現在位置: > > > > > 新車購入を検討しています。夫婦二人暮らしで、一...

『新車購入を検討しています。夫婦二人暮らしで、一...』:ホンダ アコードハイブリッド

解決済み新車購入を検討しています。夫婦二人暮らしで、一人で出かかる時が多い。最近、年老いた義母の見舞いや、親戚関係の用事が多くなってきて、150Km位離れた場所へ夫婦で出かける機会も増えてきました。 2時間以上高

新車購入を検討しています。夫婦二人暮らしで、一人で出かかる時が多い。最近、年老いた義母の見舞いや、親戚関係の用事が多くなってきて、150Km位離れた場所へ夫婦で出かける機会も増えてきました。
2時間以上高速道路を運転するのは疲れるし、楽に運転して行きたい。また、一人で山道を抜けて60~90Km離れた森の奥へ行くこともあります。ドライブを楽しむより目的地に出向き、目的地で用事をして帰宅すると言うパターンです。近場や買い物は軽自動車で済ませて、遠出はセダンでと考えています。古くなったセダンの買い替えを考えています。年齢が65歳と高齢になってきたので、安全性や燃費経済性を考慮したく、①マツダ アテンザXDLパッケージ セダン ②トヨタ サイ G Aパッケージ ③ホンダ アコードハイブリッドEX ④トヨタ カムリハイブリッド の比較検討をしています。 この先何年乗れるか分からない年になってきましたので、慎重に車種選定をしたいと思っています。現在乗車しているのは、トヨタ チェイサー2000cc(1998年)です。どのような基準で車種選びをすべきか、良きアドバイスをお願いします。購入金額は450万円位を考えています。速道路を運転するのは疲れるし、楽に運転して行きたい。また、一人で山道を抜けて60~90Km離れた森の奥へ行くこともあります。ドライブを楽しむより目的地に出向き、目的地で用事をして帰宅すると言うパターンです。近場や買い物は軽自動車で済ませて、遠出はセダンでと考えています。古くなったセダンの買い替えを考えています。年齢が65歳と高齢になってきたので、安全性や燃費経済性を考慮したく、①マツダ アテンザXDLパッケージ セダン ②トヨタ サイ G Aパッケージ ③ホンダ アコードハイブリッドEX ④トヨタ カムリハイブリッド の比較検討をしています。 この先何年乗れるか分からない年になってきましたので、慎重に車種選定をしたいと思っています。現在乗車しているのは、トヨタ チェイサー2000cc(1998年)です。どのような基準で車種選びをすべきか、良きアドバイスをお願いします。購入金額は450万円位を考えています。速道路を運転するのは疲れるし、楽に運転して行きたい。また、一人で山道を抜けて60~90Km離れた森の奥へ行くこともあります。ドライブを楽しむより目的地に出向き、目的地で用事をして帰宅すると言うパター

ベストアンサーに選ばれた回答

わたしは、この中ならばトヨタのサイをおします。しかし、わたしは質問者様がセダンがいいが、どうしてもというこだわりがないのであれば、スバルのLEVORGをおすすめします。
理由は、アイサイトver.3や質の高さです。
先日、アイサイトver.3を台風の雨のなか体感してきましたが、すばらしかったです。
クルーズコントロールで速度を設定。前車を認識すればクルーズコントロールの設定速度内で追従。そして、何よりもアクティブレーンキープの性能はすばらしかったです。
測定上ではR360くらいまでなら、手を添えていればステアリング操作をしてくれるそうです。
質感では、スバル車で一番でしょう。なんていっても、直感の操作に対応できますし、シートやステアリング、計器類もとても、クオリティーが高いです。質問者様のように、長距離走ったり山を越えたりする方は2.0Lをおすすめします。走りの質を必要とするなら2.0GT、スポーティーに俊敏になおかつかっこいいのどれかを必要とするなら2.0GT-Sでしょう。
今回はじめてスバル車に乗り換えレヴォーグの2.0GT-S EyeSightを買いましたが、私は主に出勤や高速道路走行、峠を攻めることに使っていますが、楽しいですし飽きません。
出勤時には普通に運転します。ハンドル操作に対してとても素直に反応してくれます。
燃費は瞬間燃費表を見て1Lあたり11.2kmという数値です。まあ、普通。
高速道路では、自分がアクセルを操作するときは120km/hで走行していますが、とても安定しています。手を離しても真っ直ぐ走行してくれます。トヨタのカロー○フィール○ーに以前乗っていましたが、揺れるしカタカタうるさいし、手を離すとどんどんインによってしまいます。
雑談でしたが、私自身がアクセルを操作しているときは1Lあたり20kmくらい走ります。
アイサイトのクルコンでハンドルの操作もしてもらっているときは80km/hの一定走行で23.7km/Lという数値が出ました。
高速道路でクルコン使っているときは、とても楽ですよ。トヨタの車の時より肩がこらなくなりました。あと、加速がとても良くて合流がとても楽チン!
峠を攻める時は、エンジンをガッツリ回して早いときだと150km/hだしますがそれでも1Lあたり15kmは走ります。嘘だと思うならレンタカーで走ってみてください。試乗だと短いし低速ですからあまり、印象はつかめません。
あと、どうしてもセダンにこだわっておられるならwrx s4をおすすめします。これは、レヴォーグより少し内装の高級感は減りますが、ほぼ、レヴォーグです。
スバルの良いところしか書いていませんが、スバル車で走ってみると、こうなります。
スバルの持ち味があえばですけど。
あと、スバルのディーラーに行くなら、よってくるスタッフに任せてください。なるべく、自分が気に入った車の周りにいる人がいいですよ。いなかったら、受付に行って一番最初に顔を見せた人が望ましいです。
どうか、参考になればいいと思います。

