現在位置: > > > > > トヨタプリウス、ホンダアコード、ニッサンノート...

『トヨタプリウス、ホンダアコード、ニッサンノート...』:ホンダ アコードハイブリッド

解決済みトヨタプリウス、ホンダアコード、ニッサンノート、どのハイブリッドを支持しますか?

トヨタプリウス、ホンダアコード、ニッサンノート、どのハイブリッドを支持しますか?

ベストアンサーに選ばれた回答

こんにちは。

支持と言いますか、どのハイブリッドシステムも一長一短があり、甲乙つけ難いところもありますが、将来的な電動化を視野に入れた上で、強いて挙げるならホンダ アコード ハイブリッドでしょうか。

先に述べられているように、トヨタ プリウスはスプリット式、ホンダ アコードと日産 ノートはシリーズ式のハイブリッドです。アコードやノートはある意味レンジエクステンド式とも言えなくはないですが、日産が語るようなEVではありません。レンジエクステンダーEVはあくまでEVであって、エンジンは非常発電用に過ぎません。

トヨタのハイブリッドシステムについては今更なので割愛しますが、ノートのハイブリッドシステムであるe-Powerは、ノートクラスの量販車種に低価格で搭載したところに評価されるべきものがあります。
対してアコードのハイブリッドシステムである、スポーツハイブリッド i-MMDはe-Powerの上位互換システムと言えます。まず、エンジンで発電しモーターで走行する部分はどちらも一緒ですが、モーター出力とバッテリー容量はi-MMDが上ですので、EV走行距離とパワーはi-MMDが上です。加えて高速域ではe-Powerにはないエンジンドライブが可能ですので、完全にe-Powerに対してアドバンテージがあります。

下の回答者様で、i-MMDを電動アシストの似非ハイブリッドと仰っておりますが、そもそもが通常はモーター走行、高速域でのエンジンドライブはモーターアシストしませんので、電動アシストと言う発想自体間違いです。
電動アシストはパラレル式の方です。

想像での不実発言は関心しません。
偏見とは恐ろしいものです。

回答一覧

5件中1~5件を表示

  • プリウスですね。
    やはり信頼と実績ですね。
    よくDQNの乗る車とたたかれてますし、よく年寄りが事故ります。
    ですが車には問題はありません。

  • 技術面重視でいけばプリウス>アコード>ノートやね。
    プリウスは元祖でもあるし、THSがどこまで進化していくかは興味深い。

    アコードのi-MMDはパラレルではあるがシリーズHVに近いタイプで革新的という人もいるけど実際は三菱が既にPHEVで似たようなのやってる。ただ実燃費をすこぶるよく仕上げてあるのが本当に凄い。

    ノートは日産の宣伝を真に受けて新しい形の電気自動車とか、それどころか日産も言ってないレンジエクステンダーEVとか言ってる奴いるけど、電気自動車じゃないしレンジエクステンダーでも当然ない。典型的なシリーズHVでそれ以外のナニモノでもない。技術的な新規性なんてないし、ハイブリッドとしての技術面ではアコードより下。だってアコードの直結機構を外せば実質ノートと同じだから。
    評価できる所はノートという車格にシリーズHVをあの価格と性能で投入した点くらい。リーフが無かったら絶対に生まれなかっただろうハイブリッド。

    あとディーゼルだったらとか灯油にすればとか言ってのは何も分かってなさすぎ。
    発電のみだからって灯油で良いなんてそうは問屋がおろさないわけでね、完全に脱税。てか現在はエミッション的にディーゼル載せる旨味が少ない。重いわ金かかるわ。少なくともノートクラスではありえない。

  • ホンダアコード

    デザイン的にも好きだからです。

  • トヨタプリウス、ニッサンノート、ホンダアコードの順ですかね。

    トヨタプリウス 実績主義に基づく

    ニッサンノート 新規性に基づく

    ホンダアコード 結果 3番目

    単に技術的な事だけでなく、実質使用の前提には色々な背景があります。
    この辺は、数をこなしているトヨタプリウスが有利でする

    今後、燃費などで言うとディーゼルとモーターの組み合わせとか出てくるのを期待します。特にニッサンノートは灯油でも良かったのではと思います。

  • <<トヨタプリウス、ホンダアコード、ニッサンノート、
    ・・・・・・・・・どのハイブリッドを支持しますか?>>


    ★トヨタプリウス・・元祖hybrid


    ★ホンダアコード・・似非ブリッド(全部これ( ^ω^)・・・)
    ...........................<電動アシスト自転車の自動車版>


    ★ニッサンノート・・シリーズHVと称す輩居るが・・
    <日産自体では、電気自動車の新しい形・・と云ってるだけ>

    ................................<レンジエクステンダー>
    https://newcars.jp/tech/series-hybrid-range-extender-ev/
    ------------------------------------------------------------------

    レンジエクステンダーEVとは・・・
    「レンジエクステンダーEV」とは名前のとおり、
    発電用エンジンを搭載し航続距離を延ばす事が可能なEVのことです。

    現在の市販EVは航続可能距離が短いことが課題とされ、
    レンジエクステンダーが
    その解決策のひとつとされ注目されています。

    ACRではレンジエクステンダーEVの駆動コンポーネントとして
    高効率な駆動モーターと統合型双方向型インバーターユニットの
    開発に取り組んでいます。

    レンジエクステンダーEVの開発はNEDO
    (国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)における
    「 エネルギー・地球環境問題の解決」また、
    「産業技術の国際競争力の強化」つとされ
    「省エネルギー革新技術開発事業」および
    「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」の採択を受けています。

    http://www.acr-ltd.jp/research/ev-summary/

    /////////////////////////////////////////////////////////////////////

5件中1~5件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

マイカー登録はこちら

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

中古車ホンダ アコードハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 2.0 EX
    2.0 EX
    2,290,000円(岡山)
  2. 2位
    2.0 LX
    1,299,000円(埼玉)
  3. 3位
    2.0 EX
    1,190,000円(埼玉)
  4. 4位
    2.0 EX
    1,480,000円(東京)
  5. 5位
    EX
    2,599,000円(宮城)

※2020年3月28日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)