝ると思われます。絶対的燃費はプリウスの方が高いですが、その差は恐らく3Km前後(燃費サイト参考)。貴方の仰る通り、落ち率はプリウスの方が断然高いのです。
    それに車両本体価格、後々の車税、タイヤ代、車体の大きさ等々差は歴然。雑誌等の特集も「燃費」しか取り上げておらず、後々の経費は無視…が目立ちます。大きいゆえの高級感が欲しいならプリウスでしょうが、実用性やトータル的経済性ならフィットだと思います。最近購入1年後の価値が発表されていましたが、プリウスは大まかにですがやや半額ぐらいの価値に下がるそうですし。
    ただ、フィットなら無理にHVじゃなくて、ガソリンでもそんなに悪くはないと思いますよ。

  • ハイブリッドを選ぶならプリウスです。
    街乗りではエンジンは半分くらいしか使いません。
    アクセルをわずかに緩めるだけでもエンジンは停止し、すぐモーター走行 or 回生ブレーキになります。
    プリウスの 「エネルギーモニター」を見ながら走ればスグわかる事ですが、、

    価格を気にするのであれば普通のフィットが良いでしょう。
    ホンダのハイブリッドは 「ハイブリッドらしさ」 を感じることが出来ず、メリットも少ないです。
    経済性も20万キロくらい走らないと “元が取れない” と言われます。

15件中1~10件を表示

2ページ [先頭前へ12次へ最後]

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

マイカー登録はこちら

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

中古車ホンダ アコードハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 2.0 EX
    2.0 EX
    2,290,000円(岡山)
  2. 2位
    2.0 LX
    1,299,000円(埼玉)
  3. 3位
    2.0 EX
    1,190,000円(埼玉)
  4. 4位
    EX
    2,599,000円(宮城)
  5. 5位
    2.0 EX
    1,480,000円(東京)

※2020年3月28日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)