現在位置: > > > > > ホンダがハイブリッドのアコードを新発売しましたが、

『ホンダがハイブリッドのアコードを新発売しましたが、』:ホンダ アコードハイブリッド

解決済みホンダがハイブリッドのアコードを新発売しましたが、

ホンダがハイブリッドのアコードを新発売しましたが、これは今までのモーターアシストのような簡易ハイブリッドではないのですか?

EV走行かのうなのですか?

補足
どうもモードが3種類あるようですが、エンジンで発電してモーター回すモード(ハイブリッドモード)って必要なんでしょうか。
evモードとエンジン直結モードだけでいいような。
このハイブリッドモードの時の燃費とエンジン直結モードじの燃費ってどっちがいいのか疑問です。

ベストアンサーに選ばれた回答

アコードのハイブリッドシステムi-MMDでは、エンジンは基本的に発電に用いられます。
走行はモーターがメインとなります。
エンジンで発電した電力は、一旦バッテリーへ充電され、その後モーターへ供給されます。
発電⇒充電⇒モーター駆動ではそれぞれ損失が発生するので、エンジンが直接駆動する方が本来は効率が良いのですが、
エンジンを一定回転で動作させることで、上記の損失を遥かに越える効率が得られます。
(エンジンは回転変動でエネルギーの損失が大きくなります。)
100km/hまではほとんどがモーター走行、100km/h以上はエンジン走行となります。
(エンジンの一定回転で発電するよりも、100km/h以上だとエンジン直結の方がエネルギーの損失が少なくなるからです。)

基本はハイブリッドモードで、EVモードは積極的にモーター走行にするだけですから、バッテリーが底を尽きそうならエンジンで発電を行いますから、モードがあってもあまり意味は無いでしょう。
バッテリーはPriusと同じ容量の1.3KWhですから、モータトルクが大きい分、PriusよりもEV走行の距離は短く、エンジンで発電することになると思われます。
エンジン直結モードも、エンジン回転数と速度の関係で、100km/h以上でないと切り換わらないそうです。(ホンダディーラー談)
100km/h以上で直結モードになると、速度が低下するまでは他のモードには切り換わらないのでエンジンのトップエンドまでしか速度は出ません。
100km/h以下ではモーター走行(エンジン発電)で燃費を最大化し、100km/h以上はエンジン駆動により損失(発電・充電・モーター駆動の損失)を最小に留めることで、全体として燃費の最大化を進めたようです。

(youareyouruniverseさんへ)

回答一覧

3件中1~3件を表示

  • アコードハイブリッドは一言で言えば「発電用ガソリンエンジンを積んだ電気自動車」です。時速70km以下の市街地走行ではほぼ100%モーターだけで走行します。エンジンが回るのはバッテリー残量が少なくなった時に発電機として回るのと、高速走行をする時だけです。高速走行時はモーターよりもエンジン駆動のほうが効率がいいのです。そこはエンジンのホンダ、さすがに抜かりないです。

  • 時速100kmまではEVのみで走行可能な本格的なハイブリッドシステムです。

    北米でのカムリとの戦いが楽しみです。

    国内では1,860mmの全幅がどこまで受け入れられるか…。

  • >これは今までのモーターアシストのような簡易ハイブリッドではないのですか?
    用簡易HYじゃないッス。

    >EV走行かのうなのですか?
    可能ッス。

    モーターでの走行がメインになってバッテリー容量が減ったらエンジンを発電機として使ったり、巡航時はエンジンの駆動をタイヤに伝えたりするんで、アウトランダーPHEVとかシボレー・ボルトのシステムに近いかなぁ。

    詳しくは↓を
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20130315_591915.html
    ↓動画で解説
    http://www.youtube.com/watch?v=wICo9s7Bf_8&feature=player_embedded

3件中1~3件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

マイカー登録はこちら

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

中古車ホンダ アコードハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 2.0 LX
    2.0 LX
    1,298,000円(愛知)
  2. 2位
    2.0 LX
    1,299,000円(埼玉)
  3. 3位
    2.0 EX
    2,290,000円(岡山)
  4. 4位
    2.0 LX
    1,798,000円(千葉)
  5. 5位
    2.0 EX
    1,780,000円(愛知)

※2020年3月30日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)