回答一覧

8件中1~8件を表示

  • 個人的にはアテンザがオススメです。
    候補の車種の中ではディーゼルターボで高速燃費が良いですし、ディーゼルターボそのものが欧州の高速道路で走りやすいから、欧州で人気があるのですし。

    先進安全装備も充実してます。
    追尾式のクルーズコントロールは試乗で性能を確かめにくい装備だと思います。

    追尾式クルコンでは、加速力が大事だと思ってます。
    加速の設定がゆっくり過ぎると車間距離が離れすぎて使えない。
    アテンザは、かなりしっかり加速して追尾してくれます。

    後方の車線変更にも監視してくれてるので、高速道路に限ればアイサイトの前方だけより安心かもしれません。

    足回りもアーム類が非常に長く、物理的に路面追従性を真面目に向上させようとの設計意図が分かりやすく伝わりますし。


    個人的には、アコードハイブリッドならアウトランダーPHEV のほうが運転しやすくて質感も高級かな、と。

    アテンザセダンはご質問者様の使い方にピッタリだと思います。

    ちなみに、アテンザワゴンもいいですよ。
    是非両方試乗してみてくださいませ。

  • 当方はマツダアテンザセダンディーゼル乗ってます。
    しかもわざわざ疲れる6MTにしました。

    これにして正解でした。運転が楽しいです。

    疲労具合ですが、先月の三連休に大阪市から高速で福島県まで行ってきました。

    運転は当方ひとりでした。

    片道九時間ほぼ連続的に走行。数回の休憩も仮眠もあり。

    走行距離650km

    こんな感じでもそんなに疲れませんでした。

    ディーゼルターボの威力を発揮し、アクセルを踏まなくても余裕の走りですね。

    しかも静です。

    燃費は当方一人しか乗れない程野営道具を満載し、ルーフボックスも搭載し相当な重量でも、リッター15キロから16キロ位です。

    時速も115km出してです。レーダークルーズ使用。
    これは便利で楽ですね。

    それで帰りも似たような時間で大阪まで戻れました。


    最後にマツダのCX-5も運転がしやすく楽だと思います。

    以上です。

  • あなたが運転で疲れたくないのと同じで
    改行しない人の文章を読んで疲れたくない

  • 先日販売開始されたスバルのレヴォーグに試乗されてはいかがでしょうか。

    お勧めは、1.6GT-S です。1600ccのターボですが、
    アイドリングストップ搭載のレギュラー仕様。
    パワー・トルクともに実力は2500cc同等。
    田舎道を時速60キロや70キロで走行していても、
    エンジン回転数は1300rpm程度でノッキングも皆無。
    いざ踏み込めばダッシュも効く。また、フラットトルクなので、
    2500ccNA車よりも扱いやすいです。

    最大のお勧めは、アイサイトVer.3です。
    カラーステレオカメラで、信号の変化や前車追随制御、
    クルーズコントロールの他、車線を識別し逸脱補助機能が
    追加されました。
    今まで以上に滑らかで、車間距離の設定も可能。
    ジェントルなアクセル制御には感動します。

    他者先駆けて販売したアドバンテージは、今なお健在です。

    また、車両の外観以上に、遮音性能を向上しつつも内装の
    厚みを削っているので内部は広いし、静かです。

    高速巡航だとアクセルもブレーキも踏まずに、アイサイトに
    頼りきりでもフルタイム4WDで燃費18キロ/L近くを
    レギュラーガソリンで叩きだしますよ。

    また、シャーシは上級グレードと全く同様のため、
    ボディー剛性が非常にしっかりしています。

    スバルの安全性能、一度体感してみて下さい。

  • 現在各メーカーが鎬を削って開発しているのが、
    ITS技術、すなわち自動運転化の技術です。

    これからの高齢化社会にとっても、
    人間のミスをできるだけ補えるようなクルマ
    の開発が期待されています。

    もう一台軽自動車を所有されていて、
    近場の用事をそちらで済ますことができるならば、
    高速道路運転がもっとも楽にできると思われる
    クルマを選択されるとよろしいと思います。

    4台挙げられている車は、どれも最新の安全装備が
    付いている安心できるクルマです。
    どれを選ばれたとしても、楽に運転できるようになるでしょう。

    その中で、最もコンパクトなクルマは「サイ」です。
    チェイサーは、4715×1755×1400という大きさでした。

    サイは、4695×1770×1485という大きさで、
    今までの車両感覚に最も近い運転が可能です。

    ただ、あの変わったデザインを気に入るかどうか。
    もっと保守的な方が年配の型には受けると思います。

    大きさで言えば、次点が「カムリ」になります。
    今までと同じトヨタ車というのも安心感に繋がると思います。

    私が、高速道路運転が最も楽になると思われるクルマは、
    「アコード」です。

    4台全てにクルーズコントロールが付いているので、
    アクセル操作はどれもたいへん楽になります。

    その中でも、アコードには、ミリ派レーダーを活用した
    前走車追従の車速車間制御機能が付いています。
    つまり、前のクルマがスピードを落としたとしても
    適切な車間距離を自動で取ってくれます。

    また、車線に合わせてステアリング操作をアシストする
    車線維持支援システムが装備されています。
    これはカメラで、車線内を走行するようにサポートして
    くれるので、カーブでも車線内をキープして走ってくれます。

    アコードのネックは、全長が4915mmあるため、
    今のチェイサーより20cmも長くなることです。
    バック操作や駐車するときの感覚が多少違ってくる
    と思われます。

    アコードは、燃費も最も優れており、
    その大きさが気にならないのであれば、
    私の一番のお勧めです。

    他に、アテンザは、4台の中では最も運転が楽しいクルマです。
    ハイブリッド車は、ブレーキに違和感を感じることが多いです。

    アテンザは、ディーゼルエンジンなので
    トルクフルであり、低回転域での運転が楽になります。

    ハンドリングや、ブレーキングも最も自然で、
    山道の運転は、最も楽しめると思われます。
    (ただし、今回は楽しむのはあまり目的でないようですが。)

    他に、自動運転技術で優れているのは、
    スバルのアイサイトシステムなので、
    レヴォーグ(ワゴン)やWRX・S4(セダン)も
    検討されても良いかもしれません。
    レヴォーグ1.6GT-S・EyeSightで、乗りだし350万円程です。

    ただ、あまり選択幅を広げるとかえって選ぶのが難しくなる
    と思われますので、アコードとサイ(またはカムリ)を
    試乗され、運転のし易さや、ディーラーや営業の方の
    親切さ、丁寧さで選ばれてもよろしいと思います。

    是非、素敵なクルマを選択されて、
    安心したカーライフをお送り下さい。

  • 俺ならアイサイト付きのインプレッサG4を買うかな

    2WDよりAWDの方がハイドロプレーニング現象が起こりにくくて安全だし

    もちろん山道や森も安心

    アイサイトは優秀だし、追従するクルーズコントロールは高速道路で凄く楽です

    このスバルのクルコンは馬鹿にならない、この差は大きいと思います


    確かインプレッサはアメリカ、日本、オーストラリアの衝突安全テストで最高評価

    (多分ヨーロッパでは、まだ発売直後だからテスト未実施)

    燃費はハイブリッドに劣るかもしれないけど、その分安い(コミコミで300万前後)から

    購入資金から車両代金を差し引いた残りを燃料費に当てれば、かなり走れるはず

    ボディサイズもチェイサーと、ほぼ同じなので違和感なく乗り換えられると思いますよ

  • マツダCX5が良いのではないでしょうか。
    ガソリン車で 220万円から クリーンディーゼルで240万円からあります。乗り降りも楽です 荷物も積めます。一度 見て下さい。

  • 一度、試乗するのが一番ですね。
    車種で視界が全然違いますので、これから乗る事を考えれば慎重に選んだ方がいいですね

    予算は十分ですから、できれば長い期間で全車種乗ってから決断した方がいいと思います。

    また、メンテナンスについても年齢を重ねると忘れがちになる可能性があるので、整備等を親切にしてくれるようなディーラーを考えるのも大事でしょう

8件中1~8件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

マイカー登録はこちら

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

強力洗浄&撥水効果 クリーン&リペル

中古車ホンダ アコードハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 2.0 EX
    2.0 EX
    2,680,000円(東京)
  2. 2位
    2.0 LX
    1,299,000円(埼玉)
  3. 3位
    2.0 EX
    1,290,000円(埼玉)
  4. 4位
    2.0 LX
    1,328,000円(愛知)
  5. 5位
    2.0 LX
    1,278,000円(愛知)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)